実際に海外(ベトナム)でUberを使ってみた<ベトナム見聞録3>

実際に海外(ベトナム)でUberを使ってみた<ベトナム見聞録3>

こんにちは、さむらい子です。

もはやbitWave内での恒例記事化している“アプリ+タクシー”企画ではありますが、せっかくベトナムに赴任しているので、こちらのUber事情をブログにしたいと思います。

<過去の“アプリ+タクシー”関連記事>
■「実際に海外(韓国)でカカオタクシーを使ってみた」(2016/06/14掲載)
■「実際に海外(台湾)でUberを使ってみた」(2016/05/27掲載)
■「実際に海外(バリ)でUberを使ってみた」(2016/05/26掲載)
■「ウーバータクシー VS カカオタクシー」(2016/03/24掲載)
■「ブラジルでのUberに対する闘争が激化|海外記事PickUp」(2015/10/13掲載)
■「Uberだけじゃない – アジアで人気のタクシーアプリ」(2015/08/31掲載)

まず会員登録

パクリ元記事のノリ子さんはFacebook ID連携をしたようですが、さむらい子はGoogleアカウント連携で登録。ノリ子さんの記事にもあるように、クレジットカード登録が必要だったので、登録しましたよ。

以前、ショーケース・ティービーの永田副社長にも見せてもらったのですが、Uberのクレジットカード登録は、わざわざカード番号を入力しなくても平気なんです。アプリからカード読み込みモードにしてカメラで撮影するだけで、簡単に登録できるんですよ。

OCR機能の便利さを、強力さを実感しますね。
そうゆうわけで自分もカード番号を読み取らせて登録しました。誤字なく読み取れたので感動!

スクリーンショットを公開したいところですが、さすがに全世界にカード番号は晒せませんので、あしからず。。。

実際に使ってみた

さむらい子がこの記事を書いている時点では、まだ優雅なホテル暮らし。滞在先のホテルを自宅とし、そしてオフィスを勤務地として以下のような感じで登録しました。

image06

そして会社からホテル(自宅)へ帰るときには……

image05

お迎えの場所に「勤務先」を選びます。なんという便利さ。

そして見てください。ベトナムではバイクタクシーもあるので、UberMOTOを選ぶとバイクタクシーが地図上に表示されます!(画面左側の見切れてるやつ)

さすがにまだベトナムに来て日も浅いし、まだちょっとバイクタクシーは早いかな……ということで、普通の車をオーダー。

UberXで依頼すると、すぐにドライバーから電話が!
ええっ、こんなに早くドライバーから電話かかってくるもんなの? と思い電話に出ると
「78293ぺfぐいcbsっj03hぢfh9pうぇえいぽkふじこ」とか言われてるし……。
ベトナム語分かんねーよ!

とりあえず英語で「すでに待っとります、私達」と強引に伝えてみました。

地図を見る限り、お迎え場所に向かっている模様。
いつまで経っても「あと5分で到着です」から、表記が変わらなかったのですが、15分ぐらい待ったところで、ようやく到着。

目的地もUberアプリで指定済みだったので、何も言わず(※下記注釈)に乗車し、何事ともなく目的地に到着。こんなに簡単でいいのかって思うほどスムーズ。
※「何も言わず…」というのは語弊があって、正確には同乗した人が車中でその日覚えたベトナム語で急に「私は日本人です」とか言い出すもんだから、思わず吹き出してしまいました。吹き出すさむらい子をよそに、“だからどうした”という顔でバックミラーを見るドライバー。
やめてよ、この空気。。。

気になるお支払いは

当然ながら、事前に登録していたクレジットカードから引き落とされます。なお、同様に登録していたメール宛に、領収書めいたメールが届きました。この辺はノリ子さんのブログと同じですね。
でも見てください、この料金。

image07

15000 円じゃないよ、15000VNDだよ。15000VND!!

ベトナムドンは日本円表記のおよそ大体 200分の1。
つまり、今回の走行距離1.6kmで約75円ぐらいです。
安い! 安すぎる! 日本の10 分の1!
生活できるのかなぁ……(余計なお世話)

ベトナム交通事情

「1.6km くらい歩けば?」なんて思う方もいるでしょう。
しかし、そこはベトナム。夏は暑くて歩いてるだけで汗だくになるし、歩道はボコボコで歩きづらく、バイクが非常に多いので、お世辞にも空気はキレイではありません。
なので、あまり歩くことはオススメしません。
というか、歩 き た く な い

しかも、これだけ安かったらいくら使ってもアレだし。
近距離ばかりだとドライバーは嫌がるかもしれないけど。

もはやUberは移動アプリのスタンダードと言えるのではないでしょうか。レガシィな営業手段に囚われるタクシー業者は面白くないだろうけどね。

ここで気になる情報が。
なんとベトナムのUberはホーチミンでは摘発されてしまう可能性も(※2014年時点の情報)。
この記事の公開は大丈夫か? ハノイだから問題ない?
一応、Uberのサイトでは利用可能都市としてホーチミンも入っているようなので大丈夫ですよね?
<参考サイト:Uber「Uberがご利用可能な都市」>

便利だし、何よりも安心。
サービスが上手く軌道にのるといいな~。期待してますよ~!
以上、ベトナム特派員、さむらい子でした。
Tam biet!(ベトナム語で「さようなら」)

コメント