機種変更前に必ず!必読のアプリ別バックアップと復元方法

機種変更前に必ず!必読のアプリ別バックアップと復元方法
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

機種変更後に対象機種だった場合は、IDやパスワードなどがあれば今までどおり引継ぎが可能です。

ドコモのサービスの引継ぎ

ドコモの有料サービスを利用している場合も、対象機種外にならない限り引継ぎが可能です。

アプリ内で継続処理が必要なものもありますが、基本的には機種変更後の手続きで問題ありません。

その他のアカウント

おサイフケータイ

おサイフケータイを利用している場合は、利用しているサービスごとに機種変更前に操作が必要かどうかが異なります。
例えば、楽天Edyの場合だと機種変更前にオートチャージやポイント設定の解除が必要で、残高を移行しなければなりません。
この作業には機種変更前の機種が必要になるため、端末が手元に残る状態でWifiを利用できるなら機種変更後でも対応ができます。

ANAやJALのサービスは、旧機種のデータを削除し新機種で新たに設定をし直します。

スタバのカードサービスなどは旧機種での手続きが必要ありません。

おサイフケータイ対応のサービスは数が多いため、まずは自分のサービスの公式サイトを確認することが大切です。

Google

Googleアカウントは、メールアドレスとパスワードで管理されています。

そのため新しい端末になった時にメールアドレスとパスワードを覚えていれば同期処理が可能です。

Androidアプリの場合

Androidを利用している場合は、Google Playを利用してアプリをインストールしているはずです。

もしゲームなどでデータを引き継ぎたい場合は、機種変更前に各アプリで必要な作業を行う必要があります。基本的にAndroid同士であれば引継ぎ自体は問題ありませんが、アプリの対応機種外であれば利用することはできません。

購入履歴の引継ぎ

Google Playの履歴は、Googleアカウントに紐付いています。そのためアカウントを変更することがなければ、そのまま購入履歴を引き継ぐことが可能です。

特に別途バックアップ処理は必要ではありません。ただしAndroidからiOSへの機種変更を行う場合は、OSが異なるため購入履歴の引継ぎはできません。

購入履歴には有料アプリの購入状況が残っているため、機種変更後の端末から再度無料でアプリを利用することができます。

Googleアカウントにアプリデータを同期させる

機種変更後にアプリを個別ダウンロードするのが大変な場合は、事前に端末側の設定で自動ダウンロード設定ができます。

Apple Store関連の場合

iOSでは、機種変更時のアプリやデータ移行にiCloudやiTunesを使う方法があります。しかしiOS11に限り、自動セットアップ機能を利用してデータを移行することが可能です。

自動セットアップ機能を利用するためには、新しいiPhoneを起動させ言語と地域の設定を行います。

旧機種を近づけるだけで、お互いのiPhoneを認識するためApple IDのメールアドレスやパスワード、Wifi設定が移行できます。

また自動セットアップ機能を利用することで、iCloudやiTunesからのデータ復元作業も同時に行えます。

その他にも有料転送ツールを利用する方法もありますが、iPhoneは多くの転送ツールを備えているため無料でも十分に対応可能です。

購入履歴の引継ぎ

アプリの購入履歴は、Apple IDに紐付いています。そのためIDが変わっていなければ、そのまま購入履歴も引き継がれます。別途設定を行う必要もないので安心です。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。