営業現場でEFOが刺さる2つのポイント!

営業現場でEFOが刺さる2つのポイント!
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは。最近体型に気を遣っているケビンです。
みなさんは、食べても食べてもお腹がすいてしまう理由をご存知ですか?

理由は、栄養素をバランスよくとれていないからなのです。
そのため、バランスよく食事がとれていれば、今みなさんが食べている食事量の1/2でお腹が満たされるんです!!!
つまり、自然と痩せられるんです。

さて、本題に移らせていただけますと、、

EFO、ここがクライアントに刺さる!!

それは、離脱の仕方!
EFOの離脱には直帰離脱、準直帰離脱、途中離脱と、3種類あります。
※用語に関しては、こちらの記事をご参照ください

その中でもクライアント様が知りたい情報。「直帰離脱と途中離脱どちらが多いのか!」
何故、ここに興味があるのか、それは下記の通り。

直帰離脱が多い
WHY?⇒ユーザーの質が悪いからすぐ離脱する 
WHY?⇒コンテンツ広告などの配信先に確度の高いユーザーがいないからかもしれない

途中離脱が多い
WHY?⇒入力フォームに原因があるから途中で離脱する
WHY?⇒入力フォームに、入力しづらい「何か」があるからかもしれない

入力しづらい「何か」を突き止めて、改善すれば・・・つまり、今やるべき事ことが明確に!!

image02

優先順位

EFOの提案をする時に、フォームへの訪問数が多くないし、他にやることが。。。などという回答をいただくことがあります。しかし、今、行っている集客施策がユーザーに効果があるのかないのか【入力フォーム】だから分かります!

上述の【直帰離脱】が多い場合は、広告を見直す、またはコンテンツの改善が必要、などの検討がつきます。逆に、【途中離脱】が多い場合は、いくら広告を見直したり、コンテンツを改善しても意味はまったくありません。

EFOで、数値を取得して、【途中離脱】の原因を突き止める!突き止めて、改善する!そのため、多くのクライアント様には優先順位をあげて、EFO(フォームアシスト)をご利用いただいています。

是非、EFO(フォームアシスト)の検討を考えている企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ、【今】、取り組んでください。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。