継続的インテグレーションツール『Jenkins』を触ってみた

  • 2017年8月4日
  • by 
継続的インテグレーションツール『Jenkins』を触ってみた
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

こんにちは。M.Sです。
現在、『Jenkins』からSeleniumを実行するお題に取り組んでいます。

『Jenkins』ってなに? 身近な継続的インテグレーションとは

『Jenkins』はjavaで実装されたオープンソースで、継続的インテグレーションツールと言われています。
英語でContinuous(継続した)、Integration(結合)で、CIと略されているようです。

そして、インテグレーションとは、以下のような意味を持ちます。

統合、統一、融合、一体化、集積などの意味を持つ英単語。

複数の異なる要素を組み合わせて一つにしたり、一体として機能するよう調整すること。

<参照:e-Words『インテグレーション【integration】』>

インテグレーションの意味を踏まえて、身近な継続的インテグレーションを探してみました。
(ちょっとざっくりとしていますがご容赦ください)

  • 申し込む → 自動返信メールを送る
  • 服をデザインする → 生産する → 販売する
  • 原稿を書く → bitWave編集部に渡す → 公開する

このように継続的インテグレーションを身近な例に置き換えてみると、少しは分かりやすくなるのではないでしょうか。

開発における継続的インテグレーション

通常、一度開発したサービスはリリース後も新機能追加や機能のバージョンアップを行うため、継続的に以下を繰り返し行うことになります。

  • 要件定義
  • 開発
  • テスト
  • アップデート前告知
  • アップデート
  • アップデート後告知

これらを補助するためのツールが『Jenkins』になります。
具体的には自動化できるところは自動化し、素早くアップデートまで行おうというものです。

開発完了後にテスト(Selenium)を行い、問題なければアップデート、といった一連の流れを自動化する仕組みとして『Jenkins』が使われることが多いようです。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。