第2回ハッカソン「MESHを使って何か作ろう!」

第2回ハッカソン「MESHを使って何か作ろう!」
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

伸び盛りの開発員を抱えているショーケース・ティービー社の開発メンバー&ラボメンバーによる、『第2回ハッカソン』が開催されました。こういうイベントって朝からテンションが上がりっぱなしですよね。

当日はあいにくの雨模様、そして休日であるにも関わらず、みんな朝早くから意気込んで参加してくれました。

普段はグッスリ寝ているであろう土曜日朝イチということもあり、集合の時点ではスイッチが入っていないメンバーもチラホラ……
「そもそもハッカソンって何?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
急に『ハッカソン』と聞いてもハッカ飴をどうしても連想してしまいがちですが(しないか…)、集中的に作業を行うイベントのことを言うそうです。
<参考:ウィキペディア「ハッカソン」>

ちなみに半年前に開催された『第1回ハッカソン(お題:LINE-BOT)』の模様は、過去のbitWave記事をご参考ください。
・チームS発表『機械的な“BOT”が血の通ったコミニュケーションを生み出す
・チームM発表『LINEにCSVデータをレスポンス-リクエストのログから広告も
・チームK発表『高モチベーションの離脱ユーザをLINE-BOTで呼び戻そう
・チームT発表『LINEでセキュリティ対策!?

今回のテーマ

今回の『第2回ハッカソン』のテーマは、巷で流行りつつある『MESH』です。
<参考:MESH公式サイト『MESH:遊び心を形にできる、アプリとつなげるブロック形状の電子タグ』>
<参考:bitWave過去記事『IoTを“手軽”に着想・実装を実現するツール6選』>

この『MESH』ガジェットを使うということが、今回の唯一のルールであり、テーマです。
シンプルだからこそ難しいテーマですね~。

チーム構成に関しては、後ほどご紹介しますが、今回はIT本部&ラボのメンバー20名弱を4チームに分けて行いました。
なお、開催日のスケジュールは以下のとおりです。
10:00 – 10:30 開会式
10:30 – 16:00 作業、プレゼン資料作成
16:00 – 18:00 発表会

お昼ごはんや飲み物は事務局で用意する「おもてなし」をさせていただきました。

大会審査員を務める副社長、IT本部長、CTOの役職者が全員がコンビニパシリ状態です。
副社長がピザのデリバリーを利用した際に、リアルタイムでデリバリーシステムの「IoT化」に感動する場面もあり、イベントを開催することで新たな発見もあるというメリットも感じました。審査員長である社長も揃ったところで開会式です。

ただ、アイデアを出して終わりではモチベーションも上がりません。今回も前回に引き続き、賞金額が発表されました。
グランプリ:チームに10万円
準グランプリ:チームに4万円(当日に1万円分アップ!)

チーム紹介

では、今回の参加4チームをご紹介します!

チーム紹介①「Independent」

<チーム構成(左から)>
image23

第1回優勝メンバー「岡村」くんがメインプログラマーを務めるゴールデンチーム「Independent」。
意外や意外、案出し段階で結構悩んでいたようですが、技術力にモノを言わせる作戦で挑んでいます。
しかし、シンプルなガジェットの『MESH』だからこそ、発表会直前までメンバーみんなが、「ダメだ~、ひらめかない~!!」という嘆きの声を上げていたので、相当悩みながらのハッカソンになったようです。

チーム紹介②「日緬尼(ニチメンニ)首脳会談」

<チーム構成(左から)>
image22

約みつる
may
M.S
riceman
ならやん(スマホ参加)

こちらも第1回優勝メンバー「may」ちゃんが所属する「日緬尼首脳会談」。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。