楽天が携帯キャリアへ進出!ソフトバンクの歴史を振り返って今後の課題を予測

楽天が携帯キャリアへ進出!ソフトバンクの歴史を振り返って今後の課題を予測

2017年12月14日、楽天が携帯通信事業に参入することを正式に発表しました。実際のサービス提供は2019年を予定していますが、楽天(楽天モバイル)は第4のキャリアとして成立するのでしょうか?

かつて第3のキャリアとして参入を決め、台頭したソフトバンクの歴史も踏まえて、楽天の今後の課題や前途などを考察したいと思います。

楽天はMVNOも展開している

楽天は楽天モバイルを運営し、更に今年フリーテルを買収したことで話題にもなりました。その際、状況によっては他のMVNOの買収も示唆していた矢先だったため携帯事業参入は周囲に大きな衝撃を与えています。

楽天は今までのMVNOのようにキャリアの通信網を借りる形ではなく、自社の通信網を使って携帯事業に参入しようとしています。ソフトバンクはワイモバイルを子会社化しており、auもUQモバイルと繋がりがあります。楽天も自社で通信網や設備を確保した上で、楽天モバイルを格安系のMVNOとして残すことも考えられます。

しかしすでに携帯事業を展開している3キャリアにとって、現時点での楽天は脅威にはなっていないようです。それと言うのも、楽天が発表した今後6〜7年間の携帯事業に充てる予算が既存キャリアの年間予算程度だったからです。

楽天は2025年までの間に、トータルで6000億円の予算を携帯事業向けに準備しています。2019年のサービス開始までの予算は2000億円です。銀行からの借り入れを予定しているとのことですが、楽天はモバイル事業だけに留まらずさまざまな事業を行う大企業のため、借り入れ自体には問題ないでしょう。

ただ、3キャリアは平均で年間5000億円程度の経費を必要としています。すでに基盤は整っている携帯会社でも5000億円が必要になるのですから、新規参入の楽天の予算が少ないのは不可解です。

この金額の差からも、楽天がどのように携帯事業を行っていくつもりなのか分からないのが現状です。全国規模での通信網を獲得することはほぼ不可能な予算であるため、現在運営中の楽天モバイルや既存キャリアとの連携を前提として携帯事業への参入を考えている可能性もあります。

ソフトバンクと楽天の状況は大きく異なる

ソフトバンクが第3のキャリアになるまで、携帯会社はドコモとauの2社が2大巨塔でした。ウィルコムやイー・モバイルが携帯事業に参入していたものの、顧客の獲得は難しい状態だったからです。

では、どのようにしてソフトバンクは第3のキャリアとなったのでしょうか。

ソフトバンクは新規参入の際に自社で基盤を作り上げたわけではありません。また、ソフトバンク自体は携帯事業のノウハウを持っていませんでしたが、通信事業ではシェア2位の実績を持っていたことが特徴です。

当時すでにJフォンからボーダフォンに名前を変えていた携帯会社を買収したからです。名前を変えていたことからも分かるように、ドコモやauに対抗しきれず経営母体が何度も変わっていたことが特徴です。

この時ソフトバンクがボーダフォンを買収した時の金額は、1兆7500億円です。携帯キャリアの経費が毎年5000億円かかるのですから、事業が成功するのであればそこまで高額には感じないかもしれません。ですが当時日本で行われていた企業買収の金額としては、1兆7500億円は過去最大でした。

今でも、新規キャリア参入となれば1兆円を超えるというのは一般的な見解です。

ソフトバンクは買収と言う手段を使い、全国規模の通信網や顧客をそのまま手に入れています。また、ソフトバンクは2013年にもイー・モバイルを買収し、ワイモバイルとして生まれ変わらせています。現在格安系の携帯会社として認識されていますが、ワイモバイルはMVNOではなく元イー・モバイルとソフトバンクの通信網を利用して顧客に通信を提供している少し変わった位置づけの携帯会社です。

これにより、ソフトバンクはキャリアとMVNOの中間の価格帯やサービスを望む層を取り込むことができています。

対して、今回の楽天は自社で設備を一から作り上げる必要があります。楽天モバイルでMVNOのノウハウは持っている楽天ですが、携帯事業のノウハウや設備は持っていません。またかつて第4のキャリアとして存続していたイー・モバイルもソフトバンクに買収され、全国規模の通信網を備える会社は3キャリアのみとなっています。

