距離も縮まる魔法のツール|『Realtime Board』を使ってみた

  • 2017年5月26日
  • by 
距離も縮まる魔法のツール|『Realtime Board』を使ってみた

私が所属する開発チームでは通常の開発・検証業務の他、個々で得た情報の共有を重要視しています。その情報というのは会議や会議自体の資料の共有はもちろんのこと、アイデア出しやそこから派生するブレインストーミングの共有も行っております。

ただし、チームメンバーの中にはリモートで働くワークスタイルを選択するもおります。開発・検証といった通常業務に関してはまったく支障はないのですが、こと情報共有に関してはリモートワークだからこその課題というものも少なからずあります。
これはチームメンバーの共通認識であり、アイデア出しやブレインストーミングが捗らないといったこともしばしば。

ショーケース・ティービーの会議室壁面はホワイトボードになっており、移動型のものよりも大きく使うことができるのですが、実際に会議の模様をリモートのカメラで動画共有してみたところで見にくい。。。というか、ほぼ見えていないないです。

これではミーティングの場が盛り上がっていたとしても、リモートワーカーたちには疎外感を与えかねませんし、「いい会議だった」という感動の共有もままなりませんよね。その温度差が大きければ大きいほど、ストレスも溜まることでしょう。。。

少しでも情報共有が捗れば……、少しでも感動を分かち合えれば……。
こういったリモートワーカー自身、そしてリモートワーカーを抱えるチームにとって役立つであろう、課題解決の方法がありましたのでご紹介いたします。

それは『RealtimeBoard』です。
<参照:https://realtimeboard.com/app/

『RealtimeBoard』で何がどう変わる?

『Realtime Board』には無料版と有料版とがあり、無料版は残念ながらメンバー3人分でしか使えられないです。
しかし、それでも『Realtime Board』は優れていると言い切れるサービスだと思っておりますので、ここでストロングポイントをご紹介します。

①デザインいろいろ、使っていて楽しいツール

デフォルトで用意されているテンプレートもいくつかあるのですが、用途によってはデフォルトでは収まりきれない場合も考えられます。
しかし、『Realtime Board』では自由にテンプレートをデザインすることができ、チームのミッションに応じたテンプレートを作成することができるんです!
なお、下の画像はデフォルトで用意されているテンプレートです。デフォルトでも十分すぎる量ですよね。

②複数メンバーの同時修正もなんのその

ツール名称のとおり、リアルタイムで共有メンバー全員が同時修正、追加も可能です。
私たちのチームではミーティングをしながら各々が書き込みをしながら活用しています。
画面共有が前提なので、外部メンバーに疎外感を与えることなく、どんな環境であれ “全員参加” のミーティングが行えるんですね。

③意見交換などでも大活躍する付箋メモ

これまでホワイトボードを活用した会議などでは、実際に手書きで作成した付箋を使い、貼ったり移動したり剥がしたり……そんな会議を行っていました。しかし、リモートワーカーには付箋内に書かれた内容は読み取れないですよね。おそらく色の付いた紙をただ動かしているだけにしか映らなかったハズです。なによりも遠隔地の参加者は書くことも許されませんし。
しかし、『Realtime Board』の場合、画面上の付箋でメモ書きを貼ったりすることができ、意見交換も容易に行えるんですね。
このツールを使ってからというもの、社内外での意見交換が活性化するといった、副次的な効果も見られました。

④いつでもチャットで距離縮まる!

通常のチャットはもちろんのこと、ビデオチャットも可能なため、ミーティング参加者の距離感がグッと縮まります。
ビデオチャット中でも画面共有が行えるので、これまで不便さを感じたことがありません。

あなたにおすすめ

LINEの「既読」機能には人間性が出る。便利か不安の種かはあなた次第... トップ画像引用元:「LINE」をApp Storeで LINE 画像引用元:「LINE」をApp Storeで 47歳 女性 英会話講師 iPhone 7 アプリ操作時間:3時間 L...
iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2018年2月】... 日本のスマホシェア率って大体どのくらいか知っていますか? 周りを見回してみてください。感覚的には半分より多くの人がiPhoneを使っているのではないでしょうか。 かくいう私もiPhone使いです。初めて持ったスマホはiPhone4で現在...
G Suiteの「Googleサイト」が意外にも使えるツールであった?... 今回ご紹介するのはGoogleの『G Suite』です。 えっ、いまさら『G Suite』!? なんて思われるかもしれません。 それもそのはず、『G Suite』は本日8月28日で、ベータ版提供開始から11年になるんですね。 ...
内線電話用の番号検索|Slack APPで作ってみた... ショーケース・ティービーではメール誤送信防止という観点から、社内連絡ではチャットツールを使用しています。 現在使用しているツールは「HipChat」。 <bitWave関連記事『情報漏えいしないための決定打!”Hip Chat”』>...