最近のVR事情とおもしろ導入サービス企業

最近のVR事情とおもしろ導入サービス企業

どもども、とある事情でテレワーキングだったServer担当のKです。

今回は自分が気になっているVRについていくつか調べてみたので記事にしてみたいと思います。

そもそもVRとは?

bitWaveを見てくださっている方々はすでにご存じだと思いますが、
初見の方や、何それって方のために一応。

VRとは、
Virtual Reality の略で、よく「仮想現実」なんていうふうに言われたりしています。
にたようなもののとして、

AR:
Augmented Reality なんてものもあります。
これは「拡張現実」「強化現実」とかって言われてますね。

ほー?それで?って感じでしょうが、一旦はVRに話を戻して、まぁこれが最近では色々と話題になったりしています。

なんか巨大なゴーグルみたいなのつけてるのとかみたことないですか?

例えばこんなのが動画で上がっていたりもしてます。

上記は、まぁおもしろ動画なんでしょうが、
当人はきっとびっくりですよね。。。

これは特殊な感じかもしれませんが、では現在どういった現場で導入されているのか、試してみたいと思う方もいらっしゃるかと思いますので、いくつか例を挙げてみたいと思います。

何といってもエンターテインメント

秋葉原G-Tune : Garage

http://www.g-tune.jp/garage/

ここではゲームにてVRを体験できるようです。
ゲームについてもMMOやホラーなどいくつかを体験できるようです。

ぜひぜひ興味のある方は行ってみてください。
僕も東京に戻った際には体験しに行ってみようかと思います。

その時には体験レポートでも書いてみようか・・・

疑似体験で旅行を後押し

H.I.S.Hawaii 新宿三丁目店

http://www.his-j.com/branch/hawaii/

こちらでは、ハワイ旅行をVRを用いて疑似体験できるようになっているんだとか。
僕もちょこちょこと旅行したりしているのですが、なかなか行く時間を作れず・・・

Google Earthを使っていろんな場所を探して見ていた自分としては、VRで疑似的に色んな場所や旅行を体験できるのはなかなかいいなと思ってしまいます。

コンタクトレンズをVR体験

アイシティ

http://www.eyecity.jp/lp/cvis/

コンタクトレンズ・ヴァーチャル・イメージング・システムは、立体的なヴァーチャル映像で「遠近両用コンタクト着用時の視界」や「老視が進んだ際の見え方」を疑似的に体験することができます。
とのことです。※文面はHPから引用

我々エンジニアには必ずと言ってもいいほど立ちはだかる壁でしょう。
一度体験してみるのもありかもしれません。

お部屋探しはVRで

株式会社ネクスト Room VR

http://littel-lab.next-group.jp/products/gridvrick.html

こちらは体験できる場所など、情報を探しきれなかったのですが、このアプリケーションが不動産に導入されると、いろいろな物件の内見を遠隔から行うことができるようになりそうです。

その他にも、避難訓練をVRで実施するもの、医療機器など色々な分野において転用されているようです。

東京モーターショーでもありましたね。
そろそろPS4の周辺機器でも発売が予定されていますし、ますます身近になってきそうですね。

もうなんならITらしく我が社も出勤をVR使って疑似空間でさせてくんないかな。。

以上、機会があれば体験レポートを書いてみたいと思っているKでした。
それではまた。

コメント