新型iPhone X/8が出た今、格安SIM対応iPhone SEを再評価してみる

新型iPhone X/8が出た今、格安SIM対応iPhone SEを再評価してみる

iPhone SEを購入した経緯はこのブログでも以前書きました。どうしてもiPhone6以降の大きさに抵抗感があった私は、発表時に「これでしょう!」とiPhone5Sをやっと手放すことに。

それから1年半。もちろん現役バリバリの機体です。

iPhone SEの使い勝手

まず、タフ。裸持ちの私は、iPhone SEを落とす落とす。落下テストでもしているかのごとく落とす。当然傷もつきましたが、それはフレーム部分のみ。特に画面や液晶が割れたりという問題もなく、iPhone3S以降で最もタフな機体です。

CPUはiPhone6Sと同じA9プロセッサ。バッテリー持ちも最初の一年は全く問題なく、最近になって、やっと「あれ、少し減り方が早いかな」というレベルに。そういう意味では2年で買い替えは現実的な選択でもあります。

液晶の精細度も十分でカメラの色合いもそこそこ。(iPhone5Sの方が好きでしたが。)

参考:
iPhone SE+AUKEYレンズのレビュー

新型iPhoneの発表を受けて、iPhone SEの販売価格も5,000円下がって39,800円〜に。一層お得感が増した感じです。

但しiPhone6S以上の画面サイズと解像度に慣れてしまったユーザには必ずしもお勧めとは言えない点が1つだけあります。それはキーボードの打ちにくさ、フリックの反応の鈍さです。これは、さすがに大画面、最新型には及びません。画面が小さいから仕方ないのですが、それでもソフトウェア・キーボードの打ちにくさは罰ゲームに近い(笑)

タイピングのヘビー・ユーザーには向かないかもしれません。

格安スマホ/SIMでさらにお得に

iPhone SEの価格が下がったことにより、UQモバイルなどの割賦価格も下がってくるとおもわれます。

またApple自体が料金下げて24回分割で販売しているのでSIMフリーiPhone SE+格安SIMの組み合わせも良いかもです。

参考

後悔しないために!格安SIMの全デメリットと3つの注意点

Hiroyuki Kawaguchi

Hiroyuki Kawaguchi

ペルソナ・マーケティングとSEOが大好きで、この道 ◯十年。(歳がバレるから秘密です。)

猫との生活に至福を見出して、地方でテレワークに励んでいるbitWaveのゴーストライター。
Hiroyuki Kawaguchi

コメント