知られざる開発者用コードネームあれこれ ~Windows OS/Mac OS編

知られざる開発者用コードネームあれこれ  ~Windows OS/Mac OS編

「デザート・ストーム」と呼ばれた男、約みつるです。

偶然にも湾岸戦争でアメリカ軍が実行した「砂漠の嵐」作戦と同じコードネームですが、僕の場合はあんみつ(デザート)を嵐のように食べこぼす様から付いた名前。

アメリカの作戦本部長も同じように食べこぼしていたのかもしれませんが。

さて、「iOS 10」や「Mac OS Sierra」のリリースに悲喜こもごもだったIT業界ですが、OSアップデートは何も今年に限った話でなく、もはや慣例行事だったりもします。
そして今年はなんと言っても「Windows 10」の強制アップデートが話題になりました。

通常、ナンバリングされているOS名ですが、こうもアップデートが繰り返されていると、開発段階で「コードネーム」が常用化されている現状にも頷けます。

今回のお題は『OSのコードネーム』。
今回は約みつるの一言コメントも合わせて、主要OSのコードネームをご紹介いたします。なお、和訳は直訳ばかりなので鵜呑みにしないように!!
(※開発中に頓挫したOSやベータ版OSについては割愛)

調べれば調べるほど青天井の世界でしたので、2回に分けてご紹介いたします。
初回は「Windows OS/Mac OS編」です。

さっそく行ってみよ~!

Windows OS

正式名称:Windows 1.0
コードネーム:Windows<ウインドウズ、窓>
→開発当初は「Interface Manager」というコードネームだったのだとか。

正式名称:Windows 2.0
コードネーム:Windows 286<特になし>
→「Intel 80286」のバグを利用してメモリ環境を改善。末尾「286」から取ったのかな。

正式名称:Windows/386
コードネーム:Windows 386<特になし>
→「Intel 80386」搭載向けマシンに作られたOSなんですね。

正式名称:Windows 3.0
コードネーム:Windows 3.0<ウインドウズ3.0>
→もうそのまんまですね。

正式名称:Windows 3.1
コードネーム:Janus<ヤヌス>
→ギリシア神話の出入り口と扉の神。ウインドウズ(窓)にかけているのでしょうか。

正式名称:Windows for Workgroup 3.1
コードネーム①:Kato<加藤(日本人の姓名)>
→加藤? 開発者に日本人でもいたのでしょうか?
コードネーム②:Sparta<スパルタ(古代ギリシア時代の都市国家名)>
→ギリシア神話「ヤヌス」からギリシア古代都市へ。関連性は少しあるかな。

正式名称:Windows for Workgroup 3.11
コードネーム:Snowball<雪玉>
→前回のマイナーアップデートなのかもしれませんが、まったく関連性が見えず。

正式名称:Windows 95
コードネーム:Chicago<シカゴ(イリノイ州の最大都市名)>
→Windows9x系は都市の名前。どういう経緯で選定されたのかは不明。

正式名称:Windows 95 OSR 2
コードネーム:Detroit<デトロイト(ミシガン州南東部の都市名)>
→自動車の街としても有名ですね。ちなみに犯罪都市としても有名!

正式名称:Windows 98
コードネーム:Memphis<メンフィス(テネシー州西部の都市名)>
→開発中止になった「Windows 96」のコードネームは同じテネシー州の「ナッシュビル」だとさ。

正式名称:Windows ME
コードネーム:Georgia<ジョージア(アメリカ南東部にある州名)>
→いきなり都市名から州名に。ひょっとしたらジョージア(旧国名:グルジア)!?

正式名称:Windows NT 3.1
コードネーム:Windows NT<Windows New Technology>
→ただし「Windows 2000」のブート画面内に「NT Technology」の重複表記が…

正式名称:Windows NT 3.5
コードネーム:Daytona<デイトナ(フロリダ州デイトナビーチの略称)>
→急に規模感縮小。ビーチですか……。

正式名称:Windows NT 3.51
コードネーム:Cairo<カイロ(エジプトの首都名)>
→ついにアメリカから離れちゃいました。でもどうしてエジプトなのさ!

