音声不要・データ通信にこだわる人向けオススメ格安SIM|トップ3

音声不要・データ通信にこだわる人向けオススメ格安SIM|トップ3

選択肢が多いだけでなく、格安なのがDMMモバイルの魅力です。SMSは付けなくても利用できますが、気になる場合は付属させておきましょう。

データ通信のみの場合は最低利用期間も短期間です。利用当月の末日以降はいつ解約しても解約手数料はかかりません。

またLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、InstagramがカウントフリーになるSNSフリーオプションが250円で利用できます。

3GB以上のプランを契約している場合に利用可能になっているため、SNSを多用する方やLINE通話を使い放題にしたい方にも向いています。

第3位 mineo

mineoはau系の端末が利用できる点が大きな魅力です。端末同時購入などの制限もなく、データSIMのみを契約できるところも魅力です。

もしau系の端末を所持していてMVNOに加入しようと考えているならmineoが便利です。

Aプラン・Dプラン共通

データ通信のみ
500MB 700円
1GB 800円
3GB 900円
6GB 1580円
10GB 2520円
20GB 3980円
30GB 5900円

追加チャージ料 100MB 150円

SMSはAプランは無料、Dプランは月額120円で利用できます。30GBのプランまで利用できることが大きな魅力です。

mineoはオリジナル色の強いMVNOで、他の会社にはないオプションサービスを展開しています。運営とコミュニケーションを取れるマイネ王もそのひとつですが、フリータンクシステムもデータ通信を重視する方に最適なサービスです。

フリータンクを利用すれば月の下旬にデータ通信量が足りなくなっても、無料で引き出すことができます。

もちろん一定の条件によって引き出しできる量に制限はかかりますが、実質無料で使えるパケットがあるところは魅力です。
またプレゼントキャンペーンなども豊富で、楽しみながら使えるMVNOです。

データSIMの最低利用期間もなく、いつでも解約可能なところも魅力です。

各MVNOのメリットとデメリット

LINEモバイルをデータSIMで利用する時のメリット

・LINEまたは各種SNSがカウントフリーのプランから選択できる
・高速通信は使い切ってもチャージ可能
・LINEの年齢認証に対応
・LINEのカウントフリーが付いて月額500円から利用できる

LINEモバイルをデータSIMで利用する時のデメリット

・au系端末には非対応
・追加チャージ料金は割高
・10GBプランが最大
・家族割やシェアプランはない
・LINEフリープランでSMSを付けたいなら+120円必要
・追加チャージが月3回までと決まっている
・LINEフリープランは高速通信が1GBのみ
・原則的に速度制限なし(カウントフリーアプリに関して、通信のしすぎと判断されると制限が出ることも)

あなたにおすすめ

SIMロック解除|ドコモで手続きする場合の手順と条件と期間を解説... 今の時代、海外では当たり前のようになっているスマホのSIMカード入れ替え。多くの機種がSIMカードが2枚入れられており、切り替えができるなど、利用シチュエーションによって使い分ける人も少なくありません。 しかし、日本の場合、各キャリア...
SIMフリーiPhoneとは?SIMロック解除の方法とメリット... 今使用しているiPhoneを別のキャリアで契約した場合、そのまま使い続けたいと思っていても、SIMロックがかかっていて使えないことがあります。 なぜなら、キャリアとしては自社回線を利用してもらいたいから。キャリアで購入したiPhone...
【2018年4月】UQモバイルのキャンペーン内容・条件・期間の詳細情報... 格安SIMを取り扱う事業者は数多く存在し、それぞれに違った特色のあるキャンペーンや料金プランを展開しています。どの格安SIMにしようかと選ぶ時、決め手の1つとなるのはやはりキャンペーンがお得であるかという点です。 そこでこの記事では、...
HUAWEI Mate 9を100日使ってわかった6つのメリットと3つのデメリット... 今回ご紹介するのは、2016年12月16日に発売されたHuawei Mate 9です。 Huaweiには、紛らわしいくらいたくさんのシリーズがありますが、 Mateシリーズはその中でも最高級のフラッグシップにあたります。 2018年...