音声不要・データ通信にこだわる人向けオススメ格安SIM|トップ3

音声不要・データ通信にこだわる人向けオススメ格安SIM|トップ3
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

データ通信のみで利用する時の注意点

MVNOでデータ通信を利用する場合、キャリアの通信速度に比べて遅くなることがあります。
特に動画閲覧やアプリダウンロードなどはWiFi環境がなければ時間がかかります。

データ通信の速度を気にするヘビーユーザーの場合は、キャリア契約の方がスムーズに通信できるメリットはあります。
ただし月額料金を考えると、不要な音声通話がセットになることもあり経済的ではありません。

なるべく速度が安定したMVNOを契約し、大きな通信を行う際には自宅でWiFiを利用したり、WiFIスポットが利用できるオプションを活用するのがおすすめです。

WiFi通信がどうしてもできない場合には、キャリアを検討することも考えましょう。

最近はポケットWiFiなどインターネット回線の契約が難しい方でも利用できるサービスがあるため、MVNOでデータ通信を行うなら併用しても良いでしょう。

キャリアのデータ通信は、速度制限もゆるくなっています。ドコモは3日間の使用量による速度制限を撤廃していますし、ソフトバンクやauも規制をゆるくしています。

MVNOを契約する時にも、3日間の通信で速度制限があるかないかは確認しておくことがおすすめです。
特に毎日コンスタントに利用するわけではなく、休日や必要な時にまとめて高速通信を利用する場合、速度制限に引っかかってしまう可能性があるからです。

LINEモバイルやDMMモバイルは高速通信の速度制限がなく、mineoもDプランであれば制限が設けられていません。
データ通信をメインに考えている方にはぴったりのMVNOです。

データ通信のみで利用する場合、機種によって「セルスタンバイ」による問題が起こることがあります。
スマホが音声通話の帯域を自動で探してしまうためバッテリーを使ってしまうことが原因になっているので、SMS付きのSIMでは発生しません。

もしくは、セルスタンバイ状態になってもバッテリーが減らないSIMフリースマホも存在します。
機種を選ぶことで不必要なSMSをつけなくても良くなるので、最安値で契約したい方は機種選択にもこだわりましょう。

データ通信にこだわる方向けのプラン・会社まとめ

音声通話機能が不要で、LINEやSNSを利用することが多い方はMVNO(格安SIM)がおすすめです。
中でもLINEモバイルはLINEトークや無料通話が無料になるなど、データ通信のみでも通話が無料で行えるので使い勝手が良くなっています。

DMMモバイルは選べる端末数が豊富でプランの数も多く、シェアプランなど複数端末・複数人での契約に最適です。
mineoはau端末を利用している方や、30GBの大容量プランを選択したい方にも向いています。フリータンクシステムなど独自性も強いMVNOです。

ただしMVNOはキャリアの通信速度より遅くなることが多いため、もしも通信速度を重視する場合はキャリアの契約を考えることもおすすめです。
しかし料金が高くなることから、WiFiとMVNOを併用するのが一番お得で速度への不満が解消しやすくなる方法です。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。