開発者向けブラウザChrome Canaryがすごい!

開発者向けブラウザChrome Canaryがすごい!

フロントエンジニアにはブラウザアップデートの情報を常にアンテナ貼っておかないと、突然のアップデートに対応しきれません。
もし見逃して、サービスに影響が出たら、大変なことに!!

ここでは、Google Chromeに関してだけですが、オススメの開発者用ブラウザを紹介します。

Google Chrome Canary

※canary =「カナリヤ」
これは、およそ2ヶ月に一回のGoogle Chromeのアップデートに対し、一般向けChromeの2~3リビジョン先の環境を利用できます。

更に、別スレッドで動作できるので、開発用と通常利用用とで分けて使用可能です。
https://www.google.co.jp/chrome/browser/canary.html

これは、開発者にとって、とてもメリットがあります。

Chromeっていっぱいある!

Google Chromeブラウザには、複数のチャンネルがあります。

1つ目は【安定チャンネル 】一般公開向けGoogle Chromeブラウザ、これは、皆さんがよく使っているごく普通のブラウザ。

2つ目は【ベータチャンネル】リリース前のリビジョンを公開しています。 毎月更新です。

3つ目は【開発チャンネル】開発者向けブラウザです。毎週更新です。

そして今回紹介しているのが、

4つ目は【Canary Build】最新の機能を上記バージョンよりもより早く実際に使うことができます。毎日更新されるGoogle Chromeのナイトリービルドバージョンです。

より先進的なGoogle Chromeの開発はChromium(オープンソースプロジェクト)でも行われていますがこちらは、Google Chromeの基盤となる技術ベースの開発で、厳密な意味でのChromeとは異なります。よって、Google Chromeでは【Canary Build】が最新と言って差し支えないでしょう。

私はブラウザを利用したサービスを開発している側なので「Google Chrome Canary 」がとても便利なのです。

一般向けGoogle Chrome との違いに

・毎日アップデートがある。
・devやbetaと違って、別にインストールできる。
・devやbetaと違って、何か問題が起きても、別で動いているので、通常のGoogle Chromeを利用することができる。

機能的に見つけきれているもの、
・アニメーションのスピード調節(まだ使ってない・・・興味あり!)
・NetWorkのSettings項目が増えている
・Appearance項目が増えている
・Elements項目が増えている

他にも、かなり使いやすくなっていたり、便利そうな機能がたくさんあります。

まとめ

・Google Chromeブラウザには複数の種類が存在する。
・Google Chrome Canary は最新のバージョンを使うことができる。
・Google Chrome Canary は毎日更新(自動更新)

良くも悪くもGoogle Chromeの最先端ブラウザの1つであり、当然ながら安定していません。しかし、Google Chromeの最新の技術が、毎日更新されるので、いち早く利用することが可能で、日々のブラウザチェックが欠かせないフロントエンジニアには欠かせないツールと言えます。

もっと便利なことたくさんあると思うので、また発見したら、投稿していきます。

コメント