スマホを格安SIM(LINEモバイル)へ乗り換えのススメ

スマホを格安SIM(LINEモバイル)へ乗り換えのススメ

こんにちは。バルトです。

先日、夏休みを1週間ほどもらって、嫁さんの故郷の佐渡へ行ってきました。
今年は天気が悪い日が多く、曇りや雨だったんですが、逆にそのおかげもあって、かなり涼しく過ごす事ができました。
朝晩などはむしろ寒いぐらいでした。

*写真は去年のものです・・・。
佐渡はとてもいいところですので、機会があればみなさんも佐渡旅行などいかがでしょうか!

では本題へ参りましょう!

格安SIMに替えました


※写真はイメージ

少し前になりますが、某大手キャリアから格安SIM(今回はLINEモバイル)へ変更しました。

今までは某大手キャリアの5Gプランで契約をしていましたので、おおよそ7,000~8,000円程度、毎月支払いをしていました。
が、LINEモバイルに変えてからは、同じ5Gプランで、なんと月2,400円(!)に爆下がりしたので、4ヶ月で2万円程度浮いている計算になります!

年間で考えるともっとインパクトがあって、

某大手
約8,000円 × 12ヶ月 = 約96,000円

LINEモバイル

2,400円 × 12ヶ月 = 28,800円

ということで、年間で約67,200円も浮く計算になります!

どうしますかみなさん!

6万円もあったら、今話題のNintendo Switchが2台買えちゃいますよ!(2台はいらん)
ここまで聞いて替えないって選択肢はないんじゃないですか~?

でもさぁ~

「そうは言うけど、解約するには違約金かかるじゃん!!」

って思った人いますよね?

確かに殆どの人は大手キャリアと契約していると思いますので、2年縛りの契約になっていて、途中解約をするためには違約金がかかりますよね。

でも実はそんなこと関係ないんです!

今回私も違約金を支払って解約したんですが、違約金の約1万円は上記計算で行くと、約2ヶ月で相殺できるんですよ!
それより毎月8,000円を支払い続ける方が、よっぽど費用がかさむんです。

乗り換えにかかる費用

今回私がLINEモバイルに乗り換えにかかった費用は下記となります。

大手キャリアへの違約金       : 9,500円
LINEモバイルへの登録事務手数料 : 3,000円

ちなみに私はこのタイミングで、分割で支払っていた端末費用も一括で精算しましたので、実際にはその分も費用が、かかっています。

乗り換えの手順


ところで、LINEモバイルなど、自社で通信網を持たず、他社から回線などを借り受けてサービスを提供する事業者のことをMVNO(Mobile Virtual Network Operator)といいます。

※bitWave関連記事:実体験に基づく “MVNO” のメリット・デメリット まとめ

そのMVNOに乗り換えるためには少しだけ手順が必要となりますので、ソチラを紹介します。

参照元:https://mobile.line.me/support/mnp/

①MVNO事業者へ連絡し、MNP予約番号を取得する。
必ずMNP予約番号と有効期限をメモしましょう!

*MNPをしないようであれば特に必要ないかと思います。
MNP・・・ My Number Portability(まいなんばーぽーたびりてぃ)の略。
新しいキャリアでも同じ電話番号を使えるようにする手続きのこと。

②MVNOの申し込みフォームから申し込みをします。

③SIMカードが到着するのを待ちます。
*この際、特にiPhoneなど、ご自身のスマホ端末がSIMフリーとなっているか確認してください。
もしSIMロックされているようであれば、インターネットを通じてご自身でSIMロック解除するか、各サービス窓口で解除してもらってください。
ちなみにご自身で解除すると無料ですが、窓口でやってもらうと3,000円程度かかると思います。

*詳しくはこちら
docomo:
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

au:
https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

softbank:
https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

④SIMカードを受け取ったらMNP窓口へ電話連絡をする。

⑤新しいSIMカード挿して、1~2時間程度開通を待つ。
その間にAPN設定をする。

*APN設定とは・・・
所謂、初期設定のこと。
新たな回線を使うための設定となります。

詳しくはこちら:
https://mobile.line.me/support/apn/ios/

*注意事項*
開通までの間、インターネットができない状態になるのでwifi環境が整った場所でやる必要があります。
また、MNP予約番号には期限がありますのでご注意ください。

申し込みから完了まで、だいたい2週間くらいだと思います。
やってみた感想としては、メチャクチャ簡単です。

リテラシーが低いうちの嫁さんがやっても何ら問題なく変更できていました。

最後にメリットとデメリットを考えてみます

  • メリット・・・とにかく安い!
    速度も特に変わらない。(今のところ)
  • デメリット・・・多少の手続きが必要で、手間がかかる。
    もしかしたら将来、ものすごくMVNOを使う人が増えると通信速度が遅くなるかもって聞いた。

正直なところ、デメリットより激安というメリットがデカすぎると思います。

ただ、かなり長期に渡って同じキャリアを使っているので、割引率がハンパない人や、家族割でがっつり安くなっている人などはそこまで乗り換えは必要ないかもしれません。
その辺はよく確認をお願いします。

また、今回はLINEモバイルの話を中心にしましたが、他にもたくさんMVNOの事業者さんがいます。
本当にたくさんあるので、あえてこの場では申し上げませんがそれぞれ独自のサービスを展開していますので、よく検討をして選んでください!

これを機にぜひみなさんもMVNO(格安SIM)を検討してみてはいかがでしょうか!
LINEモバイル

.

コメント