2台持ち・複数持ちで最高に得する携帯キャリアMNP(乗り換え)6選

2台持ち・複数持ちで最高に得する携帯キャリアMNP(乗り換え)6選

mineoでスマホを複数台持ちするメリット

・複数回線割で2台目からの料金が50円引き
・eo光を使っている場合にも割引あり
・DプランとAプランがある
・eo光とのセット割引がある

mineoでスマホを複数台持ちするデメリット

・月額料金がMVNOの中ではやや高め
・小容量プランは特に割高
・時間帯により通信速度が遅い
複数台持ちでお得にMNPを行う例
まずはMNPにかかる料金を知っておきましょう。

MNPにかかる手数料

MNP転出手数料
キャリアは3000円、格安SIMでは2000~3000円に設定されていることが大半です。

契約解除料
更新時期以外のMNPの場合、別途必要になります。ほとんどの会社が9500円に設定しています。

新規事務手数料
キャリアでは3000円です。格安SIMの場合キャンペーンで免除されていることや、エントリーパッケージの利用で安く抑えることができます。

契約解除料があるけれどどうしてもMNPをしたいと考える場合は、キャッシュバックをしてくれる代理店を通して契約しましょう。
スマホや話題のスマホの方がキャッシュバック額が高くなることもありますが、ガラケーを取り扱っている代理店もあります。

特にソフトバンクはキャッシュバック有の代理店が多いため、直接店舗に行かなくても郵送でやり取りができます。

また現在利用している会社で割引などを受けている場合、解約月は割引などが対象外になることもあります。
その場合は最終月に請求される金額が倍増することもあるのであらかじめ確認しておきましょう。

ソフトバンクへガラケーをMNPし、格安SIMでスマホを運用する場合の月額料金例
ガラケー通話し放題割
月額1500円
(かけ放題とウェブ使用料のみの場合。パケットは使わなければ0円)

DMMモバイルでデータ通信のみのスマホを契約する

電話番号が必要ないため、MNPではなく新規契約で問題はありません。現在も2台持ちをしているなら、使っているスマホを解約しましょう。

ドコモのスマホなら、DMMモバイルでそのまま使えます。
ただしSIMロック解除が必要な機種の場合は、手続きが必要です。ドコモに契約中であればMy docomoから無料で手続きが可能です。
電話と店舗受付は3000円の手数料がかかります。また契約者以外はドコモショップでの受付となるため3000円が必要です。

DMMモバイルのプラン

データ通信 3GB 850円
SMSオプション 150円

キャリアのかけ放題を利用したい方で3GB程度の通信量を確保したい場合の料金例です。
2台持ちにこだわる場合、月額使用料は2500円~となります。

もちろん通信量が少なくても良い場合や、無料通話が1000円程度で良い場合はもう少し安くなります。
MVNOで2台持ちをする場合、10分かけ放題のオプションなどを付けるとすぐに2000円を超えてしまうため、かけ放題をセットしたい方に向いている方法です。

あなたにおすすめ

MNP(ナンバーポータビリティ)とは?機種変更との違いや注意点を徹底解説!... 「MNPをすると安く買える。」といった話はよく聞くものの、今までMNPをしたことがない方にとってはピンと来ないことだと思います。 MNPとは、「ナンバーポータビリティ」の略で、電話番号を変えずに他の携帯会社へ乗り換えることです。 ...
ドコモオンラインショップでMNPにかかるお金&時間を節約!... MNP時の登録手数料がゼロ円になった 46歳 自営業 男性 Xperia XZ Premium 2018年3月、docomoの携帯を機種変更する際にドコモオンラインショップを利用しました。その際に感じた...
ソフトバンクからドコモへMNP|お得に最新スマホへ乗り換える手順... iPhoneが日本で発売された時は多くのユーザーがドコモからソフトバンク、またはauからソフトバンクへMNP(乗り換え)しました。 それだけiPhoneの影響が大きかったのです。しかし今ではドコモも右に倣えでiPhoneを販売していま...
携帯乗り換え(MNP)で16万円得するテクニックと5つのポイント... 携帯のメールアドレスが変わるのが嫌で、他社に機種変更(MNP)するのを躊躇っていた人も、最近はLINEなどメッセージアプリでのやり取りが主流になり、メアドの足かせはなくなってきています。 そうなると、やはり気になるのは少しでもお得にな...