最新バイク事情|台湾で『gogoro』に “kokoro” を奪われた!?

最新バイク事情|台湾で『gogoro』に “kokoro” を奪われた!?

こんにちは、ノリ子です。
みなさんは旅行やテレビなどで、台湾のスクーター通勤ラッシュをご覧になったことはありませんか?

台湾では1人1台のバイク所有が当たり前の環境で、生活には欠かせないもの。
多くの現地人は免許取得が可能になる18歳を迎えると、まずはバイク……というのが常識です。

台湾交通事情

台湾の中心地である台北市は、電車で行けない所がないほど交通の便が良いのですが、ノリ子が住む高雄市は地下鉄が2路線しかありません。バスは本数が少ない上に遠周りするので、ショッピングモールなどに行くにも不便に感じることが多いのです。
つまり少なくとも高雄市ではバイクやクルマが必需品とも言えなくないんですね。

クルマよりバイクが普及している理由は、購入やメンテナンスにかかるコストの問題も当然あるのですが、駐車スペースの問題が何気に大きいような感じがします。
バイクであればクルマよりもコストがかからずに済むし、駐車するにも無料、そしてカンタンに駐車スペースを探すことだってできます。

ノリ子も最初に台湾に来た時は、主人のバイクによく乗せてもらいました。
ただし、映画『ローマの休日』のワンシーンのように素敵な体験をしたというわけでもなく、むしろあまり好きになれませんでした。
主人のバイクが古い型式のものだったという原因があるのかもしれませんが、バイク特有の揺れで乗り心地もあまり良くないし、何よりもうるさい……。そして排気ガスの匂いも。。。

ノリ子にとってバイクの第一印象がとにかく悪かったせいもあって、台湾で本格的に生活を始めるようになってからもなるべくバイクには乗らないと決めたほど。
今では日本の都心部でも見かけるようになり始めた「レンタルバイク」に関心を寄せるほどでした。
<bitWave関連記事『台湾でちょっと進んだレンタルバイクを体験』>

つまり、マイスクーター購入なんか「アウト・オブ・眼中」。
しかし、とあるキッカケでつい先日、マイスクーターを購入してしまいました。

そのキッカケとはスマートスクーター『gogoro』に “kokoro(心)” を奪われたのです。。。

ノリ子を “toriko(トリコ)” にした『gogoro』とは?

『gogoro』は元HTC社の責任者が台湾でスタートアップ企業を起業し、そこで2年前にリリースを開始した電気スクーターです。

リリース当初はかわいいデザインで話題になりましたが、123,000台湾ドル(約45万円)という、スクーターにしては高価であることが原因で、そこまで普及しませんでした。
一般的なスクーターであれば台湾でも18万~20万円ぐらいで購入できるので、『gogoro』が高嶺の花であることがお分かりいただけますでしょうか。
「カワイイ、だけど高い」という意見がほとんどで、購入したのは一部のアリーアダプタぐらいなもの。

しかし、今年『gogoro 2 Series』がリリースされたのを皮切りに、台湾国内では爆発的な人気が巻き起こりました。
そして今、台湾各地で『gogoro』の販促イベントが開催されているのです。

この色が『gogoro 2 Series』のシンボルカラーなんだとか