無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を試してみた

無料SSL証明書「Let’s Encrypt」を試してみた

WEBアプリを開発する上でSSLの環境が欲しい場合は結構あります。

でも開発環境のためだけにお金払ってSSL証明書を発行するのって結構ばからしいです。
最近は「オレオレ証明書」が使えないブラウザも増えてきていますし。

でもSSLの環境が欲しい!ということで無料のSSL証明書「Let’s Encrypt」を試してみました。

Let’s Encrypt導入手順

環境

ubuntu 14.04.3

手順

必要なモジュールをインストール

mod_sslを有効にする

Let’s Encrypt Clientをgithubからclone

依存パッケージをインストール

※最初はdebugつけないと怒られるかも

証明書の作成、設定

クライアントが起動します
image13

SSL証明書を発行するドメインを入力します。
image05

連絡用のメールアドレスを入力します。
image14

規約を読んで承諾します。
image15

すべての接続をHTTPSにリダイレクトするかどうかを選択します。
image11

おめでとう!
image10

ブラウザで確認
image09

HTTPS接続で表示されました。

サブドメインでの利用ができなかったり、証明書の有効期間が90日間と短かったり(自動更新設定も可能)と制限はありますが、SSLの環境が必要なときには非常に便利です。

是非お試し下さい。

コメント