AIの発言が公共の電波へ|どこまで人工知能に自由を与えるか?

AIの発言が公共の電波へ|どこまで人工知能に自由を与えるか?
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

アメリカでは先月開催された「Amazonプライムデー」で音声認識アシスタント「Amazon Echo」がバカ売れしたといいます。
一般家庭に行き渡るのも時間の問題でしょう。

そしていずれ日本にも訪れるであろう音声認識アシスタントの波。
それが「Amazon Echo」なのか、「LINE Clova」や「Apple HomePod」といった第二勢力なのか、はてまた新興勢力なのかは分かりません。
ただし確実に訪れることでしょう。
<bitWave関連記事『2017年は「音声アシスタント」が主戦場|もう1つのAI戦争』>

AIを積んだガジェットと違和感なく会話をする時代 ――
最初は自身にも違和感がつきまとうでしょうし、年配の方には数奇な目で見られることでしょうが、それでも「やっと未来の世界がやってきた!」感がハンパないです!

私の言葉に対し、AIはどんな言葉を投げかけてくれるのだろうか……
私は極度のあがり症なのでセリフを噛んでしまうかも……

AIにバカにされないよう卓上のペットボトルを相手に喋る練習をしていたところ、ricemanさんが哀れんだ目で私にこう言いました。
「噛まずに言えたところで、必ずしもAIが優しく返答してくれるとは限らないっすよ……」
すでに優しくない言葉を私に投げかけた彼はこんな情報を共有してくれました。
<参照:NHK NEWS WEB『AIキャラクターが中国共産党を批判 サービス停止に』>

発言の重みは人もAIも一緒

中国の大手IT企業「テンセント社」が作り出したAIキャラクターはチャットボットとして、ネット上で誰とでも対話ができるものでした。
このAIキャラクターは人々の会話の中から自己学習を行うという、まさに人工知能そのもののです。

本来、このAIキャラクターが天気や星占いなどを紹介したり、さまざまな話題について意見交換することを想定していたようですが、一般中国人の「中国共産党万歳」というが書き込みに対し、このチャットボットは「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と政府批判を行ったとのこと。

元々中国では政府や共産党批判は厳しく取り締まられており、インターネットも独自の情報網を作って世界から遮断して管理していることは有名ですが、その上でどこで学習した結果、“政府批判” を発言したのでしょうか。
それも気になるところですが、当然ながらこのAIキャラクターの対話内容も取り締まり対象となり、あえなくサービス自体も停止となったようです。

かつてマイクロソフト社が実地演習を行っていた人工知能が、ネットの右派勢力の書き込みを学習したことでナチス支持者になり、ヒトラーを賞賛するコメントを発して、サービス停止に追い込まれたニュースを思い出された方も多いのではないでしょうか?
<参照:産経ニュース『ヒトラーほめる人工知能、米MSがわずか2日で実験中止』>

政治や宗教といった広域に向かって発言するのに相応しくない話題に関して、今のところAIは自制が効かないという証明にもなったわけです。
いずれにしても、AIキャラクターの発言の責任は誰が取るのでしょうか……。

一方、日本では……

日本においても7月からAIの発言が公共の電波に乗るようになったそうです。
<参照:日本経済新聞『ニュース読み上げをAIで アマゾン系、ラジオ局向け』>

ただし、このAIアナウンサーは新聞記事や天気予報などを元にAIが音声で自動読み上げを行うというものであるため、前例のような自己学習による発言はありません。つまり、社会を騒がすメッセージを残すということは考えづらいでしょう。

しかし、AIの発言が公共放送に乗るという土壌ができあがったことで、いずれは自己学習したAIが発言する場を設けやすなったとも考えられます。
国内外問わず、AIによる発言の責任の所在が不明瞭であるのは確か。
こういった点においても、法規制は必要になるのかもしれませんね。

ただでさえ嫁の発言に手を焼いているのに、自己学習をしたAIにも虐げられる可能性があるのかも……。
そう考えると、私の話し相手は当面ペットボトルで十分かもしれません。。。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】
がお得です。

以下の記事も読まれています。