訪日観光客に“おもてなし”を!|音声ガイドの多言語対応を早急に対応すべし

訪日観光客に“おもてなし”を!|音声ガイドの多言語対応を早急に対応すべし

東京オリンピック・パラリンピックまで残り3年。
そして2020年開催のオリンピック・パラリンピックに東京が選ばれたのが2013年。

2010年では年間約860万程度だった訪日観光客が、2016年においては約2400万人まで増加し、日本国内で海外からの観光客を見ない日はないくらい、多くの訪日観光客で溢れています。
<参照:日本政府観光局(JNTO)『統計データ(訪日外国人・出国日本人)』>

みなさんは滝川クリステルさんが世界に伝えた『お・も・て・な・し』の準備はできていますか?

訪日観光客が日本において不便・不満に感じていること

観光庁が「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」を行った結果、驚くべき日本の対応状況が露呈しました。

  • 施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない 32.9%
  • 無料公衆無線LAN環境 28.7%
  • 多言語表示の少なさ・分かりにくさ(観光案内板・地図等) 23.6%
  • 困ったことはなかった 30.1%

<参照:国土交通省・環境庁『受入環境について訪日外国人旅行者にアンケート調査を行いました』>

全然『おもてなし』ができていません!
困っていない方は全体の約1/3の方のみで、それ以外の方々は何かしら不満や不便に感じていることがあるようです。
このままではマズいですねぇ~。

日本の受け入れ状況はどうなっているか

JRやメトロでは英語だけでなく、中国語や韓国語といった多言語対応は数年前から実施されていましたが、「訪日観光客がクルマを運転する機会が少ないでしょ」という先入観があってか、道路標識における多言語対応はまったく進んでいませんでした。
ようやく、英語も併記した道路標識の設置が順次開始されたということを、つい先日のニュースで知りました。
徐々にではありますが、2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、やはり多言語対応が必要であることが風潮になってきたのでしょう。

それでは、訪日観光客の約1/3以上の方が不便と感じた、施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない問題はどのように解決を図ればいいのでしょうか。

英語が喋れる日本人スタッフを雇う?
常勤の外国人スタッフを雇う?

残念ながら訪日観光客のすべてが英語を喋れるとは限りません。
中国語のみ、韓国語のみの方という方もいらっしゃるでしょう。むしろ英語が苦手という方もいらっしゃることでしょう。

英語表示、英語対応は最低限のマナーのレベルと言えます。
真の『おもてなし』を掲げるのであれば、多言語対応で迎え入れる準備を行うことは必須です。

英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語等を喋れる日本人スタッフを雇う?
それぞれの言語を喋れる外国人スタッフ雇う?

それらが実現できれば素晴らしいことですが、いささか現実的ではないですよね。
それに人件費が相当膨れ上がることでしょう。

これらの課題を解決するソリューションは多くあります。
そんな中でも、洗練されたデザインと導入までの早さとサポートの充実、より多くの人に感動を伝えることも目的としたソリューションについて、今回ご紹介させていただきます。

その名も……

 『Audio guide Q(オーディオガイドキュー)』   

『Audio guide Q』とは

まず『Audio guide Q』とはどんなソリューションなのでしょうか?

『Audio guide Q』は博物館や美術館はもちろんのこと、イベント会場や展覧会、観光施設、動物園や水族館といった多くの利用シーンでの活用が期待できる、多言語対応した音声ガイドアプリです。
ちなみに『Audio guide Q』は、株式会社東京ドームとショーケース・ティービーが共同開発したソリューションであり、すでにいくつかの施設での利用実績もあります。

今までの音声ガイドとの違い

従来の音声ガイドの多くは専用端末を使用しておりました。
導入するにもその専用端末を必要な分だけ用意する必要があったんですね。
これではかかるコストも馬鹿になりません。

その点、『Audio guide Q』は、多くの方が所持をしているスマートフォンにアプリをインストールするだけで利用することができます。
つまり、レンタル機器の費用や維持、管理費や紛失・盗難のリスクなどを軽減させることができるんですね。

また、レンタル機器を用いた音声ガイドの場合、コンテンツの更新をするにも機器すべての交換が必要だったりするケースがあります。
しかし『Audio guide Q』は、専用の管理画面からコンテンツの更新が可能。
更新もリアルタイムで変更が可能なので、展示する内容が頻繁に変わるような場合でも柔軟に、かつ素早く対応できるんですね。

つまり『Audio guide Q』は訪日観光客だけでなく、日本人、そして運用する方々に対しても不満や不便さを解消する、最高の『おもてなし』が提供できるソリューションということなんです。

訪日観光客に対して実践している個人的な “おもてなし” 方法

かつて、私は海外に行けば自分の世界観が変わると信じ、ロンドン・フランス・スペインの3か国をバッグ一つで旅したことがあります。
いわゆるバックパッカーってやつですね。
ろくに英語も勉強もしてこなかったので、行く前に慌てて覚えた英語が以下2つ。
・I want to ~
・What should i do
それでもこの2種類だけは完璧にマスターし、旅に出ました。

ロンドンのヒースロー空港に着くと、そこは英語、英語、英語、英語……。
「分からない」「読めない」の二重苦を早々に味わい、到着するや否や思考回路がフリーズしてしまったことを昨日のことのように覚えています。

どのくらいの時間が経過したのか定かではありませんが、ずっと立ち止まっていると、ある女性が声をかけてくれました。
もちろん英語で。

「ありがたい……。でも、何を言ってんのか分かんねぇー!」   

親切なイギリス人女性が私に一生懸命に何かを伝えようとしてくれましたが、まったく理解できませんでした。
しかしそんな “フリーズ” してしまった僕に対し、諦めずに「Follow me!!」と言って案内してくれたのです。

衝撃的なスタートから始まった一人旅は、ご想像通りの波乱に満ちた旅行(道中スリに合う・火山の噴火で交通機関が麻痺)になりましたが、帰国前日にはたくさんんお人たちと会話ができるようになっていました。(※ただし、通じているかは不明w)

英語の必要性には痛感した私ではありましたが、帰国後も相変わらず英語は上達していません。。。
ただし、道を聞かれたり、困っている人を見かけた時には、迷わず「Follow me!!」と言って案内するように心がけています。

事前に準備できる “おもてなし” をいかにスピーディに実践できるか

オリンピック・パラリンピック開催期間中の『おもてなし』は、私が実践していることぐらいしかできないかもしれません。
ただ、まだ開催まで3年あります。しかし、もう3年しかないのです。

我々が提供する『Audio guide Q』を始めとしたソリューションや環境整備をもって、一人でも訪日観光客が『おもてなし』を受けたと実感する環境作りをしていかなければなりませんね!

コメント