毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

毎年最新機種に乗り換えたい人のオススメキャリア|トップ3

各社のメリット・デメリット

FREETELで毎年スマホを買い換えるメリット

・下取り前提なら「とりかえ~る」でスマホ代金コミコミ
・キャリアに比べて維持費が安い
・スマホ代金が安い
・古い機種を残しておきたい場合は通常プランでもそれほど割高にならない
・スマホが壊れても取り替えOK

FREETELで毎年スマホを買い換えるデメリット

・話題の最新スマホは取り扱いがない
・2万円前後のスマホを選ばないとキャリアと料金がそれほど変わらない

ドコモで毎年スマホを買い換えるメリット

・最新iPhoneの機種変更に対するサポートが手厚い
・最大で60,000円分のdポイントが還元される

ドコモで毎年スマホを買い換えるデメリット

・月額料金が割高
・下取りしないと還元が受けられない(正常に動作する機種のみ)
・最新iPhone以外の機種は他のキャリアと同じ程度の還元額

ソフトバンクで毎年スマホを買い換えるメリット

・月額料金が抑えられる
・機種変更のサポートを受けなかった場合はプログラム料が返還される
・還元額は少ないが、故障端末買取キャンペーンもある

ソフトバンクで毎年スマホを買い換えるデメリット

・13ヶ月目で機種変更を行う場合は、その時点で差額支払いが必要
・下取りが条件(正常に動作する機種のみ)

auで毎年スマホを買い換えるメリット

・auピタットプランは使った通信量に応じて金額が変わるため、通信量が少ない場合は金額が抑えられる
・1年で機種変更する場合は12ヶ月の分割払いのため、機種変更時の差額支払いが不要

auで毎年スマホを買い換えるデメリット

・下取りが条件(正常に動作する機種のみ)
・やや月額料金が高め
・還元額がやや少ない

毎年スマホを買い換える人がお得なプランまとめ

毎年スマホを買い換える場合は、キャリアの還元が手厚いため3キャリアを利用してもそれほど損ではありません。
特に最新にこだわる方は、3キャリアの利用が最適です。

ただし機種の下取りが条件になっていることが多いため、手元に古い機種が残らないと言う問題もあります。
また月額料金を機種代金込みで5,000円以下に抑えたい方や、スマホのスペックにそこまでこだわらない方はMVNOの方が料金を抑えられます。

MVNOで機種変更のサポートを行っている会社はFREETELが知られていますが、こちらも下取りが条件です。
ただし故障や破損でも対応可能なため、キャリアの下取りよりも条件がゆるくなります。

あなたにおすすめ

MNP(ナンバーポータビリティ)とは?機種変更との違いや注意点を徹底解説!... 「MNPをすると安く買える。」といった話はよく聞くものの、今までMNPをしたことがない方にとってはピンと来ないことだと思います。 MNPとは、「ナンバーポータビリティ」の略で、電話番号を変えずに他の携帯会社へ乗り換えることです。 ...
ドコモオンラインショップでMNPにかかるお金&時間を節約!... MNP時の登録手数料がゼロ円になった 46歳 自営業 男性 Xperia XZ Premium 2018年3月、docomoの携帯を機種変更する際にドコモオンラインショップを利用しました。その際に感じた...
ソフトバンクからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順... iPhoneが日本で発売された時は多くのユーザーがドコモからソフトバンク、またはauからソフトバンクへMNP(乗り換え)しました。 それだけiPhoneの影響が大きかったのです。しかし今ではドコモも右に倣えでiPhoneを販売していま...
携帯乗り換え(MNP)で16万円得するテクニックと5つのポイント... 携帯のメールアドレスが変わるのが嫌で、他社に機種変更(MNP)するのを躊躇っていた人も、最近はLINEなどメッセージアプリでのやり取りが主流になり、メアドの足かせはなくなってきています。 そうなると、やはり気になるのは少しでもお得にな...