高モチベーションの離脱ユーザをLINE-BOTで呼び戻そう

高モチベーションの離脱ユーザをLINE-BOTで呼び戻そう
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

6月末にイノベーションテクノロジー本部主催で「第1回ハッカソン(※)」が開催されました。
テーマは『新たなLINE-BOTを生み出す』。

全16人のメンバーを4チームに分けた社内初の“チーム戦”です。
全チームが通常業務の隙間を縫って考案した『LINE-BOT』を全4回に分けてbitWaveでご紹介させていただきます。

社内サービスに関わることや、今後の商品開発に影響する内容に関してはご案内できませんが、それでも各メンバーの情熱は感じ取れる内容ですので、ぜひご一読ください!

今回は連載第3回目(1回目2回目)、チームKによる発表内容をご紹介いたします。
※チームKは厳正なる審査の結果、今大会の準優勝チームにあたります!

(※ハッカソンは短期間・短時間で行われるものですが、今大会は約一カ月の長丁場。本来のハッカソンの意味合いとは異なりますが、通常業務の合間を使った“実工数短期間”のイベントであることから、あえてハッカソンと呼ばせていただきます)

LINE-BOT関連記事:『LINE BOT API で「こわい猫」返信ボットを作ってみた』
LINE-BOT関連記事:『LINE BOT API はLINEの大いなる野望への第一手である』

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

最初は「ハッカソンって何?」というところから始まったチームKでしたが、素敵なチームに恵まれ、良い提案を生み出せました。

当然ながら優勝を狙っていたわけですが、力及ばず準優勝。

準優勝は次の目標も明確ですので、すぐにでも「第2回ハッカソン」を開催しましょうよ!
なお、今回の記事の書き手は「ノリ子」が担当させていただきます!!

さて、前文にもありますように、今回のハッカソンのお題は「LINE-BOT」。
通常業務では各々異なる業務に従事している4人ですが、すんなりと役割が決まりましたので、メンバー紹介を兼ねて、各役割をご報告いたします。

・チームリーダー:「serverteam K」
通常業務はサーバエンジニア。そもそも彼がいなかったら、ハッカソン用サーバも存在していないのですから、他チームも彼に感謝してほしいぐらいです!

・チーム構成員1:「HAMA-G」
弊社の商品で主軸を担う「サイト・パーソナライザ(以下、SP)」のメインエンジニアをされています。彼がいなければ、チームKのアイデアが実現していません。

・チーム構成員2:「設樂」
普段は顧客問い合わせ対応に従事しているだけあって、きめ細やかな気配りはお手の物。プレゼンで使用したデモ用管理画面では、あたかも顧客が使いやすそうなリアルさを追求してくれました。

・チーム構成員3:「ノリ子」
設樂さん同様、普段は顧客問い合わせ対応に従事。今回はプレゼン資料作成と発表を担当しています。台湾在住ということもあり、iPhone越しのプレゼンテーションで未来感を演出!?

さて、このチームでどんなアイデアを出したのでしょうか?

image02

アイデアブレストから絞り込みの作業まで

「ハッカソン」ですらおぼろげな知識しかなかったものですから、まずは「LINE-BOT」で何ができるのかを徹底リサーチ!
しかーし、最初の最初、「LINE-BOT」のトライアルID申請の時点でノリ子はつまずいてしまいました(照)。

他メンバーの助けにより難を逃れました。私は心強いメンバーに恵まれたことに感謝しましたが、他メンバーは不安に感じさせてしまったかもしれません。。。

下準備を終えたところで、アイデアをバンバン出していきました。
以下はそのアイデア出しから提案内容確定に至るまでの工程です。

アイデア1:営業支援ツールとして「LINE-BOT」を使用する

「誰に使ってもらいたいか」を考えて、真っ先に思い浮かんだのは営業マンの顔。
そこで社内の営業部隊が役立つであろう“営業ツール”を考えてみました。

[その企画内容とは……]
スマートフォンが取得する位置情報を用い、アポ先周辺のさらなる営業先を探せるツール。これにより、さらに効率良く外回りができるのではないだろうか(決して弊社営業マンが非効率だと言っているワケではないですよ!)。さらにクローラーを用いることにより、競合他社のツールが導入されていないウェブサイトを検知できれば、より効率的な営業活動が実現できるのではないか。

アイデア2:弊社サービス「SP」の機能拡充を目的としたBOT

サイトを訪れた際にバナー表示させる本来のSPの機能とは異なり、LINE-BOTから商品の通知広告を表示させるツール。

アイデア3:ランチ検索BOT

ホットペッパーや食べログなどのサイトを横断し、ユーザ同士でオススメメニューを紹介し合ったり、安くて美味しいお店の情報を公開するツール。
(毎日ランチメニュー悩むノリ子は絶対欲しいと思えるサービス。ただし、このアイデアが出たのはみんなが空腹の時だったのかもしれません)

アイデア4:旅行先などの不慣れな土地でオススメのグルメスポット通知してくれるBOT

旅行は好きだけど、美味しい店を調べるのは面倒くさい。でも、せっかくの旅先だから一食たりとて後悔したくない。そんなモノグサさんにはおあつらえ向きなツールです。

などなど。様々な意見が飛び交いました。

最終的に全員一致で採用したのは「アイデア2:弊社サービス「SP」の機能拡充を目的としたBOT」です。

この革命的になるであろう「LINE-BOT」に『宣伝スール』という名前を付け、作成に取り掛かりました。なお、制作過程で『宣伝スール』という名称はダサいということに気付き、途中でオシャレな名称に変更しました。

