体験|格安 “MVNO” SIM(スマホ)のメリット・デメリットまとめ

体験|格安 “MVNO” SIM(スマホ)のメリット・デメリットまとめ
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

みなさん、こんにちは!
3月は来る新年度に向けて、環境の変化を準備を実施する季節です。

学業環境の変化、職場環境の変化、そして生活環境の変化……
そんな変化を迎えるにあたって、私も携帯の契約を変更してきました!
またとない乗り換えの機会ですので、今回は最近話題の格安『MVNO』スマホにしてみました。

「格安SIM」や「格安スマホ」が通信サービス業に一石を投じ、その水紋が徐々に大きな波を作り出しています。
そもそも『MVNO』とは何のか、そして乗り換えて気付いたメリット・デメリット、そして最後に私感をご報告したいと思います。

『MVNO』とは?|キャリアとは決定的に異なる「V」の秘密

そもそも『MVNO』とは何なのでしょうか。
ブランデーの熟成年数の一種「VSOP」みたいなものですかね?

今回私が乗り換える前はソフトバンクのiPhoneだったのですが、これは「MNO」と言います。一般的には “キャリア” って呼ばれていますよね。
私が契約していたソフトバンクを始め、国内ではdocomoやauがMNO業者ということになります。MNO業者に共通して言えることは、各事業者はそれぞれ自前の基地局などの設備を保持しており、すべて自社内で完結させて通信サービスを行っているという点です。

その「MNO」に対し、『MVNO』は自前の設備を一切持っていません。“V” は「Virtual」を意味しており、つまり仮想的であるということです。
具体的に言えば、「MNO」業者に料金を支払うことで回線を借り、通信サービスを行っているのが『MVNO』なんですね。
主な『MVNO』業者と言えば、イオンモバイルやUQ Mobile、楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmioなどが挙げられるでしょうか。

それぞれの『MVNO』業者には料金プランや通信速度、そしてどのキャリアの回線から提供を受けているのかなどの違いがあり、契約するにも迷ってしまうほどです。

ちなみに私が選択したのはUQ Mobile。
それでは次の項では乗り換えてみて気付いたメリット・デメリットをご紹介いたします。

乗り換えて気付いたUQ Mobileのメリット・デメリット

<メリット編>

・月々の携帯料金が1万円ほどお得になった
これまでの「MNO」契約では月平均で1万2千円ほどを支払ってきましたが、UQ Mobileにしてからは月額1980円に収まるようになり、約1万円も携帯代が節約できました。年間で考えると12万円もお得になる計算です。

ちなみに私のスマートフォンの利用内訳は「通話:データ通信」でいうと「2:8」ぐらいになるのですが、UQ Mobileは現時点で業界最高の通信速度を誇っており、快適なデータ通信を利用できるという点も、UQ Mobileを選択した理由だったりもします。

・他の端末への移行も簡単
3000円ほど支払うだけで他のSIMカードへの変更も行えます。現在はHUAWEIの端末ですが、もし使いづらかったとしても、端末さえ用意すればそれに合うSIMカードへ簡単に変更できます。ユーザビリティに優れたiPhoneからの乗り換えという点では、端末自体が変わることを不安視していたのですが、これは “保険” とも言えるありがたいサービスです。

<デメリット編>

・ほとんどの格安スマホではLINEの年齢認証を行えない
大手キャリアの場合、アカウント情報と生年月日が紐付いているので難なく年齢認証ができるのですが、ほとんどの格安スマホの場合はアカウント情報が存在しないため、年齢認証を必要とするLINE IDの検索が行えなくなりました。
ちなみに2016年9月に業界参入してきたLINE Mobileは年齢認証が行えるとのこと。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。