さらに統廃合が繰り返された結果、めぼしいキャリア候補も国内には残っていません。

今まではキャリアの設備をレンタルしていたような状況ですが、今後楽天はどのように携帯事業を展開していくつもりなのでしょうか。

現在、楽天モバイルの契約者は140万契約程度です。フリーテルを買収したことにより、MVNO全体の顧客数を見れば楽天が最大手になることは間違いありません。しかし3キャリアの契約者数は桁が違っています。ドコモで7000万超契約、auは4000万超契約、ソフトバンクでも3900万契約ほどの顧客を持っています。

楽天モバイルの利用者層は格安でスマホを運用したい方がメインのため、同じ楽天系列と言ってもそれを全てキャリアに呼び込むことは難しいでしょう。

楽天の初期目標は、1500万人程度の顧客獲得です。現在のソフトバンクの半分以下ですから、無謀な挑戦ではないかもしれません。携帯キャリア全体のシェア割合で言えば、10%に到達するかどうかと言ったところです。

三木谷社長がツイッターで発表している内容によると、安価で使いやすいサービスを目指すとあるため現在3キャリアを利用している層や、格安SIM利用者で速度に不満を持っている層を狙っていることは確かです。

ソフトバンクの契約者割合の推移

ソフトバンクがボーダフォンを買収したのは2006年のことです。2008年には3キャリア内で2割程度のシェアを獲得しています。これはボーダフォンを買収したことで、そのまま顧客を引き継いだことに起因しています。その後ソフトバンクは2017年時点でも27%程度のシェアを得ています。大幅な伸び幅ではありませんが、最初からある程度の顧客を引き継いだことで経営がスムーズに進んだ点は大きいでしょう。

また、日本で初めてiPhone(iPhone 3G)を取り扱ったキャリアでもあり、それを機にMNPしたユーザも少なくありません。

ソフトバンクは、全国でほぼ一定のシェアを得る2キャリアとはやや様相が異なります。地域ごとにシェア割合が異なっており、北陸地方では他のキャリアより高いシェアです。その代わり、別のエリアではシェア割合が10%を切っているところもあります。

2017年でもその傾向は顕著です。ドコモは全体のシェア割合では以前ほどの勢いはありませんが、それでも4割以上のシェアを保っています。もちろん契約者数が減っているわけではありません。通信費が高くても特に問題を感じていない層を楽天に新しく引き込むのは難しいでしょう。

楽天はMVNOで140万人ほどの顧客を獲得していますが、これはそのまま引き継げるものではありません。一から顧客獲得に努めなければならない以上、厳しい戦いになることは明らかです。もちろん携帯事業参入を明言し、低価格帯のサービスを提供すると打ち出している以上何らかの方法はすでに見出しているはずです。

楽天はさまざまなサービスを展開しており、楽天会員の数は9000万人を誇ります。この点を考えると、楽天サービスとコラボレーションした企画を打ち出してくることも考えられます。楽天ポイントを支払いに使えるなど、他社にはないメリットは得られそうです。

通信事業者としての責務

単にトライする、目標を掲げるだけでは済まないのがMNOです。様々な責務がついて回ります。
例えば、急にユーザーが増えたので繋がりませんでした、機器の不具合で繋がりませんでした、災害で繋がりませんでしたは許されない社会的責任が付きまといます。

あなたにおすすめ

失敗できない!人気アプリの機種変更時データ移行方法【iPhone/Android】... 目次 iPhoneはiTunesで簡単にデータ移行できる SNSのデータ移行 LINEと各種LINEサービス・LINEゲーム ...
スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】... 機種変更や故障など、スマホを新しくする場合にLINEの引き継ぎが必要です。 特に故障してしまうと、引き継ぎ設定をしていなくて困ってしまう人も結構います。 そう、LINEはデータの引き継ぎできるように事前準備をする必要があるのです。 ...
ドコモ・au・ソフトバンクの学割|どこが安いか徹底比較【2018年】... スマホキャリア各社が2018年の学割を開始しています。 子どもにスマホを持たせようと考えている方は、そろそろ内容を調べようと考えているのではないでしょうか? 料金プランがどんどん改定され、学割の内容も毎年違います。 全部のキャリア...
Xperia XZ2レビュー|最高のAndroidの名に恥じぬ評価とスペック... Xpeiraは3キャリア全てが取り扱う大人気機種です。 そのXperiaシリーズ最新モデルXperia XZ2の発売が開始されました! 毎回最高スペックで構成されたモデルなので、機種選びに迷ったらXperiaを選べば間違い無いで...