毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

その他の機種では最低金額が1,499円~2,980円に設定されています。

スマートコミコミ+のプラン内容

スマートフォン本体の料金がコミコミで、3GB以上のプランにはSNS通信料が無料になるサービスが自動で付帯されます。
また10分かけ放題がセットになっています。

36ヶ月の割賦契約ですが、途中で機種変更する場合はペナルティがありません。
スマートコミコミ+の対象機種であれば特に制限なく、最新のものに機種変更が可能です。
2年目から金額が上がりますが、キャリアに比べると比較的安い金額のため毎月の支払いを軽減しながらスマホを使いたい方に向いているプランです。

ただしFREETELのとりかえ~るにはひとつ欠点があります。
あくまでも取り替えのため、古いスマホは返却しなければなりません。古いスマホも使い続けたい方にとっては利用しづらいプランです。
その代わり完全に壊れている場合も取り替えが可能になっているので、スマホを壊してしまった時も安心です。

とは言えFREETELで取り扱われているスマホは格安スマホがメインです。
アウトレットで値下がりすれば1万円前後で販売されていることもあるため、どうしてもスマートコミコミ+に加入しなければならないことはないでしょう。
安い格安スマホを購入するつもりであれば、通常のデータ定額プランと端末保証を組み合わせても良いでしょう。

では12ヶ月経過後に機種変更する場合の金額を見ておきましょう。

RAIJINで契約した場合

2GB→月額2,180円
1年間の通信量 26,160円
RAIJIN 定価29,800円(キャンペーンで24,800円に値下がり中)
通信量や通話料込みで26,160円支払った段階で機種変更ができるので、金額面ではお得です。
スマートコミコミ+は3年間の利用が必須のため、2-3年目の料金も確認しておきましょう。

2GB→3,680円
2-3年目の通信量 88,320円
この間に1回機種変更が可能。
3年間で解約すると考えると29,800円相当の機種を2回交換でき、3年間で114,480円の支払い総額になります。

ではスマートコミコミ+ではなく、一般的なプランで計算してみましょう。

定額プラン

音声通話3GB 1,600円
10分かけ放題1,499円

月額3,099円
1年目の金額は上がりますが、3年間で111.564円です。

2回29800円相当の機種を購入すると考えると、59600円が別途かかります。
3年間の支払い総額は171,164円になります。1ヶ月の料金はスマホ代込みで4,754円です。

手元に古い機種が残るため、利用する端末を増やしたい方や予備のスマホを持っておきたい方はこの方法でも問題ありません。
ほぼ機種代金がプラスされるだけなので、損にはならないでしょう。

またスマートコミコミ+とは異なり、かけ放題も1分かけ放題、5分かけ放題、10分かけ放題と必要なものをセットできます。

第2位 ドコモ

ドコモでは2017年9月から「機種変更応援プログラムプラス」が利用できるようになっています。
プログラム利用料は無料です。12ヶ月以上プログラムを継続し、13ヶ月目以降に機種変更を行うことで特典が手に入ります。

加入対象機種はiPhone8 iPhone8 Plus iPhone Xの3種のみですが、その分還元額が大きいことが特徴です。
iPhone Xを13ヶ月目に機種変更した場合、60,000円分のポイントが還元されます。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。