開発現場に1年勤めた新卒社員だから言える新入社員にやってほしいこと

開発現場に1年勤めた新卒社員だから言える新入社員にやってほしいこと
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

なんだかんだであっという間に1年が過ぎ去り、今年1月からサービスの問い合わせ担当として日々奮闘しています。そろそろ今年入社の新卒の人たちがインターンにやってくる時期になりましたが、実はまだまだ新人感が抜けない私。。

こりゃいかん!

そこで、今回は私自身のこの1年間を振り返って、新人感を抜けだしてもう1歩成長して仕事に取り組めるようにしたいと思います。それと同時に、これから入社してくる新卒の人達に1年目だから言える「新入社員の人にやってほしいこと」を軽く紹介できたらと思います。

1年間の振り返り

入社したきっかけ

私はズバリです。説明会に受けに来た第一印象はこの会社変人ばっかり!(いい意味です)とにかく自分の仕事に対しての情熱がすごく伝わってきて、社員同士の雰囲気も終始和やかでした。

そういう環境の中で仕事したいと思っていたので、絶対入社したいと思って全力で面接に挑んだのを今でも覚えています。

今までしてきたこと

運用担当としてIT本部に配属されました。運用の仕事を教わりつつ、HTML、CSS、JavaScript、PHPの勉強に日々勤しんでいます。
実はインターン中は営業に配属させてもらってました。

開発する前に直接お客さんとやりとりしてみたいと思い、お願いしたところ即OK!

チャレンジできるチャンスを与えてくれる良い会社だと思いました。

おかげで少しの期間でしたが本当に直接お客様と話すこともでき、これは良い経験になったと思います。

よく訪れる挫折

挫折は何をするにも突然やってきますね。一番心が折れかけたのは、やっと初めて1人で作業できるようになってルンルンでファイルの更新をしたら文字コードが正しく変換されてないファイルをUPして文字化けして更新され・・・。

初歩的なミスすぎて激凹みです。

しかもお客様にも迷惑がかかる部分で責任も重大なのにこの凡ミス・・(先輩の素早く華麗な対応で実際にはお客様には迷惑はかからなかったので本当にホッ)。二度とこんなミスはするものか!と心に誓って取り組んでますが、時々ポカッとやらかすのでその度に挫折を味わっています。

でも、華麗に対応してくださった先輩に、
「凹んでる暇があったらその時間に次にすべき行動をしろ!1度やってしまったミスを戻すことはできないけど、次に同じミスをしないようにすることはできる!」
と言われて、挫折の度に思い出して、素早い対処と次回から同じミスを繰り返さないためにどうすればいいかの対策を取るよう心がけています。

それと、内定が決まって初めてのインターンの時に、
「これからたくさんメモをとることになると思うけど、初めてのノートの最初のページには『内定した時の気持ち』を書いておくといいよ」
と先輩に言われて書いたノートは、挫折を感じたり行き詰まったりした時によく見ています。

初心にも帰れるし、気持ちの整理をするのに役立っています。

嬉しかったこと

少しプログラミング言語を覚えてきた頃、カスタマイズを自分1人で担当してみようというミッションをもらい、悪戦苦闘しながらもやっとの思いで納品!取り組んでいるときはすごく苦しかったですが、お客様からも営業からも喜んでもらえた時は本当にやってよかったなと思いました。

また、はじめはすごく時間がかかっていたターミナルでの作業が、素早くできるようになってきた頃に、いつも厳しくなかなか褒めてもらえない先輩に褒めてもらい俄然やる気になりました。

私がやってきたこと

ちょっと長くなっていまいましたが、自分を見つめ返すいい機会になりました。
これを踏まえて、私が気をつけてやってきたことを紹介します。

今自分にできる最大を知って、できることは全部全力でやる

正直、会社に入る前はやる気に満ち溢れ、何でもできると思ってました。でも実際は、何にもできないです。私はここにいる意味あるの?って絶望さえ感じるほど。でもそれってよく考えたら当たり前ですよね。だから、自分がまずできることを探して少しでも役に立とう!と思って行動してました。

あと、絶対に技術や経験値は勝てるわけもないので、早く追い付くためにも仕事が終わってから残って勉強したり(先輩が一緒に残って教えてくれてたり!これ本当に嬉しかったです)してました。

とにかくいろんな部署の人に話しかける

入った当初よく起きてたのがコミュニケーション不足が原因のミスでした。どんなことにおいても同じことが言えると思いますが、やっぱり直接話してはじめて通じることって多いです。そして、その場限りだとどうしても伝わりきらないことも。。

そこで、私が心がけるようにしたのは、とにかくいろんな人をランチに誘うことでした。

どうしても仕事の中だけでは長く会話をすることは不可能なので、ランチの場での会話は本当に貴重でした。そのおかげで、今は円滑にコミュニケーションが取れるようになりました。

常にゴールを決めてスタートする

私が決めているゴールは、大きく分けて3つです。

それは、

  1. 今取り組んでいるもののゴール
  2. 今日のゴール
  3. 遠いゴール

です。

いつも3から1の順番に決めていきます。まず、最終的に自分はどうなりたいのかを確認。そのために遠いゴール(1年後〜3年後)に何を成し遂げるべきか、どのように時間を使っていくかを決めます。次に今日のやるべきこと・やっておきたいことをリストアップし、時間配分をしていきます。

そして、今から取り組むものはどのくらいの時間でどのように進めていくべきかを決めて作業にとりかかっています。実際には、予定通りに行くことなんてほとんど難しいですが、常に確認しながら行動することで、挫けずに進めていくことができると思います。

この作業は自分自身のレベルを見なおすいい機会にもなっているため、日々心がけてやるようにしています。

まとめ

はじまりは皆不安で、もがき苦しむことも多いと思います。私自身、今もまだ全然もがいてます。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。