海外でクレカを利用するあなたに伝えたいこと

海外でクレカを利用するあなたに伝えたいこと

Hello! 大谷です!
みなさんは海外でクレジットカードを使用しますか?

現金からカード利用へ

昔はスキミングなどの不正が怖くて使わなかったのですが、最近は両替を少額にして、カードを使用するようにしています。

というのも、以前パリで両替した際に紙幣は高額紙幣のものが大半でした。
ヨーロッパでは両替はもちろんのこと、高額紙幣を出すと断られてしまうケースがあります。
そこで小銭をかき集めて払った所もっと嫌な顔をされました(#^ω^)

こういった理由と、あとはですね…海外のお金に慣れていないからか、レジに表示されてもどの紙幣を出したら良いかパッとわからないんですよね。

日本のように「●●円になります。」とかそういったことも言ってくれません。無言です。
なので、非常に会計でもたついてしまいます。

前置きが長くなりましたが、以上の理由から最近は海外でもクレジットカードを利用するようにしています。

国の選択に注意!

そこで、私はVisaを利用しているのですが、サインをする際になぜか、国を選択せよ、という画面が表示されます。

なんのこっちゃわかりませんでした。

日本の旗と現地の旗が出ている為、「あなた日本人?」って聞かれているのかと思っていました。
そして、「そうだよ!」とJapanを選択していました。

でもこれそうじゃないんです。ここが落とし穴で、うっかりJapanを選択すると支払う額で大幅に損をする場合があります。

なぜかというと…

この質問はそもそもどちらの通貨で支払うかを聞かれています。

例えば、100$の商品があったとします。

日本円ですと約11,250円ですね(2017/2/6現在)

ここでカード支払いをして現地の通貨を選択すればカード決済時のレートで計算されます。(これも為替の変動で良くも悪くもありますが)

しかし日本の通貨での支払いを選択すると、店独自のレートで計算されてしまいます。
このレートが極端に悪い場合が多いです。

その為本来支払う金額は11,250円だったものが、場合によっては12,000円になったりそれ以上になったりということが起きてしまうのです。

…早く言ってよ。。。アンケートかと思ってたよ。
いやそもそもちゃんと読んでない(読めない)私が悪いのか。。

『当たり前ですけど?バカなの?』という誹謗中傷はご遠慮くださいませ。

まだ知らないあなたにこの記事が届きますように…。

コメント