海外Wi-Fiレンタルでスマホをネットに接続する方法と注意点

海外Wi-Fiレンタルでスマホをネットに接続する方法と注意点

海外でスマホを使う方法は様々あります。その中でも今回紹介するのはWi-Fiルーターをレンタルしてスマホをインターネットに接続する方法です。

初めて海外でスマホを使う方にもわかりやすいように、Wi-Fiの準備の方法、日本にいる間に準備すること、現地に着いたらするスマホの設定などを解説します。また、他の方法と比べてのメリットや注意点も同時に説明します。

まずは、海外でスマホをインターネットに接続する大まかな方法から見ていきます。

1 海外でスマホをインターインターネットに接続する方法

海外でスマホをインターネットに繋げるにはいくつか方法があります。そのうちの1つが海外Wi-Fiルーターをレンタルする方法です。この海外Wi-Fiレンタルを簡単に説明すると、現地でスマホをインターネットに接続するために、海外で使えるWi-Fiルーターをレンタルする事です。

海外Wi-Fiルーターのレンタル方法

おすすめは事前にインターネットでお申し込み予約する方法です。サイトによって細かい所は違いますが大方の流れは同じです。手順を紹介します。

  1. Wi-Fiに接続するスマホの種類とWi-Fiを接続する期間と行き先を入力
  2. 注文後Wi-Fiルーターが自宅又は空港の受付カウンターに届く
  3. 返却は空港で返却boxへ返す

事前にインターネットで申し込みせずに、空港でレンタルの受付をする事も可能ですが、混み合っていたり、機器が全てレンタルされている場合もありますので、事前に申し込みされる事をおすすめします。

海外のWi-Fiレンタルをする3つの注意点とは?

海外のWi-Fiレンタルを行う際の注意点は主に3つです。

  • 国際ローミングエリアで有る事を確認
  • スマホとの接続方法をしっかり憶え高額請求を避ける
  • 海外Wi-Fiルーターの取り扱い方やインターネット範囲を理解

海外のWi-Fiレンタルするにあたって知っておきたい単語

データローミング

データローミングとは、日本国内の携帯電話会社の電波が届かない場所で、各社が提携する現地の携帯電話会社のネットワークを使って通信を行う機能のこと。利用する際は新たにプランを契約する必要がない。
ただし、海外の携帯電話会社では日本の定額制プランが適用されないので、高額な請求が発生する場合がある。対策としては、データローミングをオフにして通信そのものをオフにするか、海外専用の定額使い放題プランに加入するといい。

引用元:データローミング | 用語集 | KDDI株式会社

国際ローミング

海外事業者の設備を利用をして、国内でスマホを利用していた時と同様又は、一部のサービスを受けられる事を指します。国際ローミングエリアとはそのサービスを受けられる範囲を指します。

モバイルデータ通信

モバイルデータ通信とは、3Gとか4Gといったパケット通信回線のことです。データ通信をするのに、Wi-Fiが使用できない時にこの通信回線を使用してデータの送受信を行っています。そのためWi-Fiが接続されていない状態でインターネットを使用すると、パケット代がかかり料金が高くなります。日本にいる時と一緒です。

スマホではこの、モバイルデータ通信の表記は3Gや4Gの表記で画面の上部に表されています。

3Gや4G

使用できる通信料の単位を表しています。1ヶ月あたりの大体の使用量は下記のとおりです。

3G:約30,72MB
4G:約40,96MB

具体的な使用例をだすと、3Gだと1ヶ月にYouTube動画を12時間以上視聴可能なくらいです。

高額請求にならないためには、データローミングをオフにして通信そのものをオフに設定することが大切です。
では、次に海外でスマホをインターネットに接続するための方法をiPhoneとAndroidに分けて説明していきます。