各種メッセンジャー・アプリからの注文でさくっと時短

各種メッセンジャー・アプリからの注文でさくっと時短

テレビショッピングで製品をみて注文するとどのぐらい時間が掛かるんでしょうか。
今回はLineメッセンジャーを使った事例を元にメッセンジャーの利便性について見てみましょう。

メッセンジャー・アプリなら短時間

電話連結にして案内を聞いて選択して決済するまで早くてもほどんど5分以上は掛かります。
でもメッセンジャーのアプリで注文すると1分ぐらい掛かりました。

平均自動電話注文(ARS)では3分、案内員に注文すると5分以上に掛かります。

メッセンジャーのアプリで注文方法は本当に簡単なんです。
友達に追加して注文メッセージを書いたり、ボタンを押したりで完了です。

例として、
ラインでドミノピザを注文してみます。

image09   image05   image11

公式アカウントでドミノピザを検索して友達に追加。
「ピザ注文」「ピザをお願いします。」「ピザ食べたい」などの文字を入力または簡単注文を押します。

ピザを選んで注文します。
image10

メッセージの内容によってテキスト入力します。
image08
image13

決済は現金、クレジットカード、line payから選べます。

ARSの音声ではなくテキストなので、人によって素早く判断でき、もっと早く、正確に注文内容の把握ができます。

このメッセンジャーのアプリの活用はたくさん多いと思います。

ドミノピザのように配達注文はもちろんできるし、Airbnbのようにホテルや旅館の予約も簡単にできると思います。

例えば急に空室があったら安くしてイベントみたいにメッセンジャーでお知らせするとユーザーもpushですぐわかるので安く宿泊を提供して空室防止ができます。

または試験情報もメッセンジャーのアプリからもっらて受付するのも可能ですよね。
私は試験受付期間を忘れて受付できなかったことがあったのでメッセンジャーでお知らせもらったら本当に助かります。

韓国は今、テレビショッピング、インターネットショッピング、カタログの注文などをメッセンジャーのアプリで利用していますが、その利用者の数は600万以上が使っているみたいです。

モバイルのアップより費用がかからないし、簡単なのでもっと期待になるサービスです。

関連記事:

コメント