海外出張や転勤でも安心して使える携帯キャリアへ乗り換え

海外出張や転勤でも安心して使える携帯キャリアへ乗り換え

mineo海外用プリペイドSIM(データパックチャージ)の対象地域

アジア
中国 香港 台湾 韓国 タイ

北米
アメリカ(アラスカ・ハワイも含む)

ヨーロッパ
ドイツ フランス スペイン イタリア オーストリア イギリス クロアチア チェコ オランダ ベルギー フィンランド ハンガリー ポルトガル スウェーデン スロベニア ポーランド デンマーク ルーマニア 
ブルガリア アイルランド スロバキア リトアニア、ギリシャ エストニア ラトビア キプロス ルクセンブルク マルタ スイス ノルウェー アイスランド セルビア

従量チャージの対象地域はデータパックチャージの対象エリアを含む100カ国以上です。

第3位 iijmio

iijmioではリーズナブルな料金で海外トラベルSIMを利用できます。
対象の42カ国で使用可能です。料金も一律に設定されているため、迷うことがありません。

メジャーな渡航先に出かける場合には、利用しやすいトラベルSIMです。
やや対象エリアが少なくなっていますが、その分料金は安く設定されています。
音声通話が30分ついているので、通話をメインに行う方にも最適です。

スタートパック(データ)
500MB 3850円

スタートパック(音声付き)
500MB 4600円

有効期間はどちらも14日間です。

リチャージ

データ量が足りなくなってきた場合には4つのタイプから選択してチャージが可能です。
リチャージはデータのみ→音声通話付きに変更もできます。

データのみ
リチャージ100
800円 有効期限1日
リチャージ500
3850円 有効期限14日

音声通話付き
リチャージ100
1000円 有効期限1日
リチャージ500
4600円 有効期限14日

各社で海外SIMを利用するメリット・デメリット

楽天モバイルで海外SIMを利用するメリット

・データ・通話ともに格安
・エリアが細かく分かれているので対象エリアごとの料金がはっきりしている
・楽天スーパーポイントが貯まる
・SIMホルダーなどの特典がもらえることも
・楽天モバイルの店舗や楽天市場でも取り扱い有
・渡航番号や日本番号など独自のサービスあり
・対象エリアが広い

あなたにおすすめ

MNP(ナンバーポータビリティ)とは?機種変更との違いや注意点を徹底解説!... 「MNPをすると安く買える。」といった話はよく聞くものの、今までMNPをしたことがない方にとってはピンと来ないことだと思います。 MNPとは、「ナンバーポータビリティ」の略で、電話番号を変えずに他の携帯会社へ乗り換えることです。 ...
ドコモオンラインショップでMNPにかかるお金&時間を節約!... MNP時の登録手数料がゼロ円になった 46歳 自営業 男性 Xperia XZ Premium 2018年3月、docomoの携帯を機種変更する際にドコモオンラインショップを利用しました。その際に感じた...
ソフトバンクからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順... iPhoneが日本で発売された時は多くのユーザーがドコモからソフトバンク、またはauからソフトバンクへMNP(乗り換え)しました。 それだけiPhoneの影響が大きかったのです。しかし今ではドコモも右に倣えでiPhoneを販売していま...
携帯乗り換え(MNP)で16万円得するテクニックと5つのポイント... 携帯のメールアドレスが変わるのが嫌で、他社に機種変更(MNP)するのを躊躇っていた人も、最近はLINEなどメッセージアプリでのやり取りが主流になり、メアドの足かせはなくなってきています。 そうなると、やはり気になるのは少しでもお得にな...