毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

1年間で買い替えを行いたい場合には、13ヶ月目以降に24ヶ月目まで支払う分の差額を払えば、機種変更が可能です。
支払う金額が増えるわけではなく前払いになるだけなので、端末代金は1年でも2年でも半額になります。

iPhone8の場合の端末代金計算

機種代金(定価)
64GB 94,320円 256GB 112,560円

「月月割」適用
64GB -38,520円 256GB -38,520円

「半額サポート for iPhone」
64GB -47,160円 256GB -56,280円

機種代金の実質負担額
64GB 8,640円 256GB 17,760円

ソフトバンクの料金プラン

スマ放題ライト(5分かけ放題)
月額1,700円

スマ放題(時間無制限)
月額2,700円

ウェブ使用料
月額300円

データ定額ミニ(2GB)
月額3,500円

機種変更先取りプログラム
月額300円

月額6,100円~

3年間利用する場合の合計額219,600円+機種代金の実質負担額
(ソフトバンクの場合2年ごとの更新になるため、4年間の契約が必要)

ソフトバンクはキャリアのため、毎月の月額費用は高くなりがちです。

ただし最新のスマホが実質半額で購入できるなど、毎年最新スマホに買い替えを考えている方には有利です。
元々の機種代金が10万円程度の機種が多数扱われているため、半額で購入できるだけでも50,000円ほどの割引になります。

ソフトバンクでは、機種変更時に下取りプログラムを活用すると更にお得です。
下取りする機種によって特典の金額は異なりますが、最新機種に近いものほど高額で下取りが可能です。

AndroidよりもiPhoneの方が下取り額が高くなりますが、最高で40,800円の還元が受けられます。

特典は2種類あり、毎月の値引きとプリペイドバリューチャージです。
古い機種は使わないと言う方に限りますが、毎年機種変更を行うと実質無料で機種を手に入れることも可能です。

下取りは正常に動作するものだけですが、ソフトバンクの場合故障端末でも「故障端末買取キャンペーン」の対象になればTポイントがもらえます。
ただしこの場合は最大9,000ポイントとなります。

第3位 au

auには、ソフトバンクと同様の買い替えサポートプログラムが用意されています。
支払い方法が異なるだけでほぼサービスや料金のお得さに変化がないため同率3位としています。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。