本番公開中サイトでプログラム検証を行う|indexOf

本番公開中サイトでプログラム検証を行う|indexOf

はい、どーも!
PlayStation®VRが欲しくてたまらない松原です。

今回はゲームネタではなく『お客様の本番サイトでエンドユーザに影響なくタグの出し分け検証を行う方法』をご案内します。

なお、ショーケース・ティービーが提供する各種ASPサービスは、1行のJSコードをHTMLに挿入するだけで、サービスが起動する仕様となっております。
内部的には必要なモジュールを「document.write」、もしくは「appendChild」でタグを発行しております。

サービスをご提供するまでには、管理画面で各種設定を行い、擬似サイト(=プレビュー)画面で動作チェックを行い納品を行っています。
しかし、Ajax通信などは弊社で作成した疑似サイトでは再現しきれない状況も多々あり、結果的にお客様の環境でないと検出できない事象なども起こります。
そうなってしまうと、残念ながら調査に時間がかかることもあります。

そんな時に便利なのが、『indexOf』の機能です。

『indexOf』でタグを出し分けよ

『indexOf』というのは、指定した文字列が含まれているかどうかを確認するためのJSコードです。
例えば下記のように対象文字列が含まれていた場合、処理を切り替える作業ができるようになります。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このJSコードを使用して、ドメインの後ろにテスト用の文字列を含ませてみましょう。
サンプルURL:http://www.showcase-tv.com?testdayon
※location.hrefはURLを取得するJSコード

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ご覧のように、URLのパラメータ判定でプログラムの出し分けが可能となり、通常のエンドユーザが遷移するURLに干渉することなく、検証や確認作業ができるようになります。

ただし、URLでテスト的なパラメータを記述して更新する必要性があり、手の込んだサイトの場合、ブラウザの更新機能を使うと、テスト用のパラメータが付与されていない「お客様専用のページ」に移動してしまい、結果的に出し分けが不成立となってしまう場合があります。

そのような場合には、クッキーを使って乗り切ることが可能です。
まず、検証端末でお客様のドメインサイトにアクセスして、デベロッパーで適当なクッキーを埋め込みます。

今回はタグの出し分け箇所にて、「document.cookie = ‘TESTCOOKIE=TEST’;」を埋め込んでみましょう。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この方法でタグの出し分けが可能となり、当初の目的であるお客様サイトで、JSの検証作業が行えるようになります。

もちろん、お客様サイトのアクセスログやクッキーに手を入れることになるため、この作業を行う場合には事前に、確認をとらせていただくことになります。

ショーケース・ティービーのサービスでは「PC版」や「スマホ版」といったカテゴライズこそあるものの、数多のお客様サイトに対応するだけのバリエーションがあるわけではありません。

とはいえ、導入いただいたすべてのお客様に満足いただけるよう、あらゆる手段を講じて“お客様のページに対応する”サービスに仕立て上げる腹積もりでおりますので、ご安心いただければと思います。

コメント