正式名称:Windows NT 4.0
コードネーム:Shell Update Release<特になし>
→実は「NT 3.51」からシェルだけを替えただけの構造なんだとか…。

正式名称:Windows 2000
コードネーム:NT 5.0<特になし>
→NTシリーズの一環として考えていたんでしょうね。

正式名称:Windows 2000 Service Pack 1
コードネーム:Asteroid<小惑星>
→なんかかっこいい。どうしちゃったのマイクロソフト。

正式名称:Windows XP
コードネーム:Whistler<ウィスラー(カナダの都市名)>
→バンクーバーでもなく、ウィスラー。失礼ながら存じてない都市てす。

正式名称:Windows XP Tablet PC Edition
コードネーム:Lone Star<テキサス州>
→州の旗が星1つであることからテキサス州はローンスターと呼ばれるそうです。
なぜ、コードネームがテキサスなのかは謎。

正式名称:Windows XP Media Center Edition
コードネーム:eHome<電子化された家>
→テレビやデジタルオーディオ機器の機能を付加した仕様だからですね、きっと。

正式名称:Windows XP Media Center Edition 2003
コードネーム:Freestyle<フリースタイル、自由形>
→この仕様で引きこもりになっても“自由”だよ、というマイクロソフトの気遣いですね。

正式名称:Windows XP Media Center Edition 2004
コードネーム:Harmony<調和、ハーモニー>
→やっぱり引きこもり過ぎはダメ。家族ぐらいとは調和をとりなさいというメッセージ?

正式名称:Windows XP Media Center Edition 2005
コードネーム:Symphony<交響曲、シンフォニー>
→ハーモニーからの語感を引用しただけでしょうね。そう考えると安っぽいかも。

正式名称:Windows XP Media Center Edition 2005 Update Rollup 2
コードネーム:Emerald<エメラルド、翠玉>
→ダイヤモンドではないあたりにマイクロソフトの奥ゆかしさを感じますw

正式名称:Windows XP Service Pack 1
コードネーム:Trainyard<不明>
→車両基地。「Railyard」の文字違い……

正式名称:Windows XP Service Pack 2
コードネーム:Springboard<跳躍板、出発点、キッカケを与えるもの>
→さすがに跳躍板じゃないですよね。体操している仲本工事しか思い浮かびません。

正式名称:Windows Fundamentals for Legacy PCs
コードネーム:Eiger<アイガー(スイスにあるアルプスの高峰名)>
→アルプスの三大北壁の一つですが、滑落死も多い。大丈夫か!?

正式名称:Windows Server 2003
コードネーム:Whistler Server<XP(=Whistler)のサーバ>
→ウィスラーはXPのコードネーム。間違っても「口笛を吹く人」と訳しちゃダメです。

正式名称:Windows Home Server
コードネーム:Quattro<4(イタリア語、スペイン語、ポルトガル語共通)>
→何が4なんですかね。まさか「Pentium 4」を推奨しているから!?

正式名称:Windows Vista
コードネーム:Longhorn<ロングホーン(角の長い家畜牛)>
→カナダにあるレストラン名の模様。千葉県にある焼肉屋「ロングホーン」とは無関係!

正式名称:Windows Server 2008
コードネーム:Windows Server Longhorn<Vista(=Longhorn)のサーバ>
→もはや正式名称よりコードネームの方が長いです。

正式名称:Windows Vista Service Pack 1
コードネーム:Fiji<フィジー共和国(オセアニアにある国家)>
→急にどうした? なお、Appleの最新プロセッサ「A10」も通称フィジーでしたね…

正式名称:Microsoft Windows 7
コードネーム①:Blackcomb<ブラッコム(ウィスラーに隣接する山)>
→はいはい、カナダ押しなのですね。
コードネーム②:Vienna<ウィーン(オーストリアの首都)>
→カナダから急にウイーンとか言われても……。

正式名称:Microsoft Windows 8
コードネーム:8<8>
→へ!? そりゃ「8」ですよね。もう面倒くさくなっちゃったんですね……。

正式名称:Microsoft Windows 8.1
コードネーム:Windows Blue<ウインドウズブルー>
→「キタノブルー」みたいなものでしょうか。Windowsは青いですが、今までだって…

正式名称:Microsoft Windows 10
コードネーム①:Threshold<入口>
→原点回帰的なコードネームですね。面白みは皆無ですが。
コードネーム②:Redstone<アメリカにある地名>
→アメリカには3洲にある地名(ペンシルバニア、コロラド、ニューハンプシャー)。
どこのRedstoneなのかは不明。

■System/Mac OS(※Mac OSの名称は7.6から)

正式名称:System 7.0
コードネーム①:Blue<青>
→「Windows 8.1」より先に使っていたコードネームなんですね。
コードネーム②:Big Bang<ビッグバン(宇宙の膨張が始まった時点)>
コードネーム③:M80<M80(さそり座にある球状星団>
コードネーム④:Pleiades<プレアデス星団(おうし座の散開星団)>
→どれも天体じみていますね。こじらせたロマンチストが多かったのかな?

正式名称:System 7.0 Tune-Up
コードネーム:7-Up<セブンアップ(レモン風味のソフトドリンク)>
→正式名称を考えれば納得ですが、別の商品名になっちゃってますよ!

