実録・禁断症状27時間|iPhone『リンゴループ』からの生還

実録・禁断症状27時間|iPhone『リンゴループ』からの生還
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

こんにちは、ノリ子です。

みなさんはスマホ依存症になってはいませんか?
私はスマホ依存症ではないです……と思っていました。つい先日までは。

スマホデビューしてからずっと “iPhone一筋” のノリ子は、現在「iPhone 6S Plus」を愛機としています。
しかしつい先日、とっても恐ろしい体験をしました。
突然、白い画面にリンゴ(Appleロゴ)が表示される画面でフリーズし、その後の操作が効かないのです!

結論から言えば、すでにこの現象からは脱出しています。しかし、解決に至るまで27時間も要しました。
その27時間……。LINEもカカオトークもできず、グループチャットが気になり始め……。
そわそわ〜、イライラ〜;;
もはや自分がスマホ依存症であることは疑いようがありません……。
そわそわ〜、イライラ〜;; とにかく落ち着かない27時間;;

今回は事象発生からiPhone復旧に至るまでの経緯と苦労話について、時系列を追ってみなさんにお伝えしたいと思います。

事象発生から0時間00分『青天の霹靂 ~ことのあらまし』

ことの発端はこうです。
先日、日本から台湾に戻り、日本で使っていたプリペードSIMカードを外し、台湾のSIMカードに取り替えました。そして電源を入れた時からこの現象に陥ったのです(涙)。

何回も電源ボタンを押したり、再起動させようと試みましたが、白いリンゴ画面から進まず。この現象とその解決手段をリサーチしようにも、肝心のスマホがこの状態……。

なっ、なんで……私に??
このままiPhoneのバッテリーをリンゴマークの表示だけに費やしてしまうのだろうか……。

「iPhone 4」に始まり、はや5年強。
歴代愛機を通しても、これはノリ子にとって初めての現象。ここまでノリ子はiPhoneを慕い続けてきたのに、急転直下のこの仕打ち。とにかく焦っていました。

事象発生から2時間30分『救助要請 ~Appleサポートセンターへの架電』

ノリ子はまず、台湾のAppleサポートセンターに問い合わせることで、一発解決を図りました。

「電話番号、電話番号~っと……、あっ」

そうです。スマホが使えないので調べようがありません。そこは主人に検索依頼。

「さぁ電話、電話~っと……、あっ」

そうです。スマホがなければ電話もできないのです。やはり主人に電話をしてもらいました。

しかし、端末をAppleストアに持って行ったところで、そこで行われるのは「初期化」とのこと。
「初期化」するなら、家で自分でできます……。しかも「初期化」って最終手段的な響きでなんか怖い。
ここは「初期化」ではなく、何かしら別の方法で修復させる方法があるかもしれないと、家路に急ぐことにしました。

ちなみに家路はスマホ検索せずとも知ってますから!

事象発生から3時間00分『平静ではいられない ~検索で原因究明を図る』

自宅に帰るや否や、すぐさまパソコンに向かい、インターネットを立ち上げました。
少しスマホ依存症の禁断症状の傾向が出始めている。少しソワソワし始めている自分に気が付きました。

「iPhone 電源がはいらない」

焦りのせいか、今にして思えばあまりにもシンプルなキーワードで猛検索してみたところ、同様の事象を体験した同志たちが、結構な数でいることを確認しました。そしてこの事象のことを『リンゴループ現象』と呼ばれていることも知りました。

『リンゴループ』ね。。。音の響きはかわいいけど、実際はかわいくない。むしろ恐ろしい。

ちなみにネット上では『リンゴループ』になる原因を以下のように解説していました。
・バッテリー周りの不具合
・常に容量いっぱいで稼働させている
・インストールしたアプリの不具合 などなど……

ん~、最近派手にiPhoneを落っことしたり、水没させたりしたワケでもないので、いまさらバッテリー周りの不具合と言われてもなぁ~。アプリをいろいろダウンロードして試したりもするけど、全然変なアプリというワケでもなく、一般的に知られたアプリだったりもします。

本来であれば原因を特定した上で解決を図りたいところですが、ここまでピンと来ないようでは仕方がありません。
ネットから検索して上がってきた解消法を一つずつ試していくことにしました。

事象発生から4時間00分『奇跡を信じて ~再起動を再挑戦』

いくつもある『リンゴループ現象』解決方法紹介ページにおいて、必ず冒頭に記載されている解決方法が「再起動」です。ホームボタンと電源ボタン(iPhone側面にあるボタン)を長押しながら再起動させるというものです。

さすがに事象発生直後に現場で「再起動」を実行しているので、さすがにダメだろうとは思っていました。しかし、時間も場所も変わっているので「もしかしたら…」と、一縷の望みで「再起動」してみました。

はい、効きませんね。うっとうしいぐらいリンゴマークが燦然と輝いたままですw
この方法自体は、iPhoneでフリーズした際に実践する常套手段ですので、今さらネットで教わることでもないですよね。

気を取り直して、次の解決方法を挑戦してみます。

事象発生から5時間30分『夫婦で解決!? ~FaceTimeのチカラ』

次はチャレンジは「正常な別のiPhoneからFaceTimeをかける」というものです。この方法で『リンゴループ現象』から脱出したという同志たちのクチコミも多数発見。これは期待できますね。

そして幸いなことに、ノリ子の近くには頼もしい(=正常な別のiPhoneをちらつかせている)旦那様が。
このために結婚したのかもしれません (*´ω`*)

ノリ子の愛しき旦那様、早くFaceTimeをかけて!

