ポケモンがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ! ~台湾『ポケモンGO』狂騒曲

ポケモンがやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ! ~台湾『ポケモンGO』狂騒曲
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは、ノリ子です。

日本から遅れること二週間、台湾でも8月6日に『ポケモンGO』の配信が開始されました。

『ポケモンGO』配信を待ちに待ったヤング(!?)ポケモントレーナーたちは、こぞって公園などに配置してあるポケストップ(※注釈)に大集合!
至る所でスマホを持ってゲームをしている人が目立つようになりました。
【注釈】ポケストップ…ゲームを進める上で重要なアイテムをゲットできる地点。世界各地に点在する

今回は『ポケモンGO』配信以前には見られなかった現象(?)をご紹介したいと思います。

現象その1:公園に増えたのは、何もポケモンマスターだけじゃない

台北の北部にある北投公園では珍しいポケモンの出現が多いとウワサされ、今一番アツいスポットになってます。

これまでは観光地として名高い北投公園エリアは、今ではポケモントレーナーたちの集合場所。もはやコンサート会場かのような様相です。ただし、度を超したのか、安全問題で警察官を大量配備して交通整理を行っているほどです。その警察官たちはさながら“ポケモントレーナー・ハンター”!

image07

現象その2:駅構内のアナウンスにも変化が!

日本でも問題になっている「歩きスマホ」。もちろん台湾でも問題視されています。
そして、地下鉄駅で流れる構内アナウンスにも変化が見られ始めました。

「大変危険ですので、駅構内では“ポケモンGO”をやめてください」

ゲームといった広域的な単語ではなく、『ポケモンGO』を名指しで注意しているんです!

現象その3:『ポケモンGO』ツアー商品が続々と登場

通常、ツアーといえば観光客をターゲットにしたものがほとんどですが、そこは商魂たくましい台湾人。効率良くポケストップを周遊できる“ポケモントレーナー向け”ツアーパッケージも続々登場しています。

台北のバスツアー

台北には市内のポケストップを巡るバスツアーパックが登場。
(約320円/約4時間、保険込み・飲料水サービス、Wi-Fi完備・充電設備込み)
http://www.liontravel.com/webpd/webpdsh00.aspx?sKind=1&sProd=16TN008PKM

高雄のタクシーツアー

高雄ではタクシーでポケストップを巡るツアーパックが登場。
(約1100円/HR、3時間コース)

image11

レベル上げ代行サービス

業者にスマートフォンを預け、レベル上げを代行してもらうサービスも登場しました。
人にスマホを預けるって、セキュリティ的に問題はないのでしょうか……
(レベル1~15まで:約1500円、レベル1~20まで:約2800円)
http://goods.ruten.com.tw/item/show?21632274428540

Uberもタイアップでブームに便乗

以前紹介しました台湾Uberが『ポケモンGO』のプロモーションコードを発行し始めました。
<過去記事:「実際に海外(台湾)でUberを使ってみた」>

Uberアプリでプロモーションコードを入力することで「UberKHGO」の利用料金が3割引されます!
(※ただし、プロモーションコードは高雄のみ有効)

現象その4:ポケモンゲットで卵もゲット!?

“台湾の明治”とも称される乳製品食品会社「義美(イメイ)食品」では、リアル店舗内でポケモンを捕まえれば「茶葉蛋」を一個プレゼントするというキャンペーンを実施していました。

image04

ちなみに日本人には馴染みのない「茶葉蛋」とは、台湾のコンビニでよく売られている八角や茶葉で煮込んだ卵のこと。さっぱりとした味わいの煮玉子です。(下部画像参照)

image09

こちらは『ポケモンGO』を集客マーケティングに活用した好例ではないでしょうか。

ノリ子はここのソフトクリームが大好きで、ほぼ毎日のように通いつめていますが、残念ながら店舗内で一度もポケモンに遭遇できず……。
ポケモンとごろか「茶葉蛋」もゲットすることなく終わりました(泣)
(※現在はキャンペーン終了)

現象その5:そこまでするか、物件案内にポケストップ情報が!

通常、不動産物件案内サイトでは、その物件の間取りや近隣の施設などが画像付きで紹介されているわけですが……。
最近ではこのような画像も追加されるようになりました。

image06

つまり紹介物件がポケストップになってることや近いことをアピールしているワケなんですね。
ブームが過ぎ去った時に、この物件の魅力は残るのでしょうか(苦笑)

現象その6:もはやゲームの役には立たない!? でもかわいい便乗ビジネス

ノリ子がキャラメルタピオカを目当てで良く通う、タピオカティーのチェーン店「丸作(ワンツゥオ)」では、モンスターボールをあしらったタピオカを導入!
もし台湾で「丸作」を見かけたら、ぜひ試してみてください!!

image16

image15

image17

日本ではポケストップの廃止申請や『ポケモンGO』による事故が話題になりがちですが、台湾ではこれを商機と捉えてアクションを起こす人々・企業が多いように思えます。

これが「日本人と台湾人」、「日本企業と台湾企業」の違いということなのでしょうか。

これから台湾でビジネスを始めたい方々は、ぜひ台湾人のブームに対する熱量を参考にしてみてはいかがでしょうか?

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。