正式名称:System 7.0.1
コードネーム①:Road Warrior<ポータブルコンピュータユーザ>
→PowerBookへの対応がされたのがこのバージョンから。納得ですね。
コードネーム②:Beta Cheese<不明>
→フェタチーズという山羊の乳から作られるチーズなら知っているのですが……

正式名称:System 7.1
コードネーム①:Cube-E<電子化された立方体>
→「PowerMac G4 Cube」を彷彿させます。失敗作扱いされてますが。
コードネーム②:I Tripoli<トリポリ?(ギリシアの都市?/リビアの首都?)>
→「I」は男性名詞に付く冠詞なのですが、都市名につけるものなのか?

正式名称:System 7.1 Pro
コードネーム:Jirocho<次郎長>
→え、清水次郎長? そうとしか考えられません。。。

正式名称:System 7.5
コードネーム①:Mozart<モーツアルト>
→言わずと知れたオーストリアの作曲家ですね。由来はまったく分かりませんが。
コードネーム②:Capone<カポネ>
→「Windows 95(=Chicago)」を牛耳った「アル・カポネ」。シャレてます。

正式名称:System 7.5 Update 1.0
コードネーム:Danook<不明(コミック引用?)>
→アメリカの漫画家ゲイリー・ラーソン作「The Far Side」に関係するようです。

正式名称:System 7.5 Update 2.0
コードネーム:Thag<不明(コミック引用?)>
→実はこちらも出典元が「The Far Side」らしいのですが……。真偽の程は不明!

正式名称:System 7.5.2
コードネーム:Marconi<グリエルモ・マルコーニ(イタリアの発明家)>
→日露戦争で日本がマルコーニ無線を利用。しかしこのOSに無線機能は……、ないっ!

正式名称:System 7.5.3
コードネーム:Unity<結束、統一、団結>
→過去「System 7x」系列にあった大量のバグが解消したようで、仰々しい名前に。

正式名称:System 7.5.3 Revision 1
コードネーム:Buster<坊や>
→当時のAppleのCEO、ギル・アメリオのあだ名だったようですね。

正式名称:System 7.5.3 Revision 2
コードネーム:Son of Buster<坊やの息子>
→ギル・アメリオに息子がいたかは分かりませんが、単にVer.2ということでしょう。

正式名称:Mac OS 7.6
コードネーム:Harmony<調和、ハーモニー>
→おや、Windowsにも同じコードネームがありましたね。次は「シンフォニー」!?

正式名称:Mac OS 7.6.1
コードネーム:Ides of Buster<???の坊や>
→アイデスが分かりませんが、よっぽどアメリオは慕われていたのかもしれませんね。

正式名称:Mac OS 8.0
コードネーム①:Copland<コープランド(米国の作曲家)>
→突如として復活した作曲家シリーズ第2弾。アメリカ音楽に明るい方なら著名なハズ。
コードネーム②:Maxwell<マクスウェル(人名?)>
→いろんなマクスウェルさんがいらっしゃいますからね~。イギリスの作曲家かな?
コードネーム③:Tempo<テンポ、速さ、速度>
→「ハーモニー」からの音楽用語繋がりなのでしょうかね。

正式名称:Mac OS 8.1
コードネーム①:Bride of Buster<???の坊や>
→サウスカロライナ州にある橋「バスター・ボイド・ブリッジ」を文字ってるのか?
コードネーム②:Men in Black<メン・イン・ブラック(1997年公開の映画)>
→タイミング的にはピッタリなので。どこにインスパイアされたのかしら。

正式名称:Mac OS 8.5
コードネーム①:Allegro<アレグロ(急速に、テンポの速い曲)>
→再び音楽用語に戻りましたね。「テンポ」強化版のような印象を受けます。
コードネーム②:Scimitar<シミター(ペルシア人などが用いた三日月刀)>
→急に武器名ですか。ちなみにこのコードネームは「8.1」の可能性もあります。。。

正式名称:Mac OS 8.5.1
コードネーム:The Ric Ford Release<不明>
→Macのニュースサイト「マッキンタッチ」運営者名がリック・フォード。関係ある?
正式名称:Mac OS 8.6
コードネーム:Veronica<ヴェロニカ(ヨーロッパ系の女性名)>
→Appleの当時のリードプログラマー、ブライアン・ベクテル氏の叔母の名前のよう。

正式名称:Mac OS 9.0
コードネーム①:Gershwin<ガーシュウィン(米国の作曲家)>
→忘れたころの作曲家シリーズ。「ラプソディ・イン・ブルー」で有名な方ですね。
コードネーム②:Sonata<ソナタ、奏鳴曲>
→よっぽど音楽が好きなんですね。「iPod Hi-Fi」みたいなオブジェを出したクセに……。

正式名称:Mac OS 9.0.1 – Mac OS 9.0.4
コードネーム①:Duet<デュエット、二重唱>
コードネーム②:Minuet<メヌエット(ヨーロッパの宮廷舞踊)>
→双方の語感が似ているだけで、まったく意味合いの異なる音楽用語ですね。

正式名称:Mac OS 9.1
コードネーム:Fortissimo<フォルテッシモ、きわめて強く>
→ハウンドドッグの代表曲を想像してしまうのは日本人だけですよ!

