超絶の処理能力!GPGPUの最近の動向

超絶の処理能力!GPGPUの最近の動向

おはこんばんにちは。サーバ担当のtakeuchiです。

本日は、私が定期的にチェックしているGPGPUの動向を簡単にまとめてみました。

そもそもGPGPUとは?

GPUの演算資源を画像処理以外の目的に応用する技術のことである。


Wikipediaさんの言う通り、グラフィック用のプロセッサをグラフィック以外にも活用しよう、というのがGPGPUの始まりです。GPGPUはGeneral-purpose computing on graphics processing unitsの略称です。

数十〜数千のCPUコアを使い、高速に処理できるって本当に凄いですよね!!

2006年、nVIDIAがCUDAを発表し、ATIがATI Streamを発表したことを皮切りにそれまでのGPUの在り方を一新させる、斬新なアイデアだと当時は思っていました。

近年ではAMDがAPUというCPUとGPUがくっ付いたモノを安価に提供しているので、知らず知らずのうちにGPGPUが使える環境の人が、このブログを読んでいる人の中にもいるかもしれません。

我が家でのGPGPU使用例

ハードウェア大好きな私がそんな技術を導入していないはずはない!!

takeuchi家でもGPGPUを使用しており、主に動画のエンコードの、Aviutlで使っております。※個人の用途ってこれ一択しかないですよね。(;_;)

ちなみに、うちで使っているのはPowerColor Go! Green HD6750 1GB GDDR5という当時としては珍しいファンレスのRADEONさんです。
2015020202

最近の動向

さて、ここからが本題になるのですが、近年このGPGPUがサーバ周りにまで手を伸ばそうとしています。

SSLShader
SSL acceleratorをGPGPUを用いて実装しようという動きです。
SSL accelerator自体、非常に高価なものなので、安く、簡単に実装できるのであれば大規模なSSL通信もコストが安く上がりそうです。
※リンク先は全文英文です。

PGStrom

PostgreSQLをGPUを使い並列実行して高速化するモジュールです。
開発は日本の方がやっているのは知っていますが、20倍近く高速化するとのことで、安易なスケールアップよりも非常に効果が見込めます。

pyrutcRARk
GPUを使ってパスワードなどを解析してくれるツールです。くれぐれも悪用厳禁ということで。

このように比較的単純だけど膨大な演算回数が必要なアプローチにGPUパワーは最適のようです。

最近では、ただの演算からSQLの高速化まで多岐に渡っており、そのうちGPUを搭載したネットワーク機器がでても、おかしく無いのでは?というような状況です。

定期的にウォッチしているので、また新情報がありましたらブログを更新してまいります。

コメント