奥さんや旦那にバレずに2台目ケータイ・スマホを持つ方法

奥さんや旦那にバレずに2台目ケータイ・スマホを持つ方法
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

本記事は息抜き用の記事なので、本件を元にトラブルが生じたとしても責任は負いかねますので悪しからず。

奥さんや旦那など、家族にバレずに2台目の携帯やスマホを持つことは一応可能です。
と言うのも、最近は請求書を発行する方が手数料がかかるので、ウェブで料金チェックを行うのが一般的になっているからです。

ただ、複数契約している場合スマホや携帯とは関係ないお知らせが郵送されてくることがあります。会社や別の住所にお知らせが行くように設定したり、工夫をすることでパレにくくなります。奥さんや旦那にバレずに2台目を持つ方法や、注意することなどをまとめています。

キャリアで契約する場合

銀行引き落としやクレジットカード払いなど、いろいろな支払い方法を選択することができます。

ただし家族にバレたくない場合は、共通の口座やカードを使うのはやめておきましょう。
何の支払いなのか内容で分かってしまうので、個人の口座やクレジットカードがない場合はキャリアの契約は避けた方が良いでしょう。

また、単なるお知らせなどが2重に届いたことで疑われるのは避けたいものです。2台目に関する書類やお知らせ、宣伝などは別住所に届くよう設定が必要です。届かないように相談することはできますが、イレギュラーなお願いになると手違いなどもあり得ます。

会社やそれ以外の住所に届くよう設定ができない場合は、内緒でキャリアのスマホや携帯を持つのは難しくなります。

プリペイド携帯・スマホを活用する

毎月の基本使用料が必要ないタイプの携帯やスマホのことです。ソフトバンクなどでも取り扱われています。コンビニで取り扱われていることもあり、購入が手軽に行えます。基本使用料が不要で、チャージタイプなので料金の支払いは一括です。

クレジットカードがなくても、プリペイドカードを購入することでチャージができるため料金の引き落としでバレてしまうリスクを軽減できます。

1年ほどチャージしないでおくと期限が切れてしまいますが、継続して使うのであればそれほど問題はありません。家族にバレないクレジットカードや口座を用意できない場合でも2台目を持つことができます。

プリペイド携帯・スマホのデメリット

使いきりタイプの端末のため、料金が割高になるのがデメリットです。またプランも基本的に短期間の利用に特化しているものが多く2日、7日、30日など短期の設定です。

データ通信や通話を頻繁に行う場合はやや料金が高くなることを覚悟しておきましょう。
かけ放題システムではなく通話料が設定されているので、割引などもありません。使う通信量や通話は少ないけれど2台目を内緒で持ちたいと言う場合に向いています。

同じ機種を選んでみるのも有効

既に持っている機種と全く形が同じものを2台目として持つのもひとつの方法です。
仮に自宅で使っていても違和感がありませんし、2台一度に見られない限りバレにくいのがメリットです。ただし設定や外見などを一緒にしておかないと違和感を持たれるかもしれません。

別の機種を持つよりはバレる可能性が低くなるので、心配な場合は同一機種をチョイスしましょう。自分だけが分かるような目印をつけておいた方が無難ですが、安心しすぎて2台同時に見られるような場所においておくとバレてしまうので気をつけましょう。

家族の携帯やスマホとは繋げない

ファミリー割引や家族間通話無料など、同一名義での契約はメリットが多くなっています。
しかし家族に内緒で2台目を持つ場合には、スタッフに勧められても別回線で登録することが大切です。同じグループに属することで、回線数などが分かってしまいます。手続きを行う場合は気をつけておきましょう。

格安スマホを利用する

最近では、無料通話アプリなどを使えばデータ通信のみでも通話が行えます。格安SIMやスマホは以前までクレジットカード支払いが主流でしたが、最近は口座振替にも対応している会社が増えています。

キャリアと同じように契約ができる上、料金が安いため不要なお知らせなどはあまり届きません。またデータSIMなら本人確認などもなく、宅配便のセンター受け取りや会社への送付も利用できます。