正式名称:Mac OS 9.2
コードネーム:Moonlight<月光、月明かり>
→ハウンドドッグに「ムーンライト&シャンパン」という曲があるようですが…無関係。

正式名称:Mac OS 9.2.1
コードネーム:Limelight<注目の的、石灰光、灰白灯>
→どう「注目の的」なのかは不明ですが、CD-ROMを用いた最後のOSです。

正式名称:Mac OS 9.2.2
コードネーム:Starlight<星明かり>
→「なんとかライト」の最終章。Class環境向けOSとしても最終章でした。

正式名称:Mac OS X v10.0
コードネーム:Cheetah<チーター>
→ここからネコ科動物シリーズのスタート。「チーター」とは名ばかりで速度激遅!

正式名称:Mac OS X v10.1
コードネーム:Puma<ピューマ、プーマ>
→iPodとNikeがコラボレートした後では、このコードネームは使用不可でしょうねw

正式名称:Mac OS X v10.2
コードネーム:Jaguar<ジャガー>
→「Titan」の名前で開発中のApple謹製電気自動車が完成していたら、この名前は…

正式名称:Mac OS X v10.3
コードネーム:Panther<パンサー、クロヒョウ>
→初代iMac搭載のOS。ヒョウ柄好きの関西圏では爆発的な人気OSに(嘘)

正式名称:Mac OS X v10.4
コードネーム:Tiger<タイガー、トラ>
→ネコ科第5弾ともなると、みな予想したくなります。某魔法瓶メーカーさん、おまたせ!

正式名称:Mac OS X v10.5
コードネーム:Leopard<レパード、ヒョウ>
→Classic環境と決別したOS。カナ読みではレオパードなので日本人向けじゃないですね。

正式名称:Mac OS X v10.6
コードネーム:Snow Leopard<スノーレパード、ユキヒョウ>
→生息数激減のネコ科動物に。遠吠えが特徴的なので起動音が大きくなるものとばかり…

正式名称:Mac OS X v10.7
コードネーム:Lion<ライオン>
→百獣の王登場。マーケティング上でもアピールすべく「OS X Lion」として展開。

正式名称:OS X v10.8
コードネーム:Mountain Lion<山ライオン(=ピューマ)>
→実は「10.1」と同じなんですね。ついにネタ切れ?

正式名称:OS X v10.9
コードネーム:Mavericks<カリフォルニアの地名>
→クレイグ・フェデリギ氏がネコ科ネタ切れ宣言! 著名な地名シリーズになりました。
Mavericksはサーフィンの名所らしい。

正式名称:OS X v10.10
コードネーム:Yosemite<ヨセミテ国立公園(カリフォルニア州の世界遺産)>
→「Power Macintosh G3(Black & White)」のロジックボードも同じ名前なんですね…

正式名称:OS X v10.11
コードネーム:El Capitan<エル・キャピタン(ヨセミテ国立公園内の一枚岩)>
→「Power Macintosh G3(Black & White)」の筐体デザイン名もこの名前…、偶然!?

正式名称:Mac OS Sierra
コードネーム:Sierra<シエラネバダ山脈(カリフォルニア州にある山脈)>
→西部開拓時代の妨げになった山脈。Siriに話しかけても、やまびこは帰ってきません。

予想して何になる? 何にもならないが知識は増える

いかがでしたしょうか。長過ぎましたよねw

初回である今回はデスクトップ機・ノートタイプ端末に実装できるOSに限らせていただきましたが、それだけでもかなりディープな世界であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

今回ご紹介したOSの中で一番古いものが1985年11月リリースの「Windows 1.0」ですから、およそ30年強の歴史があるわけです。

その中でも開発中止を余儀なくされたOSや、不具合の乱発で短命に終わったOSがあることを考えると、コードネームぐらい夢のあるものにしたいと思ったハズです。

さて、次回は「iOS/Android OS編」です。
スマートフォンの歴史はまだ浅く、一番古いOSでも2007年リリースと、まだ10年も経過していないんですね。

はたして、読みやすい記事になるのでしょうか……。
乞うご期待!

コメント