音楽ダウンロード|聴き放題サービス比較 dヒッツとSpotify

音楽ダウンロード|聴き放題サービス比較 dヒッツとSpotify
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

dヒッツ500円コースでできること

300円タイプに追加して、下記の機能も利用できます。
・myヒッツのストリーミング再生
・myヒッツへ毎月10曲分の枠が付与
※myヒッツの枠が利用できるのは付与月から6ヶ月までです。それ以降は消滅します。
また、一度登録された楽曲の変更や削除はできません。楽曲自体が配信停止になった場合は、楽曲が削除されるとともに枠が消滅します。
・myヒッツ内での歌詞などの閲覧

dヒッツのまとめ

myヒッツがあるかどうかが300円コースと500円コースの違いです。

お気に入りの特定曲だけを再生し保存しておきたいなら500円コース、テーマやアーティストごとのプログラム再生だけなら300円コースと使い分けても良いでしょう。

500円コースでは10曲分の枠が毎月追加されるため、実質200円で10曲ダウンロードできる計算になります。
たまに気に入った曲ができて別サイトでダウンロードする場合、1曲200円~300円前後かかります。

時々気になる曲がある程度のライトユーザーでも、十分元が取れます。

Spotifyの料金

無料版とプレミアム版の2種があります。また学割も用意されていることが特徴です。

プレミアム
月額980円

学割(Spotifyが認証している大学・短大・高専・専門学校のみ。中学・高校は対象外)
月額480円

通常7日間の無料トライアルが利用できますが、Webブラウザでのアップロードを行う場合は30日間無料で利用できます。
キャンペーンによっては60日間無料トライアルが行われていることもあります。

Spotifyの特徴

Spotifyはスウェーデンの会社が運営している音楽配信サービスです。
4000万曲以上に対応しているため、聴きたい曲が見つけやすいのが魅力です。

設立は2006年ですが、日本でサービスを開始したのは2016年9月です。
当初は招待制になっていましたが、2016年11月から一般公開を開始しました。

無料版が利用できることが大きな特徴で、広告などはありますが聴き放題であることは変わりありません。

dヒッツとは異なり、世界で利用される大手音楽配信サービスと言うこともあり音楽ジャンルも多彩です。
ユーザー数は2016年時点で1億4000万人を超えています。

もし有料版を検討している場合、月額980円は少し高いかもと感じる方もいるかもしれません。
どのようなサービスで、無料版とはどう違うのかなどをまとめてみました。

Spotifyが利用可能な端末

spotifyはスマホ、タブレット、PCだけでなくPlayStation3・4、Xbox Oneにも対応しています。
アプリをダウンロードすることで利用可能で、外出中のBGMとしてだけでなくゲーム中のBGM代わりにもなることが特徴です。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。