実際に海外(台湾)でUberを使ってみた

実際に海外(台湾)でUberを使ってみた

こんにちは、ノリ子です。
日本ではタクシー料金が高くて、あまり利用しなかったですが、台湾は日本と比べタクシー料金が安いので、よく利用しています。
先日、友達より台湾でもUBERが使えるとの話を聞き、試してみました!
※なお、2017年2月10日より、台湾でのUBERサービスが停止扱いとなりました

Uber関連記事
■「実際に海外(韓国)でカカオタクシーを使ってみた」(2016/06/14掲載)
■「実際に海外(バリ)でUberを使ってみた」(2016/05/26掲載)
■「ウーバータクシー VS カカオタクシー」(2016/03/24掲載)
■「ブラジルでのUberに対する闘争が激化|海外記事PickUp」(2015/10/13掲載)
■「Uberだけじゃない – アジアで人気のタクシーアプリ」(2015/08/31掲載)

まず、会員登録

まず、会員登録ですが、facebook ID連携で簡単に登録ができます。
日本の全国タクシーアプリと韓国のカカオタクシーも使ってみましたが、違うのはクレジットカード登録が必須とのこと。

image04

ブログなどで、Uberアプリは直感的で使いやすいと言われてましたが、
ノリ子は最初戸惑いました;すぐ慣れますが、最初はそこまで直感的とは思わなかったです。

日本アカウントでダウンロードしたアプリなのか、わかりませんが、住所を漢字で入力すると英語表記になるので、それが正しいのか不安もありました。(ノリ子は中国語がまだまだで、漢字のピンインがまだわからないからかも知れません。)

image03

実際にUberを使ってみる

最初は乗車する位置を選択し、目的地の住所を入力します。
しかし、最初は目的地入力欄が乗車地の項目の後ろに隠れていたので、わかりずらかったです。

配車をリクエストすると、リクエストを受けたドライバーさんの情報と車の情報が表示されます。

【Bitwave】 台湾でUBERを使用してみました。

お、初UBER利用で、韓国のHYUNDAI車だ!とテンションが上がりました⤴️
タクシーは大体同じ車種ですが、UBERは利用する度に違う車なので、それも楽しみの一つです。

この日は3回UBERで移動しましたが、一回は高い外資車でまたテンションが上がりました⤴️w
そのドライバーさんにちょっとインタビューもしましたが、本業は別にあり、時間がある時にUBERで副業しているそうです。

でも、実際お客さんはそんなに多くないし、高級車なので、メンテナンス費用もかかり、今のところあまり稼ぎにはならなかったそうです。もしUberドライバーになるのを検討するなら、安い車でやった方がいいと自慢のようなアドバイス(?)もいただきました。

あと、2分で着くと出てますが、実際待った時間はもっとかかりました。
しかし、車が動くのがリアルタイムで確認ができるので、それを見るのは面白いです。

【Bitwave】 台湾でUBERを使用してみました。 (1)

もし、キャンセルしたい場合は、上記のタブでキャンセルができます。
「連絡する」ボタンを押すと、直接ドライバーと通話もできます。

そして、ドライバーさんの評点も見れますので、もし点数が低いドライバーさんはパスしても OK!
利用者がドライバーさんの点数をつけることができますし、利用者はドライバーさんの点数を見て乗車有無を判断することができますので、大体ドライバーさんは親切に対応してくれると思います。

実際、荷物があったら、車から降りてトランクを荷物も入れてくれたり、韓国のタクシーではあまり経験できない親切さでちょっぴり感動しました。

【Bitwave】 台湾でUBERを使用してみました。 (2)

乗車中には目的地まで到着予想時間とリアルタイムで移動する車アイコンが見れます。

台湾のUberはタクシー業者さんではなく、一般人の車なので、一人で乗るのはちょっと不安だなと思いました。

そういう不安を感じたユーザを考えた機能もあります。
人に乗車している車の情報と予定到着時間を知らせる機能があります。

今回は主人と二人で利用でしたが、試してみました。

【Bitwave】 台湾でUBERを使用してみました。 (3)

この画面が表示されて、宛先に知らせたい人の連絡先を入れるとメールが送信されます。

そのメールを受け取った人はリンク先をアクセスすると以下のように私が乗っている車がどこまできているのか、乗っている車の情報も見れます。

これなら、一人でも利用できそうと勇気ができましたが、やはり主人が心配するので、Uberは一緒に移動する時だけ、利用することに;;

【Bitwave】 台湾でUBERを使用してみました。 (4)

目的地に降りると登録したクレジットカードで自動で支払いがされるので、現金がなくても利用できるのはよかったです。
降りた後、メールに領収証が届くので、料金の確認ができます。
しかし、目的地に着いたらすぐ料金が表示されてほしかったなという惜しい点があります。

【Bitwave】 台湾でUBERを使用してみました。 (5)

乗車履歴も確認できます。
最初利用した時には普段TWD120出るところをTWD86でTWD34が節約できました!

今回、Uberを利用してみて一番感動したのは、料金が安い!ところです。

通常台湾タクシーの基本料金はTWD85から始まりますが、UberはTWD35から始まります。今回3回利用で大体普段より合計TWD150が節約でき、1回タクシー利用料金分が節約できたことにテンションが上がりました。⤴️

台湾でもUBERはまだ違法だそうですね。韓国とカナダなどでは続々訴訟に巻き込まれたUBERですが、一ユーザとしては台湾ではどうか生き残って欲しいです。

※なお、2017年2月10日より、台湾でのUBERサービスが停止扱いとなりました

コメント