Adobeの2017年10の予測マーケティングトレンドを読み解く -考察編

Adobeの2017年10の予測マーケティングトレンドを読み解く -考察編
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

昨日はAdobe社が公開した『2017年10大マーケティング・トレンド』を要約という形でご案内させていただきました。
<参照:Adobe UNITE『2017年、マーケティングトレンド予測トップ10』>

続編となる今回は『考察編』として予測のいくつかを抜粋し、bitWave編集部独自の見解をご紹介させていただこうと思います。
レポート原文、および前日の『要約編』と併せてご覧ください。
<bitWave関連記事『Adobeの2017年10の予測マーケティングトレンドを読み解く -要約編』>

信頼性を考慮せずに情報発信を行うのは愚の骨頂である

予測2:『信用問題への取り組み』

信用の問題はすべての業界に影響する。既存の体制を疑問視する大衆の声は、先行きが不透明な世界政治の現状にも反映されているとの供述もある。マーケターは顧客とより直接的なつながりを持ち、透明性を確立していくべき。つまり、マーケターには今よりも賢く行動することが求められる。
(『要約編』より)

ネット広告もキュレートも最近は低質化が否めません。
広告が思わぬところに出ていたり、釣りタイトルの悪質なサイトに自社の商品が利用されているだけでも、ブランドの損失は大きくなります。
より丁寧に広告出稿しなければ、自らブランドイメージを毀損する可能性だってあるのです。

SNSなどの管理においては「中の人の教育」と「発信内容にも注意」を傾ける必要があります。発信力が高いほどブランド力を急速に押し上げる力もあるため、諸刃の剣であると言えるでしょう。

そして信頼性という点では、マーケティングの範囲を「販売後」にまで拡張する必要があると、この10大予測では言っています。

アドテク市場縮小は本当か

予測3:『デジタル企業身売りの増加』

アドテク市場にはスタートアップ企業がひしめき、2年前にベンチャー投資の流れは止まっている。資金の枯渇に伴い、末端のプレーヤーはデータテクノロジーのノウハウを欲しがっている企業や、媒体企業の買収ターゲットとなる。
(『要約編』より)

Adobe社はアドテク市場の縮小を予測していますが、実際にアドテク投資は極端に減っているようです。
PitchBook(投資・M&Aデータ提供企業)によると、米国のアドテク企業に対する投資は2015年以降大幅に減っており、Adobe社の予測を裏付けるものと言っても良さそうです。


<参考:PitchBook『Venture capital gives ad tech the cold shoulder』>
この要因の一つは、採算を度外視したスタートアップ企業が多くなり、収益性に疑問符が付くような企業が増えてきていることに関係しているとされます。
<参考:Gobal Adtech『採算度外視のアドテク企業に赤信号。これからのVCがスタートアップに期待すること?』>

こうした “怪しい” スタートアップ企業が投資による多額の資金調達が捗るわけもなく、結果的に身売りするケースが増えるというのは確かなようです。そして、それをバイアウトするのはマーケティングテクノロジー中心の企業というのがAdobe社の分析となっています。
事実、Adobe社自身がビデオデマンドサイドプラットフォームのチューブモーグル(TubeMogul)を5億4000万ドル(約540億円)で買収しているのですから、身をもって証明しているということでしょう。
<参考:DIGIDAY『Adobe の TubeMogul 買収、アドテク統合の転機到来か?』>

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。