人工知能(AI)は画家に?自動でお題を絵にする凄いやつ

人工知能(AI)は画家に?自動でお題を絵にする凄いやつ
■ 店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE

みなさんは自分の画力に自信がありますか?

実は前にもまったく同じ書き出しの記事をご紹介いたしました。
<bitWave関連記事『Can a neural network learn to recognize doodles?』>

前回の記事では「手書きイラストをニューラルネットワークが正しく認識できるのか」をゲーム感覚で楽しめるサイトをご紹介させていただきました。
ただし、これはあくまでも “正しく” 認識できるのかを計るためだけのプログラムです。
一体、この技術をどのように応用するのか……。

『AutoDraw』は何をしてくれるのか

ショーケース・ティービーの新人開発員、陳くんがその応用例となるサイトを紹介してくれました。
<参照:『AutoDraw』>
<参照:ロボスタ『GoogleのAIテクノロジーを活用した「AutoDraw」、これさえあれば誰でも上手に絵が描ける?!』>

これは手描きのイラストをAIが認識した上で、お手本となるイラストに差し替えてくれるというプログラムです。これなら画力に自信がなくとも、他の人に伝達することができるようになりますね。

では、さっそく試してみましょう。手始めですので、大定番の「イヌ」を描いてみます。

『AutoDraw』第1筆目


まずは「イヌ」の耳を描いてみました。

すると……候補は「鼻」や「ネックレス」が。
さすがにこれだけで「イヌ」と判定できるわけありませんよね。

『AutoDraw』第2筆目


続いて輪郭を描き足してみます。

候補は「地図」や「力こぶ」や「ピースマーク」など。☆マークのものは有力候補ということなのでしょうか。
いずれにしてもまだ「イヌ」と認めてもらえません。

『AutoDraw』第3筆目


ええぃ、胴体を描けば大丈夫でしょ!?

ようやく動物として認識してもらえました。ただし、「イヌ」としては認識せず。

『AutoDraw』第4筆目


目鼻や手足をつけてみたところ…

ようやく「イヌ」が判定候補に出てきました! しかも☆マーク付き!!
で、この「イヌ」アイコンをタップしてみると…

じゃーん! 犬です。
まごうことなき「イヌ」の誕生です!!

やはり元々の画力に応じて、書き手の手数に差は生じてしまいますが、無事判定してもらえました。
ただしご覧の通り、手本となるイラストのパターン数が少ないせいか、向いている方向が逆ですね。そして完全に差し替えとなるので、書き手の個性は完全に消滅するのでした。。。

■最新のiPhoneの購入・機種変更なら店頭より得で、予約しやすいオンラインショップ。
機種の頭金や使わないオプションパックをつけて年間何万円も損していませんか?
オンラインショップなら故障のサポートもしっかりしていて最低限の費用。待たされることもありません。
 → ドコモオンラインショップ
 → auオンラインショップ
 → ソフトバンクオンラインショップ

最新のiPhoneを得して乗り換えるなら、最大6万円のキャッシュバックがある
→ SMARTPHONE STORE
がお得です。