AIがプロ並の彩色を|『PaintsChainer』の実力検証

AIがプロ並の彩色を|『PaintsChainer』の実力検証
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

みなさんは自分の画力に自信がありますか?

ハイ、この書き出しは三回目です……。
<bitWave関連記事『Can a neural network learn to recognize doodles?』>
<bitWave関連記事『AIは僕らの画力を引き上げてくれるのか』>

前回の記事の中で、『Image-to-Image』というプログラムをご紹介いたしました。コチラはテーマ(建物/ネコ/靴/バッグ)に沿った手書きイラストに対し、そのテーマに合せたテクスチャを自動で貼り合わせて彩色してくれるというものでした。

これだけでもAIの進歩を実感するのに十分だったのですが、今度はテーマ無制限で彩色してくれるプログラムがあることを新人開発員の中村くんが共有してくれました。
<参照:Qiita『線画着色webサービスPaintsChainerを公開してみた』>
<参照:『PaintsChainer』>

画力ある方は美しく、そうでない方はそれなりに

上記の共有URLを見る限り、線画自体がかなりの腕前! プロのアニメーターと見まごうばかりです。
それをAI『PaintsChainer』のチカラを持って、線画の質感を損なうことなく見事な彩色を施しています。これはスゴいですね。

ただし、この情報を共有してくれた中村くんはちょこっと意地悪なのか、こんな情報も併せて共有してくれています。
<参照:Kanji log『旧帝大工学部の男どもが自動塗り絵ソフト「PaintsChainer」を使ってみたら新しい世界が見えた。』>

ん~。人様の描いたイラストなので、なんともコメントしづらい。
それでもこのAI『PaintsChainer』は健気に彩色してくれているのですから、涙がちょちょぎれんばかりです。
1980年の富士フイルムのCMにあったフレーズ「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります」を体現していますね。

想像力がモノを言うエンジニアたるもの、相当な画力の腕前…

まぁ旧帝大のサンプルは、いくら研究室内で機械学習に取り組んでいるとはいえ、あくまでも学生の描くイラスト。
百戦錬磨のショーケース・ティービーのエンジニアたちの手にかかれば、かなりのキレイに彩色してくれることでしょう。
ということで、今回も何名かのエンジニアたちに線画を描いていただきました。
テーマは「自分が思い描く“少年マンガの主人公”」です!

ricemanさんの作品

まずはIT事情にアンテナを貼りまくっているricemanさん。さぞかし少年たちのハートをわしづかみにする方法だって知っていそうです。そんな彼が描く主人公は……


【彩色前】
おぉ~、“努力・友情・勝利” 感が うっすらと 滲みでていますね。拳の絵を付け加えているということは、どうも格闘マンガのようです。漂うオーラからは武道会予選敗退といった感じでしょうか。では『PaintsChainer』に彩色してもらいましょう。


【彩色後】
境界線のなかった髪の毛の生え際も、見事AIが補完してくれました。しかし目が充血。寝不足なのでしょうか。力強く握られた拳の中にはカレーペーストが入っていたと解釈したようですねw

戸村さんの作品

続いては本bitWaveでは初登場の戸村さん! 直接関わってはいないとのことですが、前職ではキャラクタービジネスに関与した企業に在籍していたとのことで、かなり期待できます。その腕前は……


【彩色前】
本人曰く、最近流行っている「うんこ漢字ドリル」に倣っているというキャラクターだそうです。確かに子供たちの人気は掴めるかもしれませんが、とても大人の描くイラストではないですね。。。可哀想ですがコチラも『PaintsChainer』さんに彩色してもらいましょう。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。