筋トレするのは辛いが、凄くいい。

筋トレするのは辛いが、凄くいい。

こんにちは、カオツです。
最近懲りずにジムを契約した私ですが、
今回はいままで失敗してきたことを活かして頑張ろうと思っています。
そんな訳でニワカながら筋トレのメリットや、アプリを使ってモチベーションを維持する方法をご紹介しようと思います。

主なトレーニング

・スクワット
・ベンチプレス
・デッドリフト

BIG3と言われる筋トレ方法ですね。


参照:ザ・バルクアップ トレーニング

とにかくどれもキッツい!
でも筋肉をつけるためには頑張るしか無いのです。。

スクワット

主に太もも等の筋トレですが、身体全体のトレーニングになるオトクな筋トレ方法です。
そして、太ももは最もエネルギーを消費するためダイエットにも最適!
太もものトレーニングをした後2日間くらいは成長ホルモンがでて他の部位の筋トレにもいい効果があるとか!

健康のためのまず一歩はスクワットです。

ベンチプレス

主に胸や腕の筋肉を鍛えます。
個人的にこれが一番キツイ。。
フリーウェイトでトレーニングをする場合、下手したら押しつぶされて死んでしまうこともあるので注意してください!

デッドリフト

名前の通り、死ぬほど辛いトレーニングとのことです。。
主に背中の筋肉が鍛えられます。
どのトレーニングもフォームが重要ですが、デッドリフトはフォームが崩れると腰を壊してしまったりするので、鏡や一緒に行く人にフォームをチェックしてもらうのがいいと思います。

筋トレのモチベーションを維持し続けるために

365日 背筋アプリ BackExtn

こんな便利なアプリがあります。

背筋となってますが、背筋に限らず、自分のトレーニング内容を把握できます。
背筋はカメラでカウントしてくれたりするみたいです。

そして、カウンターや日々の筋トレのメニューの履歴を残すだけでなく、サボりを防ぐために通知等をしてくれます。
(定期的にアプリに記録が無いと数日後にアラートをくれます)

私の様なサボり魔にはもってこい(^ν^)

でも過去の履歴とかみてこんなに成長したのかーってなるだけで達成感あります!

アプリで管理出来るといつでも筋トレを意識できてモチベーションの維持にもなりますよ。

いつも思うこと

ジムの料金って高いですよね!?
こんなに辛い思いしてこんなに高いお金払うなんて、と思ってしまったりします。

筋トレで生まれる「力」を使って、発電出来ないものか!?

調べてみたところイギリスでは既に多くのジムで発電を組み込み、施設内の照明分を発電することに成功しているようです。
Green Heart:発電するスポーツジム

こういった一石二鳥、素敵ですね!

日本でも是非普及してほしいですね。

コメント