韓国では結婚式の招待状もモバイルです

韓国では結婚式の招待状もモバイルです

こんにちは。ノリ子です。

先日、韓国の結婚式に参加してまいりました。

日本では「紙」の結婚式招待状が普通ですが、っていうか当たり前ですよね?笑

韓国では「紙」の招待状と”共に”「モバイル」招待状が当たり前になっています。
日本人の友達にモバイル結婚式招待状のことを話したら、えっ?!という反応・・・
日本ではモバイル招待状というものはないとのことですね・・・

そもそも結婚式の文化にも両国での違いがありますが、日本では新鮮かも知れないモバイル招待状を今回のブログでご紹介したいと思います。

実際、友達からカカオトークの方に贈られたモバイル招待状です。
(これからの画像には個人情報保護の為、個人情報は伏せています。)

カカオトークの方に贈られたモバイル招待状

送られたURLや画像をタップすると以下のようにモバイル招待状を閲覧することができます。

image12

普通は新郎新婦の前撮り写真を使って表紙を作成します。

image17

右上にはメニューボタンがあり、大体以下のような構成で作られます。

image14

結婚式の日時と場所の案内とGREETING メッセージです。

image10

アイコンを押すと新郎や新婦に直接お祝いの電話や、メールを送ることができます。
またSNSにシェアも出来るようになっています。

幸せいっぱいウェディング撮影のフォトギャラリーです。

image15

結婚式場のマップです。

image11

これは当日、道に迷わず、本当に助かります。
韓国はグーグルマップより、NAVER社のマップが主流ですので、タップするとNAVERマップが立ち上がります。
もしマップをみても分からない場合は式場に電話でお問合せができるように電話ボタンもあります。

移動手段(車、バス、電車)による道案内もあります。

image18

そして、お祝いメッセージを書き込むことができます。

いかがですか?

韓国では紙の招待状を送っても当日迷わないようにモバイル招待状もカカオトークなどでモバイル招待状も送ります。

韓国は年配の方もスマホを持ってる人が多いので、モバイル招待状は若者だけではなく、みんなに有用です。

モバイル招待状のメリットは?

1.製作費が安いです。

前撮りしたスタジオをサービスで無料で製作してくれるところが多いですし、
最近は自分で作られるアプリも出ています。

家族や親族、会社の人には紙の招待状を
友達に送る招待状はモバイルにするカップルも多いです。
新郎新婦には全体的に招待状の製作コストを下げられます。

2.ゲストも便利!

当日、紙の招待状を忘れてきてもスマホから式場の情報が分かるので、助かりますね。
参加可否の連絡もモバイル招待状の書込みでOKです。

3.ECO

紙を使わないので地球にやさしいです。

日本では何故モバイル結婚式招待状が広まってないの?

日本では何故モバイル結婚式招待状が広まってないのだろう?と考えてみました。

総務省のデータでみたら、日本は以外とまだスマホ保有率、そして30代以上年齢での保有率がまだまだなんだなっということが分かりました。
(平成26年のデータ)

下記は<情報通信機器の個人保有状況>のデータですが、日本はスマホ保有率が55.3%、韓国は88.7%であることが分かります。

image13

下記は<スマートフォンにおける年代別初回購入時期と普及率>データです。
日本より韓国の方が年齢による差が少ないですね。

image19

上記のデータをみると、結婚式に主に参加する30代以上のスマホ普及率が延びない限り、
日本では結婚式の招待状をモバイル形式に送ることは抵抗感があるかも知れませんね。

まず日本では結婚式の招待状より、ホームパーティーや女子会、BBQパーティーなどのイベントの招待状として気軽に送れるものがあったら良いのでは!!と思ったノリ子でした。

<データ参照元>
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141110.html

コメント