海外Wi-Fiレンタルでスマホをネットに接続する方法と注意点

海外Wi-Fiレンタルでスマホをネットに接続する方法と注意点

4 海外Wi-Fiルーターの主な説明と取り扱い方法

Wi-Fiルーターの充電時間はWi-Fiルーターに接続するスマホの台数によって異なりますが、5時間前後と考えられます。Wi-Fiルーターの充電を減らさない為にインターインターネットに接続しない時は小まめにWi-Fiルーターの電源を切ることをおすすめします。

Wi-Fiルーター機器のバッテリーの消耗が早い事を補う為にモバイルバッテリーをご利用する事もおすすめです。特に複数人でWi-Fiルーターを使用される場合は必要になってきます。

モバイルバッテリーとは?

モバイルバッテリーはWi-Fiルーターを充電する為のコンセントの要らない電池式の充電器具です。モバイルバッテリーはWi-Fiルーター用以外にも携帯電話用やパソコン用などその使用する用途に合わせて販売されているのでとても便利な機器です。電池式ですので、電池を変えるだけでまた使用可能です。

これは、海外でルーターの電源が切れてしまってもモバイルバッテリーを持っていれば、安心ですね。

Wi-Fiルーターの接続が可能な範囲は?

一般的に、半径5メートル前後と言われています。
しかし、Wi-Fiルーターとスマホの間に建物や壁がある場合は電波を遮断してしまうので、接続出来ない可能性があります。その辺りは把握しておく必要がありますね。

通信速度はどのぐらい?

通信速度は訪れる国の環境やインターネットワークによって違います。これは、どの国にいても同じ事ですが、山間部にですとインターネットワークが繋がりにくくなり、圏外になります。実際に使用すると、国際ローミングエリアの山間以外で有ればストレス無くインターネットをお使い頂けます。

さて、海外ルーターについては深くご理解頂けたと思いますので、海外ルーターを迷っている方の為にもう一歩踏み込んで、メリットとデメリットもご紹介しますね。

5 海外Wi-Fiレンタルするメリット

セキュリティがしっかりしている
フリーのWi-Fiスポットを使えば無料でネットに接続できますが、セキュリティはザルです。個人情報などの重要なデータをやりとりする場合は海外Wi-Fiレンタルが安全でおすすめです。

通信速度が安定している
現地の回線を利用するため、安定した通信を行うことができます。

1つで複数人がネットに接続できる
海外で使用するルーターを1台借りておけば、複数人でシェアすることができます。海外Wi-Fiルーター代をみんなで割り勘にすれば費用も安く済ませられます。

6 海外Wi-Fiレンタルするデメリット

充電状況に気を配る必要がある
1つしかない場合これの充電がなくなると、みんながネットに接続できなくなります。毎日充電しモバイルバッテリーも持ち歩けば万全です。

定額=使い放題ではない
定額と聞くと一見使い放題と思いがちですが、相場は大体300MB/日くらいです。普通に使う分には問題ありません。海外にいる間は長時間の動画の閲覧などは控えましょう。

荷物が1個増える
単純に近くにないと使えないため、どこに行くにも持ち歩く必要があります。そんなに重いわけないので大したデメリットではありません。ただ忘れるとネットに接続できなくります。

手続きが必要
1章のフローで説明しましたが、事前にインターネットなどで申し込みをして、受け取っておく必要があります。