社内初『アイデアソン』をやってみた

社内初『アイデアソン』をやってみた
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

お盆休みも真っ只中の8月15日、社内初の『アイデアソン』が開催されました。

これまでショーケース・ティービーではIT事業本部(いわゆる開発)を中心とした「ハッカソン」は実施しておりましたが、今回は「モノが作れなくても、良いアイデアが生まれればいいじゃん」という主旨の下、お盆休みにも関わらず出社した社員ほぼ全員を対象に『アイデアソン』実施に踏み切ったのです。
<参照:Build INSIDER『ハッカソン/アイデアソンとは? その類型と特徴、開催事例』>

第1回ハッカソンのテーマは「LINE-BOTを使った新サービス」。
<bitWave関連記事:第1回ハッカソン『#1/#2/#3/#4』>
そして第2回ハッカソンでは「SONY MESHを使った新サービス」でした。
<bitWave関連記事:第2回ハッカソン『#1/#2』>

それでは第1回アイデアソンのテーマは!?
今回は社内初『アイデアソン』の模様をお伝えします!

テーマは2020年開催の……

会社の赤坂見附から少し離れた神田の某所にて、ショーケース・ティービー社長含む20名ほどが招集された。

怪しげな照明、密閉された空間 ――
『アイデアソン』を実施すると聞かされたものの、本当にこんな場所で開催されるのだろうか。
そして本当にいいアイデアが生まれるのだろうか……。

社内ワークスペースとは明らかに異なる雰囲気。ヘンなパーティーでも始まってしまうのでは……

参加者は無作為に振られた4チームに分かれ、各々が席に座る。
そして参加者が揃ったところで、オーガナイザーの一人が今回の『アイデアソン』テーマを発表しました。

 今回のテーマは「東京オリンピック」です!   

あまりにも唐突なテーマ発表に、ポカーンとする参加者たち。
そう、東京オリンピックにまつわるサービス・コト・モノについて『アイデアソン』を実施することになったのだ。

続けて本イベントのカリキュラムも発表。

  1. マンダラート作成(15分)
  2. スピードストーミング(30分)
  3. 個人アイデアスケッチ(15分)
  4. チームアイデアレビュー(20分)
  5. チームアイデアスケッチ(20分)
  6. ハイライト(60分)
  7. アイデアレビュー(15分)

これだけではよく分からないカリキュラムだが、ここからは一つ一つそのフローを説明する。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。