あれ、効かない。リンゴマークはあいかわらず表示されたままで、着信があったことすら知らせてくれません。何も反応なく検証終了です。

どうやらノリ子が結婚した理由は『リンゴループ現象』とは無関係のようですね……。

事象発生から8時間00分『苦渋の決断 ~iTunesで初期化!?』

解決方法紹介ページにおいて、大抵の場合で最下部にある手段が「iTunesでリセット(初期化)」というもの。先のAppleサポートセンターで言われた内容と同じ結果が待ち受けるというものです。

しかし、iTunesにはiPhoneのバックアップデータを持たせることができます。各ページではそれを見越した上での解決方法の紹介なのかもしれません。
しかしそこはさすがのノリ子さん。直近のバックアップがいつ頃だったのか記憶に……ん~っ。

「ほぅ、今日は洗濯日和の天気だなぁ~」遠くの景色を見たところで思い出せません。

リセットしたら、保存されているすべてが消えかねないということでもあるので、決断は慎重に……。

ぱんぱかぱーん。結論、保留。やはりこれは最終手段に取っておきます。
今後を見据えて、これからはまめにバックアップを行うようにします。無事復旧できたらの話ですが…。

事象発生から15時間00分『希望の光 Pt.1 ~復元ソフト(無償版)に託す』

やはり初期化しかないのか……。もう最終手段を実行するしかないのか……。

すでに見ることができなくなったiPhone内に格納されていた思い出を振り返り、今生の別れを告げる決断を下そうとした瞬間、復旧ソフト(Dr.fone for iPhone)の存在を目にしました。
<参照:Dr.fone for iPhone『iPhone復元なら「dr.fone for iOS Suite(Windows版)」にお任せ!』>

「渡りに船」とはまさにこのことです。

このソフトはWondershare社が発売しているもので、iPhone中のデータを喪失せずに復元できるというスグレモノ。しかも、紹介サイトでは『リンゴループ現象』からの復元も可能と記載されています。まさに今のノリ子にうってつけのソフトであることは間違いありません!

無料体験版もあり、早速ダウンロード。
期待に胸躍らせながら実行してみましたが……、無償版だと修復できず。

事象発生から19時間00分『希望の光 Pt.2 ~復元ソフト(有償版)に託す!?』

一方の有償版はな、なんと4980円!

常日頃使用するソフトなのであれば妥当かもしれませんが、あいにくノリ子は “今” 使いたいだけ。しかも自分の過失でこの事態を招いているのであればともかく、SIMカード入れ替えようとしただけなんですよ!?

SIMカード入れ替えが不具合を招いたのであれば、そもそもiPhoneの仕様がおかしいのではないでしょうか……、と強く息巻いたところで解決しません。背に腹は代えられないということなのでしょうか。

クチコミを調べてみたところ、成功・失敗が半々の模様。4980円かけて100%修復できるというのであれば購入検討に傾くのでしょうが、ノリ子にとってはダメ元で払える金額ではないので、まずは見送り。

事象発生から26時間00分『破れかぶれ ~最新版iOSにアップデート』

すでに「初期化」も「有償版復旧ソフト」も見送っています。もう手段はないかもしれませんね。

ひょっとしたらノリ子の端末が最新iOSじゃなかったのかもしれない。最新iOSでは修正バッチが含まれているかもしれない。もはや残された手段を選びたくないがあまり、勝手に自分の中で原因の1つに挙げてみました。
(※『リンゴループ現象』はAppleが公式見解を発表していないので、実際には非対応とされている)

ノリ子がでっち上げで作り上げた原因ではありますが、やってみましょう!

端末がこの状態なので、当然ながら端末単体でのiOSアップデートはできません。しかし、iOSアップデートはiTiunesからも行えます。iPhoneに電源が入ってない状態でiTunesを立ち上げても何も反応はしませんが、ホームボタンを押しっぱなしで、iTunesを立ち上げると「リカバリーモード」でiTunesに繋げることができるのです。

iTunesへの接続が成功するとダイアログが表示されますが、ここで「復元」ボタンは絶対押しちゃいけません。ここかなり重要です。ここで言う「復元」は初期化を意味しています。ボタンを押すとデータが全部消されちゃいます。ここは慎重に「更新」ボタンを押すようにしましょう。
すると、最新のiOSにアップデートすることができます。

アップデート中はずっとドキドキ。
校門から出てくる恋人を待つかのように、しおらしく待ち続けました。

事象発生から27時間00分『大団円 ~いつもと同じ夜が来た』

で、アップデートが完了!
無事に再起動が実行され、白いリンゴ画面が出ました。同じリンゴ画面でも手順が異なるリンゴ画面なので、なにか期待ができそうな気配です。

「おおー、なんかスクロールが進んでる! いい感じじゃないか!」
そしてついパスワード入力画面が表示されました。『リンゴループ現象』から脱出成功したのですー!!

期待せずに実施したiOSアップデートによって無事解決。まずは溜まったLineを大量返信。
自己解決できたことに感動を覚えつつも、ほっこりと夜を過ごしたノリ子でした。

今回の教訓

ノリ子の場合、まさかのiOSアップデートで問題が解決してしまいましたが、人によってはそれが解決方法であるとも限りませんし、ノリ子がダメだった手段が解決に導く可能性だってあります。

とはいえ、やはり重要なのはこまめにバックアップを行うことが大切ですね。
今回は「初期化」に怯え、実行することに踏み切れませんでしたが、また何かが起きた際には躊躇なく「初期化」も選択肢に挙げられますし、問題だってカンタンに解決できていたことでしょう。

大変な27時間でしたが、とっても勉強になりました!
しかし、ノリ子の『スマホ依存症』が新たに発覚してしまったワケですが。。。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】
がお得です。

以下の記事も読まれています。