未来の社員証|キミはマイクロチップ埋め込みを許容できるか?

未来の社員証|キミはマイクロチップ埋め込みを許容できるか?
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

私がApple Watchを使用するようになってから、まもなく1年を迎えようとしています。

Apple Pay機能が実装されたことでSuicaを持ち歩かなくなり、(中身がかろうじて入っている)財布を持っていないときも自動販売機で飲料を買うといった機会も増えています。

ただし、気になるのがApple Watchのキズ。
フレームのステンレス部のキズは経年劣化と思い込むようにし、それほど気にしないようにはしていたのですが、ついに画面部にもキズが目立つようになってきました。。。
Apple Watchは同日に発売されたiPhone7シリーズで採用されたゴリラガラスよりも、より強度のあるサファイアクリスタルを採用されているにも関わらずです。

Apple Watchに実装されている非接触型ICは10cm離れているリーダーが読み取れる仕様となっておりますが、人の流れがある自動改札機などでは “裏拳” よろしく、思い切り改札機の読み取り部分を打ち付けることもよくあります。
改札機は進行方向の右側にあるものの、Apple Watchは利き手とは逆の左手に装着しているため、なおさら力加減や距離感覚が掴みづらいというもの。
さすがのサファイアクリスタルも日々繰り出される裏拳に絶えられなかったのかもしれません。

ここにハードウェアの限界があるのかも。
キズぐらいならまだしも、いずれ内部機器にも支障をきたすことも考えられます。

なんとか不用意な裏拳を御見舞することを回避できないものか……。
むしろ、改札機を破壊するぐらいの裏拳で話題になれば、左利きの方用の自動改札機も設置されるのでは……。
キレイな軌道を描く裏拳の練習をしに山ごもりの準備をしようとしていたところ、ricemanさんがこういうのです。

「ハードウェアに頼るなんて古い古いw こんなのもありますよ」と。
<参照:BBC NEWS JAPAN『社員の体にマイクロチップ埋め込み 米ソフトウェア会社』>

体内埋め込みのメリットは!?

私の自宅には飼いネコが一匹おり、去勢手術を行う際にマイクロチップ埋め込みを医師に勧められたものです。
ただ、うちのネコは俗にいう “家ネコ” であり、居場所を突き止める必要はありません。
その時はマイクロチップの埋め込み自体をお断りしました。

しかし、このニュースはイヌやネコではなく人間の話。
しかも、選択権は与えられているとはいえ、会社が従業員の手に埋め込んだというのです。

マイクロチップを埋め込んだ社員は、会社への入退室や自動販売機での購入が、自分の手に埋め込まれたマイクロチップを介して自在にできるというもの。
ほぼ、Apple Watchと同機能ですねw

企業の言い分としては「無線通信を使用した識別チップがより広範囲な商用性を持つかどうかを見極める試みの一環」としているようですが、これは人体実験ですよね?
現在のメリットを考えると、わざわざ体内に取り込む必要性を感じませんww

管理社会が一歩進んだか?

埋め込みによる人体への影響やハッキングの危険性といった利用者側の問題、そして従業員に対しての過剰な管理も行えるといった企業倫理も問われることは、容易に想像ができます。

実際にネバタ州では、上院議員が強制的なチップの埋め込みを違法とする法案を提出しているようですが、もはや強制的か否かはそこまで重要ではないのかもしれません。
このチップを使う側・チップを使う人を雇う側の規制の方が重要なのではないでしょうか。

てか、退職したらどうするんだ?

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、
キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】
がお得です。

以下の記事も読まれています。