人工知能(AI)は画家に?自動でお題を絵にする凄いやつ

人工知能(AI)は画家に?自動でお題を絵にする凄いやつ

みなさんは自分の画力に自信がありますか?

実は前にもまったく同じ書き出しの記事をご紹介いたしました。
<bitWave関連記事『Can a neural network learn to recognize doodles?』>

前回の記事では「手書きイラストをニューラルネットワークが正しく認識できるのか」をゲーム感覚で楽しめるサイトをご紹介させていただきました。
ただし、これはあくまでも “正しく” 認識できるのかを計るためだけのプログラムです。
一体、この技術をどのように応用するのか……。

『AutoDraw』は何をしてくれるのか

ショーケース・ティービーの新人開発員、陳くんがその応用例となるサイトを紹介してくれました。
<参照:『AutoDraw』>
<参照:ロボスタ『GoogleのAIテクノロジーを活用した「AutoDraw」、これさえあれば誰でも上手に絵が描ける?!』>

これは手描きのイラストをAIが認識した上で、お手本となるイラストに差し替えてくれるというプログラムです。これなら画力に自信がなくとも、他の人に伝達することができるようになりますね。

では、さっそく試してみましょう。手始めですので、大定番の「イヌ」を描いてみます。

『AutoDraw』第1筆目


まずは「イヌ」の耳を描いてみました。

すると……候補は「鼻」や「ネックレス」が。
さすがにこれだけで「イヌ」と判定できるわけありませんよね。

『AutoDraw』第2筆目


続いて輪郭を描き足してみます。

候補は「地図」や「力こぶ」や「ピースマーク」など。☆マークのものは有力候補ということなのでしょうか。
いずれにしてもまだ「イヌ」と認めてもらえません。

『AutoDraw』第3筆目


ええぃ、胴体を描けば大丈夫でしょ!?

ようやく動物として認識してもらえました。ただし、「イヌ」としては認識せず。

『AutoDraw』第4筆目


目鼻や手足をつけてみたところ…

ようやく「イヌ」が判定候補に出てきました! しかも☆マーク付き!!
で、この「イヌ」アイコンをタップしてみると…

じゃーん! 犬です。
まごうことなき「イヌ」の誕生です!!

やはり元々の画力に応じて、書き手の手数に差は生じてしまいますが、無事判定してもらえました。
ただしご覧の通り、手本となるイラストのパターン数が少ないせいか、向いている方向が逆ですね。そして完全に差し替えとなるので、書き手の個性は完全に消滅するのでした。。。

『Image-to-Image』は何をしてくれるのか

この陳くんの情報共有に合わせて、ただの酒好きさんも面白いプログラムを共有してくれました。
<参照:『Image-to-Image』>

こちらのサイトでは描くイラストは「建物」「ネコ」「靴」「バッグ」と限定されています。しかし、書き手の風合いを活かしつつ、その題材に合せたテクスチャを貼り合わせて彩色してくれるというものです。

ん~、文面だけではイマイチよく伝わりませんが、今度はbitWave編集部員4名に描いてもらいました。
ここは動物繋がりで「ネコ」を題材にしてみます!

ただの酒好きさんの作品


さすがに紹介者だけあって、「The ネコ」という感じのイラストですね。そしてAI変換後は……
交通事故にでもあったのでしょうか。可哀想なネコに仕上がっています。

そしてもう一点、ネコ娘も描き上げてくれました。めちゃくちゃ上手いですね。これにネコのテクスチャを当てはめると……
ば、化け猫っ! 確かにネコ娘は妖怪ですが、モンスターへと変貌を遂げた模様です。。。
(by ただの酒好き)

陳さんの作品


おぉ、台湾出身の陳さんだけあって、なかなかオリエンタルなネコです。
AI変換後もまるで絵本の世界のような風合いになっていますね。何かコツでもあるのでしょうか。。。

ついでにネコの全身像も描いてもらいました。
むむ、何か西洋絵画(シャガール風?)のようなタッチですね。これって高値が付いちゃいそうじゃないですか?
(by 陳)

元島さんの作品


開発員きっての変わり者、元島さんにも描いてもらいました。ドラえもん風のイラストです。そしてAI変換では……
これはネコじゃない。なにかいけないクスリを食えば出会えそうなネコですが。。。
ずっと見ていると吐き気をもよおしますねw
(by 元島)

設樂さんの作品


今回ご協力いただいたメンバーで唯一の女子、設樂さんのネコは、某サ◯リオのキャラクターにクリソツですが、AI変換の結果、黒いネコちゃんに変身!
ただし、リボンはネコ耳として認識されてしまったようで、たくさん耳が付いてしまった模様。
このキャラであれば、子供たちも左耳のことは見てみぬフリをしそうですね。。。
(by 設樂)

いかがでしょうか?

AIの画像認識による実運用化・製品化はまだ先の話なのかもしれませんが、前回の「認識まで」の情報共有からわずか4カ月程度で「認識から変換まで」ができるようになったわけです。これは凄まじいスピードです。
これからは「認識」の精度を上げつつも、「変換」より先のフェーズに入ってくるのでしょう。そしてその技術公開は近い将来であるものと推測されます。

最近ではレンブラントの作風を機械学習させたAIが、レンブラントの新作として絵画を公開しています。
<参照:engadget『機械学習したAIがレンブラントの”新作”を出力。絵具の隆起も3D再現した「The Next Rembrandt」公開』>
ただし、これは「レンブラントの作風」というかなり偏りのある学習をさせたことで、早期実現が可能となったプロジェクトといえます。

ついにAIは我々人間同様、学習の “質” が問われるようになったということですね。

コメント