さらに言えば『宣伝スール』よりも前にもっとダサい名称を付けていたのですが、どんな名前だったのかもはや覚えていません(笑)。。。

さぁ制作あるのみ! 本格的に着手する一同

SPを導入することにより、表示バナーのクリック率も向上し、CV率だってそこそこ高い数値を叩き出すことに成功している。しかし、それでもまだ100%ではない……。

それなら少なからず存在する離脱してしまったユーザに対し、『宣伝スール(当時はまだこの名称)』を使ってまたサイトに呼び込もうじゃないか。

そんなメンバーの共通の想いを胸に、どんどん形を整えていきました。

どんなユーザをターゲットにする?
    →カートに商品を入れたけど、購入完了まで進んでないユーザ(=モチベーションが高い離脱者)

どんな方法で商品の通知広告を出す?
    →ユーザ属性で「モチベーションの高さ」を判定し、広告バナーを出そう

モチベーションの高いことが確認されているユーザはどんなアクションを起こす?
    →表示された広告バナーをクリックするだろう

と、こんな感じでモチベーションの高いユーザの動向を推測し、それを実現させるための機能を作成していったわけです。

作るサービスの設計が決まったので、あとは各自で自分の役割りに専念し、欠けたパズルのピースを埋める作業に没頭しました。

サーバとデモ用テストサイトの構築を「serverteam K」さんが、
SP(サイト・パーソナライザ)のSP(スペシャリスト)であるの「HAMA-G」さんが指揮を採り、「設樂」さんが管理画面を作成。そして「ノリ子」は発表当日に向け、いかに『宣伝スール(この段階でもまだこの名称!)』が魅力的なBOTであるかをアピールするため、資料作成する。

他のメンバーにもナイショにしていましたが、実は主人を相手にプレゼン練習に励んでいました。

しかし、主人からは「何を言ってるのか、全然わからない」と何回もダメ出し。主人の“理解力不足”を言い訳に、ノリ子がキレて練習は終了。。。

それでも資料作成では色んなアドバイスにとっても助けられました。
私の中ではこの5人目のメンバー(=主人)に感謝!

ついにやってきた発表当日、気になる商品名称は!?

当日本番前はプレゼン練習とデモ練習を何度か繰り返す。

すると「なんか、どんどんイイ感じになってきてない?」と各メンバーが色めき立ち、誰もが“優勝”を意識し始めました。

そんな中、プレゼンの精度が上がることに反して、『宣伝スール』という名称のダサさが浮き彫りになってしまったのです。

image09
これまで呼び合っていたサービス名がダサいと気付いてしまった瞬間。本番直前であるにも関わらずノリ子は表情を曇らせ、HAMA-Gはガックリと肩を落とすほかなかった

「商品化されるかもしれないから、もっとオシャレな名前にしよう」と、本番当日になってサービス名を急遽変更することに。

熟考を重ねる時間もないので「英語にしとけばオシャレに見える」という今になって思えば安易な考え(笑)から、SPとLINEの奇跡の出会いということで、『SPline(スプライン)』が誕生しました!

前記のメンバー紹介にあるとおり、ノリ子はハングアウトでプレゼンすることになっているので、次第に不安感に襲われ始めました。

オーディエンスにはノリ子の声しか伝わらないため、表情の違いやジェスチャーで表現ができません。スティーブ・ジョブズもそんなプレゼン術を披露していないのに!

何よりも不安視しているのは、オーディエンスの表情や現場の雰囲気が伝わらないことです。空気さえ読めればアドリブの急場をしのぐことも可能なのでしょうが、下手なアドリブはプレゼン自体を台無しにしかねません。。。

とういう不安を抱いて発表会に挑む。
発表会は食べ物飲み物(アルコール含む)がある場でしたが、ノリ子は残念・・・

発表順は4チーム中の3番目。しかし、他チームの発表を聞くに連れ、どんどん自信をなくしていくノリ子。先程まであった「優勝できるんじゃね?」の勢いも何処へやら。

イベント自体はアルコールを含む飲食OKという環境だったこともあり、ノリ子もアルコールで不安感を取り除きたかった。iPhoneの画面から手を伸ばしてビールを取りたかった。。。
※ノリ子はアル中ではないですよ(笑)

スピーカーからこぼれる僅かな情報を頼りにオーディエンスの反応を探り、なんとかプレゼンでは事無きを得ました。結果は準優勝。今夜は美味しいビールが飲めそうです(笑)。
※もう一度お伝えしますが、ノリ子はアル中ではありませんよ(本当に!)

image05
遠隔地でのプレゼンという、文字通りの“離れ”技をやってのけたノリ子。チームリーダーも安堵の表情だ

準優勝を「良し」とするか「悪し」とするかは人それぞれですが、ノリ子なりに勝因と敗因を考えてみました。

<勝因>
・自社商品の強みを活かせるBOTであることが良かった
・すでに自社製品もあり、モック作成時点でほぼでき上がっていたため、すぐ商品化ができそうな点
・商品にした時のイメージと収益性がイメージしやすい

<敗因>
・完全に新規のアイデアではなかったため、クリエティブ性が足りていないのでは
・プレゼンターの「顔」が見えなかったから →こればっかりは仕方ないけど、みんなゴメン!

以上、チームKのハッカソン狂騒曲でした!

image08

「serverteam K」 の過去の掲載記事はコチラ
「HAMA-G」 の過去の掲載記事はコチラ
「設樂」 の過去の掲載記事はコチラ
「ノリ子」 の過去の掲載記事はコチラ

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。