プリペイド携帯に比べれば料金が格段に安くなることがメリットです。デメリットはキャリアに比べてサポートが劣るため、細かいお願いができないことです。家族に内緒で利用する場合は、家族とは関係のないクレジットカードや口座、デビッドカードが必要になります。

モバイルルーターを活用する

あえてキャリアや格安SIMを契約するのは怖いと思う場合は、モバイルルーターを契約してみるのもポイントです。例えばポケットWiFiなどは、1台のスマホに限定せず通信ができます。

データ通信を少なくしてポケットWiFiにまとめることで節約にもなるため、それほど違和感はもたれません。特に外出先でパソコンを使用するなど仕事で使うことも多いアイテムのため、スマホを2台持っていることがバレにくくなります。

モバイルルーターの場合はスマホが1台持ちでも2台持ちでも、特に変化がないからです。
スマホ自体はSIMフリーのものを購入しても良いですし、古いスマホを活用することもできます。

もし現在キャリアのスマホを使っているのであれば、節約のために格安SIMに移行することや、仕事や外部での連絡用にポケットWiFiを契約することを堂々と相談してもいいかもしれません。

キャリアのスマホを持っているのに比べて格安スマホは安いですし、ポケットWiFiの料金を含めても安上がりになるからです。
またキャッシュバックなどがもらえたり、数年間安く運用できるポケットWiFiも増えています。節約のためと言えば違和感を持たれることもないでしょう。

WiFi経由で通信を行う際には一般的な通話はできませんが、無料通話アプリなどを使用すれば問題ありません。どうしても通話機能にこだわるのでない限り、2台目スマホは契約せずWiFiのみで運用すれば奥さんや旦那にバレずにスマホを持ちやすくなるでしょう。

スマホを隠しておく場所を考える

2台スマホを持っているけれど、奥さんや旦那にバレたくない場合堂々と自宅に持ち込むわけには行きません。絶対に鞄の中を見られることはないと言い切れるなら良いですが、なかなか鍵をつけた場所に入れておくと言う訳にもいかないからです。

車やバイクを持っているならある程度隠せる場所もあるかもしれません。もし自宅に持ち込むつもりであれば、音の設定は必ず切っておきましょう。また鞄の中に入れておくにしても、そのままポンと入れておくのはリスクが高くなります。

できるだけよほど念入りに見ないと分からないところに置いておくのもポイントです。その点同じスマホを2台持っているなら、そこまでこだわる必要がないので安心です。2台あると言うことさえバレなければ、大きな問題に発展しないからです。

受取先を確認しておく

もし2台目のスマホやケータイを郵送で受け取るのであれば、センター受取やコンビニ受取などが選択できないかどうか確認しておきましょう。日時指定をしたとしても、宅配便業者はその日時に来てくれるとは限りません。
かなり綿密に連絡を取っておかない限り、たまたま別の荷物があったからと変な気を利かせてしまうドライバーも多いからです。

その点センター引取りやコンビニ受け取りを指定しておけば、わざわざ荷物が届くことはありません。会社や別住所での受け取りが難しい場合は、受け取り方法の確認をしておくのがおすすめです。

ただし本体をセンターやコンビニで受け取ったとしても、書類などが自宅に届いてしまうケースがあります。どうしても自宅以外の住所でものを受け取るのが難しい方は、郵便物を受け取れるボックスを契約することも考えましょう。郵便局の私書箱のようなものですが、民間サービスも運用されています。

家族にバレたくない書類や宅配便を受け取れるので、念には念を入れておきたい人におすすめです。ただし月額2000~3000円程度かかるところが多いのと、郵便物や宅配物を引き取りに行かなければならないので手間はかかります。

奥さん・旦那にバレずに2台目ケータイ・スマホを持つ方法のまとめ

一番バレにくいのは、コンビニやオンラインショップでプリペイドケータイを購入することです。支払いが全てコンビニなどで終了するので、毎月の請求先のことを考えなくても済みます。ですが割高な設定になっており、通話料なども定額ではないことは分かっておきましょう。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。