Oculus社が予測する“触覚” の疑似体験|VRの未体験ゾーンへ

Oculus社が予測する“触覚” の疑似体験|VRの未体験ゾーンへ

夢を掴む ――
書いていて少し気恥ずかしいですね……。

「夢を掴む」というのはあくまでも比喩表現であり、実体のない “夢” は掴んだりすることはできません。
ただ、目の前にあるペットボトルであればどうでしょう。当然掴めますよね。
では、ディスプレイの中に映るペットボトルであればどうでしょう……

そんなあり得もしない行動を実現させるガジェットが生まれつつあるということを、新人開発員の中村くんが共有してくれました。
<参照:eizine『VR空間で掴む感覚を再現するデバイス「VRgluv」クラウドファンディング開始』>

視覚・聴覚においては、実在しないものを再現して体験させることはIT普及前から存在してきました。そして今、我々は擬似体験に「触覚」まで取り込もうとしているのです。

VRは新領域へと突入する

昨年、VR用ヘッドマウントディスプレイ「Rift」をリリースするOculus社が開発者会議「Oculus Connect 3」を開催しています。その中でチーフサイエンティストが5年後のVRの未来について、以下の7点を挙げていました。
 VR未来予測1:光学ディスプレイの進化
 VR未来予測2:グラフィックスの進化
 VR未来予測3:視線追跡技術
 VR未来予測4:オーディオの進化
 VR未来予測5:インタラクション(アクションに応じたリアクション)
 VR未来予測6:人間工学に基づく端末自体の進化
 VR未来予測7:コンピータービジョンの増強

前記の “掴む” 擬似体験は「VR未来予測5」に当たるかと思います。
そのOculus社はインタラクションをもたらす足がかりとして「Oculus Touch」を発表し、年末には販売も開始し始めました。まずは「Oculus Touch」の実機をご覧ください。
<参照:Oculus『Rift + Touch』>

なんかゲームのコントローラのようですよね……。とても “掴む” ことはできなそうです。
一応、未来予測を紹介した場では向こう5年間は、ジェスチャーを元にしたリアクションぐらいであれば「Oculus Touch」で賄えるものの、それを越えるアクション・リアクションは新しいデバイスの登場が必要であるとも付け加えています。

Oculus社の未来予測はとても楽しみなところではあるのですが、5年待たずして『VRgluv』は実現しそうなのです。これに対してOculus社がどんなリアクションを見せるのか拝見したいところです(イジワルな発想)。

この『VRgluv』を共有してくれた中村くんに対抗してか、ricemanさんも日本企業の底ヂカラを共有してくれました。
<参照:MoguraVR『アルプス電気に聞く「触覚のVR」の今』>

あなたにおすすめ

平凡こそ非凡なり|『ARKit』が見せたエバーグリーンなツールとは... 今から200万年前、我々の祖先が「石器」を発明しました。 そして50万年前には「火」を、1万年前には「土器」を発見・発明しています。 我々の生活には道具が欠かせないものであることは言うまでもありません。 先人たちは偶然の発見や必要...
デスクトップに頼らない未来のワークスペース... 最近、肩こりが酷くって…… なんか視力がおちてきたかなぁ…… 会社に勤めていれば、よくこんな声を耳にする機会も多いのではないでしょうか? でも仕方ないですよね。 生活費のため、子供のミルク代のため、そして趣味の小切手収集のた...
納涼! MRお化け屋敷はいかが? だんだん暑い日差しが辛くなってきましたね。 どこに行ってもエアコンの涼風で快適に過ごせるようになってきましたが、涼む手段は冷房に限った話ではありません。 水分を多く含む夏野菜を摂取したり、空気の通り道に打ち水をして気化熱を利用したり……...
試作機リークが命取り!?|『Magic Leap』はどこへ向かうのか... 週刊誌発信でスクープされ、活動休止や引退、場合によっては逮捕される芸能人も多くなった今日この頃。 最近では発売前のライバル週刊誌の中吊り広告を事前入手するといった “情報のリーク” が横行しています。 ゴシップレベルのウワサ話であれ...