朝、起きることが苦手な方へ朗報!

  • 2016年9月13日
  • by 
朝、起きることが苦手な方へ朗報!

こんにちは。K・Kです。朝、気持ち良く起きることができず、結局バタバタして時間ギリギリで家を出る羽目になってしまうことありませんか?私はしょっちゅうあります。

「早起きは三文の徳」という言葉があるように、朝の時間を有意義に過ごしたい。というこで、最近早起きするためのある行動を始めましたので、紹介したいと思います。

早起きをするために!

image06

完全に目が覚めるまでには3つのSTEPがあります。

STEP1 【アラームの回数は1回】

いわゆる根性論みたいなものですが、複数回アラームをかけることで、「次のアラームで起きよう」と甘えてしまうため、あともう少し寝たいという気持ちを抑えて、気合いで起きます。騙されたと思ってやけくそに、アラームがなったらやってみて下さい。

個人的にはこれが起きるための行動STEPとしては成功の大半を占めていると考えています。

image01

STEP2 【カーテンを開けて日光を浴びる】

これには体内時計を調整する役割があります。
日光を浴びることで脳や体に朝の目覚めを認識させることが出来るそうです。
また、外の風を浴びるのも気持ちがよくて目が覚めるきっかけになります。

image09

STEP3 【熱いシャワーを浴びる】

これには複数の効果があるそうです。
・交感神経の活性化と自律神経の回復効果。
精神的なストレスで乱れてしまう自律神経を直してくれます。
・体臭予防
寝ている間に汗をコップ1杯分かくと言われていますが、そうした汗や皮脂が雑菌と混ざり、体臭になる。なんてこともあるみたいです。

image10

STEP2、STEP3は健康にもよさそうですね。
この流れで毎朝、早く起きることができ、3日坊主の私でも珍しく2週間以上続いています。

早起きができた朝は

なんか聞いたことがあるような。。。それはさておき、いつもなら起きてから30分後には家を出ているという生活でしたが、ここ最近は時間があるのでかなりリラックスした朝になっています。

座りながらテレビやスマホでニュースを見たり、朝食後にゆっくり珈琲を飲んだりと有意義な朝を過ごせています。

疲れているからといって時間ギリギリまで寝ていた今までより、朝早く起きたほうが気持ちのいい1日を迎えることができるので、朝が苦手な方や、起きられない方は是非試してみて下さい。

コメント