1.5秒後の世界|AIが未来を予知!?

1.5秒後の世界|AIが未来を予知!?

はぁ~、モテたいっすね。

モテるにも人より長けている部分がないとダメっすよね。。。
なんか実は自分にアメコミ「X-MEN」のような特殊能力があったりしないっすかね。。。

「努力は必ず報われる」
某アイドルグループのリーダー格の方が好んでこのフレーズをおっしゃられているようですが、アラフォーともなるとそんな悠長なことは言ってられないのです。もう十分に努力はしたっす。でも報われないんす。

自分にとって “モテる” 特殊能力と言えばこんなものが挙げられますね。

  • サイコキネシス(念動力)
  • パイロキネシス(発火能力)
  • テレパシー(精神感応)
  • プリサイエンス(未来予知)
  • テレポーテーション(瞬間移動)
  • クリアボヤンス(透視能力)
  • サイコメトリー(残留思念感応)
  • スピリット・フォトグラフィー(念写)
  • ホイミ(微弱な回復呪文) etc etc……

これだけ羅列すると、bitWaveもオカルトブログのようですね(笑)
でも、このうちどれか一つだけでも特殊能力が備われば、こんな私にもモテ期が訪れると思うんです!

アラフォーにして初めて行う努力(=滝行)を実践するために、故郷の母が仕送りの中に忍ばせてくれた白装束を押し入れから引っ張り出そうとしていたところ、ricemanさんがナイスな情報を共有してくれました。
<参照:engadget『1.5秒先の未来を映像化するAI、MIT研究者が開発』>

ついに来た~っ! AIによる未来予知!!

なるほど、人工知能ね。
人間が困難とされるミッションをこなしてくれる可能性を秘めているのが人工知能のいいところ。
ヒューマンエラーを起こしやすい繰り返し作業や人間の身に危険を晒しかねない作業などにおいて、AIやロボティクスが使われ始めていますが、まさか人間が習得できない特殊能力をAIで実践するとは! さすがはマサチューセッツ工科大学です。

ゴルフ場やビーチなどの動画を1年分学習させ、各シーンごとの動きモデルを作成することによって、1枚の写真から次の動きを予測し、未来の動画を作り出そうというものです。

中には明らかに失敗と思しき未来予知も含まれています。
しかしこれはジャイアントステップのための最初の第一歩。今後に期待を持てる研究なのではないでしょうか。

これがクルマの自動運転などにも応用されるようであれば、歩行者の飛び出しなども予知できるでしょうし、さらに長期に渡る予測が可能なのであれば、防災などでも活用できそうです。

しかし、現状では1.5秒先の未来まで。
さすがにたった1.5秒先では大金を掴むこともできなそうです。これでは「次のタイミングでまばたきをするだろう」ぐらいしか予知できないでしょう。

せめて、勝馬投票券の購入締切前までは予知してもらわないと。。。

コメント