毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

ソフトバンクの料金プラン

スマ放題ライト(5分かけ放題)
月額1,700円

スマ放題(時間無制限)
月額2,700円

ウェブ使用料
月額300円

データ定額ミニ(2GB)
月額3,500円

機種変更先取りプログラム
月額300円

月額6,100円~

3年間利用する場合の合計額219,600円+機種代金の実質負担額
(ソフトバンクの場合2年ごとの更新になるため、4年間の契約が必要)

ソフトバンクはキャリアのため、毎月の月額費用は高くなりがちです。

ただし最新のスマホが実質半額で購入できるなど、毎年最新スマホに買い替えを考えている方には有利です。
元々の機種代金が10万円程度の機種が多数扱われているため、半額で購入できるだけでも50,000円ほどの割引になります。

ソフトバンクでは、機種変更時に下取りプログラムを活用すると更にお得です。
下取りする機種によって特典の金額は異なりますが、最新機種に近いものほど高額で下取りが可能です。

AndroidよりもiPhoneの方が下取り額が高くなりますが、最高で40,800円の還元が受けられます。

特典は2種類あり、毎月の値引きとプリペイドバリューチャージです。
古い機種は使わないと言う方に限りますが、毎年機種変更を行うと実質無料で機種を手に入れることも可能です。

下取りは正常に動作するものだけですが、ソフトバンクの場合故障端末でも「故障端末買取キャンペーン」の対象になればTポイントがもらえます。
ただしこの場合は最大9,000ポイントとなります。

第3位 au

auには、ソフトバンクと同様の買い替えサポートプログラムが用意されています。
支払い方法が異なるだけでほぼサービスや料金のお得さに変化がないため同率3位としています。

機種代金が最大半額になるサービスで、毎年買い替えを行う方の場合は「アップグレードプログラムEX(a)」がぴったりです。

iPhone8 64GBを購入した場合の料金シュミレーション

auピタットプラン(使った分だけ段階制で通信料金が増えます)
スーパーカケホ(5分かけ放題)の場合
~2GBまで使うと月額7,568円です。
auのネット回線を使っていればスマートバリューで500円の割引がありますが、ソフトバンクよりもやや月額料金が高くなるのは機種代金を12回に分けて支払っているからです。

機種変更時に差額支払いがない分、機種変更が行いやすいことが特徴です。

auでも下取りプログラムが用意されています。

最大の下取り金額は40,500円です。割引方法は本体価格からの割引または、au利用料金から分割して割引の2種から選択が可能です。

またiPhoneに限り、iPhone交換プログラムが利用できるため、下取り額にプラスしてau WALLET プリペイドカードに最大5,000円のキャッシュバックが受けられます。

FREETELのとりかえ~るとの違いは、正常に動作するスマホが下取り対象になっていると言うことです。

あなたにおすすめ

MNP(ナンバーポータビリティ)とは?機種変更との違いや注意点を徹底解説!... 「MNPをすると安く買える。」といった話はよく聞くものの、今までMNPをしたことがない方にとってはピンと来ないことだと思います。 MNPとは、「ナンバーポータビリティ」の略で、電話番号を変えずに他の携帯会社へ乗り換えることです。 ...
ドコモオンラインショップでMNPにかかるお金&時間を節約!... MNP時の登録手数料がゼロ円になった 46歳 自営業 男性 Xperia XZ Premium 2018年3月、docomoの携帯を機種変更する際にドコモオンラインショップを利用しました。その際に感じた...
ソフトバンクからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順... iPhoneが日本で発売された時は多くのユーザーがドコモからソフトバンク、またはauからソフトバンクへMNP(乗り換え)しました。 それだけiPhoneの影響が大きかったのです。しかし今ではドコモも右に倣えでiPhoneを販売していま...
携帯乗り換え(MNP)で16万円得するテクニックと5つのポイント... 携帯のメールアドレスが変わるのが嫌で、他社に機種変更(MNP)するのを躊躇っていた人も、最近はLINEなどメッセージアプリでのやり取りが主流になり、メアドの足かせはなくなってきています。 そうなると、やはり気になるのは少しでもお得にな...