株の売買のごとくゲームを低価格で遊ぶ方法

株の売買のごとくゲームを低価格で遊ぶ方法

こんにちは、据え置きゲーマーのy-matsubara氏です。

去る9月16日、嫁にナイショでPlayStation4用ゲーム『ペルソナ5』を買いました。
意気揚々と自宅に戻ると、嫁からプレゼントを貰いました。
『ペルソナ5』でした。

僕はなんて言えばいいんだろう……。

そんなこんなで、余ってる『ペルソナ5』を販売する計画を企てました。
どちらの『ペルソナ5』を売ろうとしているかはヒミツです。。。

リリース早々のゲームの販売額・買取額はいかほどか

リサーチ時点(9月20日)のAmazon価格では、新品で7000円〜7400円です。
中古での販売はまだされていないようです。
なお、星マークは「4」と高評価です。

オンライン中古ゲーム通販サイト、コムショップでは同日9月20日で5500円で買取額。
ちなみに9月17日時点では6200円の買取価格でした。

最安値の7000円で買って、最高値の6200円で売ることができれば、結果的に800円でゲームができたというわけです。映画を一本を見たと思えば、得したような気がしますね。
しかし、1日程度でクリアできるゲームはそうもなく、結果的に徹夜で頑張らなきゃいけなくなってしまいます。もう肉体的に厳しいですね。。。

機会損失を出さずに、いかに手早く再入荷するのか

どうして6200円という高価格で買い取ることができるのでしょうか?
人気商品なのか、初回出荷量を見誤ったかはさておき、新品が売り切れて入手しづらい可能性が考えられます。そして、結果的に中古商品としての在庫がないということも考えらます。

しかし3日経過して買取額が5500円となり、早期買取額から700円も値下がりしてしまいました。
これは下記の理由が考えられます。

1.ゲームをクリアして販売する人が増えた
2.追加発注した新品が休み明けに届いた
3.新品・中古ともに在庫量が増えた

なお、ゲーム業界においては新商品が販売されるのが木曜日という通例があります。
では、なぜ木曜日なのでしょうか?
それは売り上げの推移を確認して、金曜日に発注して休み明けの月曜日に製品が届くからです。

需要と供給における700円の差です。
『ペルソナ5』は人気商品ということもあり、ここから約1ヶ月は4000~5000円台での買取価格となるでしょう。
3ヶ月も経過してしまうとなると、3000円台の買取価格となるはずです。

今回に関してはゲームクリアを待つ必要がない状態ですので、急がば回れ。
今が売り時なので、今日(9月20日)に売りに行こうと思います。

Amazonの評価は無視できない

どうせなら誰もがゲームを安く買って、高く売りたいですよね。
その判断基準の一つとしてAmazonの評価は馬鹿になりません。

下記二つのゲームを例に比較してみましょう。

『真・三國無双英傑伝』
ゲーム内容:『三國無双』シミュレーションゲーム版(三国志のゲーム)
Amazon価格・新品:3500円(定価7344円)
Amazon価格・中古:2380円
コムショップ買取価格:1300円
Amazon評価・星:3つ
発売日:2016年8月3日