社内開催の『統計勉強会』に参加してみた②

社内開催の『統計勉強会』に参加してみた②
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

久しぶりに「統計勉強会」に参加してきました。
<前回のおさらい『社内開催の「統計勉強会」に参加してみた』>

「統計勉強会」の開催自体が2週間ぶりとなっており、私自身がさらにその前の週に休んだことで、3週間ぶりの参加。
私が不参加だった前回は、どうやら「推定について」だったようです。
今回は前回の復習も冒頭で行われたのですが、すでに苦戦気味。。。

今回のbitWaveでは、私が不参加ゆえに苦戦した “推定の基本” についてご紹介いたします。

そもそも「推定」とは?

統計学では「推定」を一言で言うと、標本データから母集団の “何か?” を予測していくことを意味しているようです。
ここで言う “何か?” とは様々なケースがあり、例えば母集団の以下のようなものが対象となります。

  • 平均
  • 分散 etc..

つまり、こういった “何か?” を標本データを使って予測していくことが「推定」なのです。

また、「推定」もいくつか種類があるようです。

  • 点推定 →母集団の値を1つ確定する(今回の勉強会ではやらず)
  • 区間推定 →母集団の値を範囲で導き出す

つまり、今回の勉強会のテーマは『区間推定』です。

『区間推定』では、推定結果は以下のような範囲で示されることになります。
90 <= 母平均 <= 110 (95%) これは “「母平均」が90~110の間に95%の信頼度で存在する” ということを意味しているらしいです。 果たして今回の勉強会の内容についていけるのか……。

中心極限定理

『区間推定』を行う上で、必要となる数式があります。

これは “どんな分布でもその標本データの平均は正規分布する” ということを意味しています。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。